産後虫歯になりやすい理由は?いつから治療可能?検診の頻度は?

 

産後は赤ちゃんのお世話中心で

自分のことは後回しになりがち、

歯磨きもちゃんとできない時が

多いのではないでしょうか?

 

そんな状態なら産後でなくても虫歯が

できそうですが、産後は特に要注意です。

 

なぜ産後は虫歯になりやすいのでしょう?

 

また産後すぐでも虫歯治療は可能なのか、

歯科検診の頻度も知っておきたいですよね。

 

そこで今回、産後虫歯になりやすい理由と

治療開始の時期、歯科検診の頻度について

まとめました。

産後虫歯になりやすいのはなぜ?

妊娠中、虫歯になりやすいことは

ご存知の方も多いと思います。

 

※関連記事

妊娠中の歯医者はいつまでに行くべき?麻酔やレントゲンは大丈夫?

 

産後に関しては自分自身のことを

まともにできないことが多く、

歯磨きもなかなか思い通りにできません。

 

食事をするのも出産前とは

がらりと変化し、すきま時間を見つけて

かきこむようになります。

 

産後疲れで体が甘いものを

欲したりするため間食も増えますよね。

 

産後、虫歯になりやすい原因は

こういったことにあります。

 

妊娠中は口内が酸性に傾くことで

虫歯になりやすかったのですが、

産後もこの状態は続きます。

 

さらに赤ちゃんのお世話などによる

ストレスで口内の唾液の分泌が減少し、

虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

 

また時間がなくて歯磨きを怠ってしまうのも

虫歯発生の原因のひとつと言えます。

 

  • 口内が酸性に傾く
  • 唾液の減少
  • 歯磨きを疎かにする

 

これらのことが原因で産後は特に

虫歯になりやすいのです。

 

 

1 2 3



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ