出産入院中、上の子が心配!預け先や準備しておくことは?

妊娠入院中

 

二人目、三人目を妊娠中の方は、出産入院中

上の子をどうするか悩んでいるかもしれません。

 

まだ小さい場合はママと離れることで不安定に

なるんじゃないかと心配ですし、自分がいなくて

やっていけるのかといった不安がありますよね。

 

そこで出産入院中、上の子の預け先候補を

考えてみました。

 

また準備しておくことがあれば

事前にチェックしておきたいですよね。

 

今回、出産入院中の上の子の

対応についてみていきましょう。

スポンサーリンク

出産入院中、上の子の預け先は?

自身の置かれている状況により、

預け先は変わってきます。

 

例えば里帰り出産を予定しているなら

実家にお世話になるのが普通ですし、

両実家とも遠方で頼ることができない場合は

他のサポートが必要になります。

 

状況は違えど、預け先候補を一覧でまとめました。

 

 

実家に預かってもらう

自分の実家ならママは高確率で

安心できる場所ではないでしょうか?

 

もちろんママと両親の関係性に

よるところは大きいですが。

 

言いたいことを言い合えるような間柄なら

ストレスも最小限で済むかもしれません。

 

 

義実家に預かってもらう

パパの実家というと一般的に

ママは気を遣ってしまう場所ですが、

良好な関係を築けていれば

遠慮なく頼れるのではないでしょうか?

 

わが家は関係は良好ですが、かなり気を遣います。

 

しかし気を遣ってでも頼らざるを得ないので

諦めて開き直ってお世話になっています。

 

 

保育園に預かってもらう

日中は保育園に預かってもらうパターンで、

登園、お迎え共にパパに行ってもらいます。

 

パパの仕事が遅い場合、

お迎えが難しくなることもあるようです。

 

ただ緊急事態なので、入院している間は

会社や上司に理解してもらうほかありません。

 

 

パパが育休を取る

パパの育休取得率はまだまだ低いものの、

徐々に増えてきているのも事実。

 

恵まれた職場ならいいのですが、

前例がないからと申し出させない雰囲気を

作っている会社は多いでしょうね。

 

しかし今後育休を取りたいと考える

後輩たちのために、パイオニアになる

勇気を持ちましょう。

 

男女関係なく育休取得が当たり前の

世の中になるといいのですが…

 

パパが育休取得できたら、

出産入院中でも安心ですもんね。

 

 

子ども同伴可能な病院で出産

入院時、上の子も一緒にお泊まりできる

病院もあるようです。

 

ママは産後の体がきついかもしれませんが、

ママじゃないとダメな子にしてみれば安心。

 

出産する病院で同伴は可能なのか、

前もって調べておく必要があります。

 

おそらく、あまり多くはないと思うので

事前のリサーチは大切です。

 

 

乳児院に預かってもらう

一時的に乳児院に預かってもらうという

サポートも、自治体によってはあるようです。

 

乳児院なら保育士をはじめ、看護師や栄養士など

専門家が24時間体制で子どもをみてもらえるので

安心ですよね。

 

シングルマザーや誰にも頼れない

妊婦さんの味方といえるでしょう。

 

しかし、こちらも事前調べが必要なので、

役所や児童相談所などで相談してみましょう。

 

 

実家はあるけれど両親がフルで働いている、

持病があって預けられないなど、

事情は色々あると思います。

 

ママ、パパ、上の子にとって

ベストな選択ができるといいですね。

スポンサーリンク

 

準備しておくこととは?

普段からママが家事や育児を主導している場合、

出産入院でママが不在になると家の中はパニック!

 

そうならないため、入院前に準備しておきましょう。

 

 

上の子の準備

上の子が保育園や幼稚園に通っている場合、

毎日の持ち物や服装、連絡帳など

忘れないようチェックリストを作っておくと

良いでしょう。

 

どこに何があるのかを明確にしておき、

”○曜日は○○が必要”など、細かく

分かりやすく書いておきます。

 

可能であれば、出産で入院する前に

出産入院中のシミュレーションを

何度かやってもらいましょう。

 

 

受診の時の説明

子どもが風邪をひいたり体調を崩した時は

病院に連れて行かないといけません。

 

普段はママが連れて行く場合、パパは勝手が

分かっていない可能性が高いです。

 

保険証や乳児医療証、診察券がどこにあるのか

一ヵ所にまとめておくのがいいでしょう。

 

そして意外とできないのが症状を説明すること。

 

いつから、こんな症状で…といった

医師に説明するやり方から伝えておいた方が

いい場合もあります。

 

 

アレルギーや食べられないもの

子どものアレルギーを解っていない

パパがいるとは思いたくありませんが、

義実家に預けることを考えると

あえて言っておいた方がいいかもしれないこと。

 

アレルギーはもちろん、まだ食べさせたことのない

食材もしっかり伝えましょう。

 

大切なことなので、メモやノートに

書くなどして確実に伝えましょうね。

 

 

家事についての連絡事項

日頃から積極的に家事をこなすパパなら

問題ないですが、なかなかそうでないのが現実。

 

可燃ごみ、不燃ごみの日程からまとめ方、場所まで

事細かくノートに記しておくと分かりやすいかも。

 

よくみるカレンダーに「可燃ごみの日」と、

大きく書いておくと出し忘れの予防になりますね。

 

また掃除用具の置き場所や使用方法なども

やっておいてほしい部分があるなら

書いておきましょう。

 

洗濯は洗濯機が洗ってくれますが、意外と

使い方を知らないパパもいるかもしれません。

 

洗濯機の使い方からネットに入れてほしいものや

干し方なども簡単に伝授しておくと今後にも

役立つでしょう。

 

出産入院を機に、パパも家事に

積極的になってくれると助かりますね(^^)/

 

 

まとめ

出産入院中は、上の子にとっては

辛い思いをする期間かもしれません。

 

しかし下の子ができることで自立心が芽生えたり

新たな環境で強くなれることもあるはずです。

 

わずかな期間ですが、家族にとって

一番いい方法が見つかるといいですね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ