子供のあせもが頭の中にまで!効果的な治し方や予防法は?

 

夏と言えば、年々気温が上がり

蒸し暑くなっていますが、子供にとっては

代表的な皮膚トラブルである”あせも”に

悩まされる時期。

 

かゆみは子供に我慢できるものではなく、

無意識にかきむしって出血したり

化膿したりと、悪化してしまう厄介なものです。

 

そんなあせもが頭の中にまで発生することは

子供には珍しくありません。

 

しかし、髪の毛が邪魔で薬を塗ろうにも

塗りにくいので効果的な治し方があれば

知りたいところ。

 

また、ひどくなる前の予防法も併せて

調べてみました。

あせもについて

あせもの正式名称は”汗疹”。

 

大量に汗をかいた後に現れる

小さな赤い発疹で、赤ちゃんや子供に

多く、夏に発生しやすいと言われています。

 

※関連記事

 

 

アトピーとの違いは?

アトピー性皮膚炎というのは、

強い痒みが特徴の慢性の湿疹。

 

よくなったり悪くなったりを

繰り返している状態のことです。

 

夏期には比較的症状が落ち着くと

言われていますが、子供の場合は

あせもと併発することが多いようです。

 

そこで、アトピーとあせもを判別するため

それぞれの特徴をみてみましょう。

 

アトピー
  • 赤く炎症する
  • ジクジクしている
  • カサカサと乾燥している
  • かさぶたができる

 

あせも
  • 水を含んだ小さく赤いブツブツ
  • 軽い痒みがある
  • チクチクした軽い痛みがある

 

分かりにくい場合、皮膚科を受診して

アトピーか、それともあせもなのか

お医者さんに相談してみましょう。

 

 

できやすい部位

あせもができやすいのは

など、汗腺が多い部位。

 

  • 肘の内側
  • ひざの表側

など、かいた汗が乾きにくい

部位があります。

 

また赤ちゃんはオムツで覆われている部分、

お尻やお腹、お股などにも発生しやすいと

言われています。

 

 

1 2 3 4



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ