子連れでスキー場に行くときの持ち物リスト!ウェアはどうする?

 

寒い冬は室内にこもってしまいがちですが

たまには外で元気よく遊びたいもの。

 

そこでおすすめなのがスキー場。

 

子連れでスキーとなると色々とハードルが

高くなりがちですが、しっかりと準備して

楽しく過ごしたいですね。

 

そこで子連れでスキー場へ行くときの

持ち物リストをまとめてみました。

 

また、子供のスキーウェア事情についても

併せて調べてみたので、参考にして

くださると幸いです。

 

子供のスキーウェアはどうする?

小さい子どもであればあるほど、

スキーをするというよりは雪遊びになるので

専用のウェアは必要ないのでは?と

思ってしまいます。

 

しかし、雪の中で遊ぶならばやはり

専用のウェアは必要になってきます。

 

衣服の中に雪が侵入して子どもが

寒い思いをしないよう、きちんとした

ウェア選びをしてあげましょう。

 

 

サイズはぴったり目で

子どものスキーウェアとなると

着用機会も少ないうえにすぐに成長して

サイズアウトということにも

なりかねませんよね。

 

そのことから大き目を買って、

来年再来年まで着られれば…と

目論んでしまうことも。

 

しかし、あまりにサイズが合っていないと

隙間から雪や冷気が入ってきてしまい、

しもやけや風邪の原因になることも。

 

できるだけピッタリサイズを選ぶか

サイズ調節できるウェアやツナギタイプなら

思いっきり遊べるのでおすすめですよ。

 

 

首回りや撥水加工も要チェック

首周りが寒いと全身が寒くなるもの。

 

ファスナーがきちんと上まで上がり、

風や雪をシャットアウトしてくれる

構造なのかチェックしましょう。

 

また、長時間雪遊びをしていると

雪が染みて濡れてしまうこともあります。

 

撥水加工がしっかりしているものなら

防水スプレーを使用することで

雪が浸み込むのを防げるので、

よくチェックしましょう。

 

 

ヘルメットがおすすめ

帽子はニット帽が多いと思いますが、

ゲレンデやキッズパークでも子どもには

実はヘルメットがおすすめ。

 

スキーを始めたばかりの子は転ぶことが

多いですし、雪遊びしてるだけでも

他のスキーヤーと接触しないとも限りません。

 

頭の怪我を防止するためには、

ヘルメットが効果的ですよ。

 

ただ、移動の際などはヘルメットではなく

ニット帽が軽くて温かいのでどちらもあると

使い分けられて便利ですね。

 

1 2



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ