夜のオムツが取れない!何歳までならOK?効果的な外し方は?

夜 おむつ

 

親にとっても子どもにとっても

大きな試練となるトイレトレーニング。

 

やっとの思いで昼間のオムツを

卒業したとたん、次の課題は夜のオムツ…

 

夜のオムツがなかなか取れずに悩んでいる

ママやパパは多いでしょう。

 

夜のオムツは、一般的に何歳までしていても

OKなのでしょう?

 

また、夜のオムツ外しに効果的な方法は

あるのか調べてみました。

 

今回、夜のオムツがなかなか取れない理由や

外し方についてまとめました。

スポンサーリンク

難易度の高いトイレトレーニング

トイレトレーニングの進捗具合は

子どもによって様々ですよね。

 

すんなりトイレでしてくれる子もいれば、

  • 怖がったりしてなかなかできない子
  • ウンチはできるがおしっこはできない
  • おしっこはできるがウンチはできない
  • 家ではできても外ではできない

など本当に色々です。

 

また昼間のオムツがようやくとれたけれど、

夜のオムツの外し方が分からないという人は

けっこう多いかもしれません。

 

昼のオムツと夜のオムツ、

これはまったく別物なので同じように

考えていてはストレスがたまる一方です。

 

 

夜のオムツが取れない!

夜のオムツ外しは昼間のバージョンと違い、

布団が濡れてしまうという

最大のマイナスポイントがあります。

 

床ならば、水拭きしてしまえばOKでしたが

布団はそう簡単に処理できるものでは

ありません。

 

また家族で布団を並べて寝ている家庭は

寝相が悪い子どもが誰の布団でおねしょを

やらかしてしまうのか、予想がつかない

場合もあるでしょう。

 

子どもの布団だけであれば、防水シーツで

カバーするという手もありますが、

家族分となると難しいですよね。

 

そんな理由で、夜のオムツ外しはなかなか

ハードルが高くなっていると言えます。

 

 

夜のオムツが取れない理由

多くの場合、夜のオムツが取れないのは

体の機能が未熟であることが原因です。

 

昼間と違い、眠っている間は自分の意志で

どうこうできるものではありません。

 

なので、体の機能が整っていない時期に

いくら布パンツでトレーニングしても

夜は意味がないのです。

 

夜寝ている時に分泌される抗利尿ホルモンは

夜間の尿量を減らしてくれる働きがあります。

 

大人は夜中にトイレに起きることもたまに

ありますが、朝起きてトイレに行くまで

尿意を感じないこともほとんどですよね。

 

このホルモンの分泌が十分でないと睡眠中も

昼間のように排尿してしまうのです。

 

したがって、抗利尿ホルモンの分泌が

しっかりするまでは夜のオムツは外すことが

できないというわけです。

スポンサーリンク

 

夜のオムツは何歳まで?

では夜のオムツは何歳まで履いていても

OKと言えるのでしょうか?

…当然、年齢が気になりますよね。

 

昼のオムツが取れるのは、一般的にだいたい

2歳前後から3歳過ぎ頃が多いです。

 

4歳、5歳になっても夜のオムツが取れない

と不安になっているママやパパは

少なくないと思いますが、焦る必要はありません。

 

夜のオムツ外しに年齢は関係ありません。

 

  1. 尿を溜めておく膀胱の大きさ
  2. 抗利尿ホルモンの分泌量
  3. 膀胱に尿が溜まったら目を覚ませる力

 

この3つの体の機能が整ってはじめて

寝ている間におしっこをしなくなります。

 

しかし、先ほどの抗利尿ホルモンの分泌は

個人差があり、”○歳から十分に分泌される”

という決まりがないものなのです。

 

したがって、夜のオムツに関しては

年齢で判断したり焦る必要は全くないと

いえるでしょう。

 

 

効果的な夜のオムツの外し方

個人差が大きい機能の発達なので、

いつ機能が整ったのか分かりづらいですよね。

 

それをチェックするのはオムツです。

 

朝起きた時にオムツがおしっこで

濡れているならまだ整っていません。

 

濡れていない日が何日も続けば、機能が

整った可能性が高いので、オムツを

外してみましょう。

 

10日ほど続けば整っていると判断して

差し支えないと思います。

 

ただ心配な時は、しばらく防水シーツや

おねしょケットを使用してもいいかも

しれません。

 

※関連記事

おねしょ対策に効果的なグッズを紹介!どうすれば卒業できるの?

 

また、

  • 寝る前には必ずトイレに行くこと
  • 午後から寝る前までは水分過多摂取しないこと
  • できるだけ冷やさないこと

などのおねしょ予防は必要です。

 

これだけ完璧にしていても、環境の変化や

思ったよりも水分を摂りすぎていたなどで

おねしょする時はあります。

 

しかし、おねしょをしてしまっても

決して叱らず、やる気を削がないように

注意しましょう。

 

 

まとめ

昼のオムツを外すのも大変だった方は、

とくに夜のオムツ外しに苦戦している

ことと思います。

 

でも、ちょっと待ってください!

お子さんの体の機能、未熟ではないですか?

 

まだ夜のオムツを外せるほどの発達具合では

ないかもしれませんので、当記事を参考に

タイミングを計ってみてください。

 

ただし、子どものうちは小学生になっても

おねしょする子はいるものです。

 

怒ったり子どものやる気を削いだり、

自信を喪失するような言動は

決してしないよう心掛けてくださいね。

 

そして、夜のオムツが無事に外れたときは

思いっきり褒めて、一緒にオムツ卒業を

喜んであげてください。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ