子供の溶連菌の症状とは?潜伏期間や検査のタイミングについて

子供 溶連菌

 

子供がかかることが多いと言われている

病気のひとつである溶連菌感染症。

 

保育園や幼稚園、小学校に通っている

子供をもつ親にとってみれば、

病気の中でも特に感染症の症状くらいは

知っておきたいところ。

 

また潜伏期間でも感染するのか、

検査はいつどのタイミングで受けるのが

良いのかなど気になります。

 

そこで今回、子供に多い感染症である

溶連菌の症状や潜伏期間について

まとめました。

スポンサーリンク

溶連菌感染症とは

溶連菌感染症とは、A群β溶血性連鎖球菌と

いう細胞の感染によって起こる病気のことを

言います。

 

A群β溶血性連鎖球菌を略して

溶連菌」と呼ばれています。

 

赤ちゃんに感染することは少なく、

2歳ごろから小学生くらいまでに

かかりやすい病気です。

 

溶連菌の感染力はそれほど強くないものの

くしゃみや咳など飛沫感染や経口感染に

よってうつることが多く、子供の間では

感染しやすい病気として知られています。

 

子供の場合、溶連菌は発熱やのどの痛みが

ある一次症と腎炎などを併発する二次症に

分けられます。

 

二次症は合併症を起こしやすいため、

一次症でしっかりと完治させる

必要があります。

 

 

潜伏期間も感染するの?

溶連菌の潜伏期間はおよそ2~5日

言われています。

 

潜伏期間中でも感染することが

あるのか気になります。

 

感染症の病気は、症状がまだ出ていない

潜伏期間中でも感染する危険があると

言われています。

 

園や学校で流行している時期は、

感染している可能性があると考えて、

子供の様子を見ることが必要です。

 

子供同士だけでなく、子供から大人に

感染することもあるため、注意が必要です。

 

特に、妊婦の女性に感染すると分娩時に

産道感染を起こすことがあるので

病院で感染の検査を受けましょう。

 

 

溶連菌の症状は?

溶連菌感染症にかかると、

以下の症状が出ます。

 

  • 38度以上の発熱
  • のどの痛み
  • 吐き気、嘔吐
  • 手足や体に紅い発疹
  • 舌にイチゴのようなブツブツ(イチゴ舌)
  • 頭痛や腹痛、関節痛

 

これらの症状がなくなった後、手足の皮が

剥けてくることもあります。

 

風邪の症状と似ている部分はありますが、

のどの痛みがあるのに咳が出ない、

鼻水が出ないといった特徴があります。

スポンサーリンク

 

検査のタイミングは?

溶連菌感染症の検査方法は、

いくつかありますが、のどの菌を

採取してする検査が一般的です。

 

しかし、検査を行うタイミングが

早過ぎると「陰性」という結果に

なってしまいます。

 

検査に関しては、症状が出始めてから

受けるのがベストなタイミングと

言えるでしょう。

 

それでも素人判断はできないので

おかしいなと思ったら早めに病院に

連れて行きましょう。

 

 

溶連菌は予防できる?

溶連菌には、今のところ水疱瘡や

おたふく風邪のように

有効なワクチンはありません。

 

手洗いやうがい、マスクといった

一般的な方法で予防するほかありません。

 

溶連菌が流行している時は

食器なども共有しないようにしましょう。

 

 

まとめ

溶連菌と診断されると10日分ほどの

抗生物質が処方されます。

 

症状が治まったと感じても、処方された分は

飲みきるようにし、再度医師の診断を受けて

完治したかどうかを確認しましょう。

 

また、薬を飲んでいても症状が

改善されない場合は放っておかず、

再度受診するようにしましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ