子どもにお餅はいつから食べさせる?アレルギーや注意点まとめ

 

お正月といえばお雑煮にお餅ですが、

意外とお餅って余らせてしまうもの。

 

子どもに食べさせてもいいものか

分からないので、大人だけで消費するしかなく

結局冷凍庫へ…という人も多いでしょう。

 

子どもがお餅をちゃんと食べられるように

なるのは、いつからなのでしょう?

 

アレルギーや食べさせる際の注意点も併せて

まとめてみたいと思います。

お餅はいつから食べてOK?

お餅はお米から作られているので、きっと

多くの子どもが好んで食べてくれますよね。

 

しかし怖いのが窒息です。

 

毎年たくさんのお年寄りがお餅をのどに

詰まらせるという、悲しい事故が発生しています。

 

そんなニュースを聞くたびに、

子どもだって窒息の危険があるのは同じ、

まだ食べさせるべきではないのか…

と悩みます。

 

いったいいつから食べさせられるのでしょうか。

 

多くの食材、食品がそうであるようにお餅も

明確に何歳からOKと決まっているわけでは

ありません。

 

子どもの発達状況によるものが大きいので

個人差があると言えます。

 

ただ、一般的には3歳前後と言われています。

 

3歳になると、

  • 乳歯が生えそろう
  • しっかり咀嚼ができる
  • 周りの話をある程度は理解できる

上記の条件が整います。

 

奥歯まできちんと生え揃うことで、咀嚼ができます。

 

でも歯が生えそろっていてもあまり噛まずに

丸呑みしてしまう子もいるでしょう。

 

それでは、お餅を食べるのは危険です。

 

親や先生などの「しっかり噛んでから

飲み込もうね」という指示を理解して、

実行できないと与えるべきではありません。

 

というわけで上記の条件は、3歳以上でも

できていない子はできるまで待ちましょう。

 

また3歳位になると、多少の熱い食べ物でも

食べられるようになってきますよね。

 

お餅は温かい状態だと軟らかく、冷えると

固くなるので、冷めてからじゃないと

食べられない!というお子さんには

まだ早いと思われます。

 

 

1 2 3 4



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ