うつぶせ寝が好きな赤ちゃん!窒息の危険はいつまで?注意点は?

うつぶせ寝

 

抱っこで寝かしつけをして布団に

寝かせたとたん、ゴロンと寝返りをして

うつぶせになってしまう赤ちゃん。

 

また、添い寝をしていて寝付いたな

と思ったら、今日もうつぶせで寝ている…

 

そんなうつぶせ寝が大好きな赤ちゃんは

けっこう多いのではないでしょうか?

 

しかし、うつぶせ寝は窒息やSIDS

(乳幼児突然死症候群)の

危険があるため、心配です。

 

そこで今回、うつぶせ寝による

窒息の危険はいつまでなのか

注意点も併せてまとめました。

スポンサーリンク

 

うつぶせ寝が好きな赤ちゃん

うつぶせ寝で眠ってしまう赤ちゃんは

意外に多いものです。

 

親からすると、寝ている赤ちゃんが

うつぶせ状態だとヒヤヒヤしてしまいますが、

赤ちゃんがうつぶせ寝を好むのには

理由があったのです。

 

 

吐きにくい

赤ちゃんはどうしても母乳やミルクを

よく吐きますが、うつぶせの状態は

ゲップが出やすくなるため吐きにくい

言われています。

 

 

深く眠れる

実験の結果、うつぶせ寝の赤ちゃんは

そうでない赤ちゃんよりもよく眠ると

いうことが分かっています。

 

したがって夜泣きも少ないというわけです。

 

※関連記事

 

 

成長に貢献

うつぶせ寝は頭を持ち上げようと

首を動かしたり、腕や背筋もよく使います。

 

このことから、運動能力を発達させ

成長に貢献していると言えます。

 

また、あおむけで寝てばかりいると

頭の形がいわゆる絶壁になりがちですが、

うつぶせ寝なら心配ありません。

 

赤ちゃんの頭の形を悪くしない

という点も、うつぶせ寝のメリットと

言えるのではないでしょうか。

 

 

うつぶせ寝が危険なワケ

赤ちゃんのうつぶせ寝にいくらメリットが

あっても、危険といわれることを見過ごす

わけにはいきません。

 

具体的にどのような危険が

あるのでしょうか。

 

 

窒息

寝返りできないなど、首を自由に

動かせない赤ちゃんがうつぶせ寝をすると、

体勢が苦しくなった時に自分で

どうすることもできず窒息してしまう

恐れがあります。

 

 

SIDS(乳幼児突然死症候群)

元気だった赤ちゃんが何の前触れもなく、

寝ている間に突然呼吸が止まり

亡くなってしまう病気です。

 

現在のところ原因はよく分かっていませんが、

うつぶせ寝や添い寝、家族の喫煙などが

危険因子とされています。

 

うつぶせ寝が直接的な原因とは

言えませんが、あおむけ寝を

するようにしたらSIDSの発生率が

下がったという結果もあります。

 

このことから、日本でもなるべく

赤ちゃんのうつぶせ寝は

避けるように指導されています。

 

小さな命を守るという責任を担っている

ママやパパとしては、やはり危険は

避けなければいけません。

 

だからと言って、四六時中

見張っているとママやパパの方が

参ってしまいます。

 

 

うつぶせ寝による窒息の危険はいつまで?

新生児の時期は首の筋肉が

未発達なので、首がすわっても

いない状態。

 

もちろん、この時期のうつぶせ寝は

辞めておきましょう。

 

※関連記事

首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はするべき?確認の方法は?

 

寝返りができるようになったら、

うつぶせ寝による窒息の危険も

少なくなると言われています。

 

赤ちゃんの寝返りの時期は、

一般的に生後5~6ヶ月ごろです。

 

※関連記事

寝返りする気配ないけど…させないとダメ?トレーニングの方法は?

 

しかし、寝返りをマスターしたばかりの

赤ちゃんは、とっさの時にうまくできない

こともあるかもしれないので、

様子を見ることが大切です。

 

さらに、寝返りの状態からあおむけになる

”寝返り返り”ができるように

なってからが望ましいでしょう。

 

また寝返りが完璧にできるようになっても、

寝かせている場所が十分な硬さのない

ところだと危険性が増します。

スポンサーリンク

 

うつぶせ寝の注意点

最後にうつぶせ寝の注意点を

挙げてみましょう。

 

  • 寝かせる布団は硬いものを使用する
  • やわらかい布団、枕、タオルなどをそばに置かない
  • 様子を見ることができる距離にいること
  • 高温にならないよう、室温・体温に気をつけること

 

ママやパパは気づいたらあお向けにしたり、

上記のことを注意していれば

問題ないでしょう。

 

また、意外と見落としてしまいがちなのが

赤ちゃんの衣類です。

 

ある程度体にフィットしているものなら

いいですが、動いているうちにずり上がってきて

顔にかかってしまったり、フードがついている

寝巻はやめておきましょう。

 

うつぶせ寝が好きな赤ちゃんは、

何度ひっくり返しても

うつぶせになるものです。

 

我が子もうつぶせ寝が好きなのか、

すぐうつぶせになるので、

何度も呼吸を確かめたものです。

 

赤ちゃんにはできるだけ好きな体勢で

気持ち良く寝てもらうため、安全対策だけは

きっちり整えておきましょう。

 

また、しっかりと寝返りができるようになる

生後6~7ヶ月ごろまでは、

目を離さないように注意しましょうね。

 

 

ラッコ抱きで寝かせるのも危険?

ママやパパがあおむけ状態で

胸の上に赤ちゃんを

うつぶせ寝させる”ラッコ抱き”。

 

赤ちゃんが体温を感じ、

心臓の音が聞こえることで

安心して眠れると言いますよね。

 

赤ちゃんがなかなか眠れずに

ぐずっている時などに効果的と聞き、

ラッコ抱きを実践している

ママやパパもいるかもしれません。

 

でも、これもうつぶせ寝に違いはないので

危険を伴ってしまうのでは…?

 

ラッコ抱きの場合、うつぶせ寝の

デメリットに加え、下にいるママやパパが

一緒に眠ってしまった時も危険度が増します。

 

意識がしっかりしていたら赤ちゃんを

落とさないようにしますが、眠ってしまうと

力が抜けて落としてしまうことも。

 

また、ママやパパの衣類が赤ちゃんの鼻を

塞いでしまう危険もあります。

 

起きていれば起こらない事故が

起こる可能性があるので、ラッコ抱きの時は

寝てしまわないように注意が必要なのです。

 

 

うつぶせ寝による事故

小さな赤ちゃんの命が失われるニュースは

同じ親として、見ていて辛いものがあります。

 

産後はメンタル面ももろくなっているので、

できる限り悲しいニュースなどは見ないように

している人も多いかもしれませんね。

 

実は、保育施設で命を落としてしまう

赤ちゃんは少なくありません。

 

その中でも発見された時に

うつぶせ寝だったこともかなり多いと

言われています。

 

原因に関しては、

  • 布団や毛布の掛け過ぎ
  • 隣で寝ていた子が覆いかぶさり窒息
  • 保育士不在
  • 呼吸のチェックをせずに長時間放置

などうつぶせ寝が直接的な原因であるとは

言えない状況だったようです。

 

けれども、やはり発見時にうつぶせ寝で

あったことは、関係があった可能性は

高いと考えられます。

 

保育施設という親の目が届かない場所で

起きた悲しい事故。

 

しかし、ニュースにはならないだけで

自宅で起こっているケースもあるのです。

 

こういった事故のニュースは悲しいですが、

危機意識再確認の機会にするのも

大切なことかもしれません。

 

 

まとめ

赤ちゃんのうつぶせ寝が気になって

夜きちんと眠れないというママやパパも

中にはいるのではないでしょうか?

 

赤ちゃんはうつぶせ寝が好きなので

戻されるたびに怒って目を覚ましてしまい、

また寝付くまでに時間がかかる…

そんな状態かもしれません。

 

赤ちゃんのうつぶせ寝は、寝返りが

できていることと、安全な環境であるなら

それほど心配しなくても良いでしょう。

 

うつぶせ寝をする赤ちゃんは深い睡眠を

とれるということです。

 

ママやパパも気にしすぎず、

しっかり睡眠をとって毎日の仕事や育児を

こなすための体力をつけておきましょうね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ