出産祝いの金額の相場!贈る時期は気を付けるべき?のしは必要?

出産祝い

 

親しい友人や知人への出産祝い。

 

せっかくのお祝いの気持ちでも

マナーひとつで台無しに

なってしまうこともあるので、

失敗したくないですよね。

 

お祝いごとではよく「のしはどうする?」

という話題になりますが、

出産祝いの場合は必要なのでしょうか?

 

また、贈るものに迷ったとき、現金は

何かと便利と聞きますが、

金額の相場や贈る時期について

気になります。

 

今回、出産祝いのマナーについて

まとめました。

スポンサーリンク

出産祝いを贈る時期は?

出産という嬉しいニュースを聞いたら

すぐにでもお祝いを贈りたいと

思うかもしれませんが、

妊娠出産は何が起こるか分かりません。

 

妊娠中に贈るのはもちろん、

出産してすぐの時期は控えましょう。

 

一般的には生後7日から生後一ヶ月までに

贈るのが良いとされています。

 

生後7日の時点では、

まだ入院しているケースもあるので、

少し余裕を見て産後2~3週間の間に

贈るのがベストでしょう。

 

 

手渡し?郵送?

出産祝いは生まれた赤ちゃんに

会いに行く時に渡すのが望ましいです。

 

特に友人同士なら出産までのことや現状など

話したいことがたくさんあることでしょう。

 

赤ちゃんの顔を見てほしいという気持ちも

あるので、都合を確認したうえで

なるべく直接手渡ししてあげてください。

 

もちろん遠方や都合がつかない場合などは

郵送でもかまいません。

 

里帰りしている場合もありますので、

できればどこに送ればいいのか

聞いてあげると良いでしょう。

 

 

のしは必要?

出産祝いののしは、紅白の蝶結びで

「御出産祝」などが表書きとなります。

 

のしをつけることで丁寧さや

格式が高くなるのですが、

親しい友人などの間柄であれば

のしなしでも問題ないでしょう。

 

お祝い用にかわいらしく

ラッピングしてもらいましょう。

 

リボンラッピングとのし紙、両方は

ダメなのでどちらかを選びましょう。

 

親しさが微妙な場合など、迷った時には

のしをつけておくと間違いありません。

スポンサーリンク

 

お祝い金の金額相場は?

品物は好みがあるからと現金を贈るのは

何かと物入りなので助かるようです。

 

しかし、金額はいくらにすればいいのか

分からないという人もいるでしょう。

 

相場はいくらくらいなのでしょうか。

 

友人の場合は5000~10000円

一般的でしょう。

 

職場の先輩から後輩への場合などは

10000円が相場となっています。

 

関係性によって多少違いがあるようです。

 

友人や職場の数人でまとめて贈る場合は

現金よりも少し高価な品物を

チョイスすると良いでしょう。

 

 

まとめ

親しい仲にも礼儀あり、と言いますが

本当に親しい場合でも最低限のマナーは

しっかり守りましょう。

 

また、入院中の病院にお見舞いに行くのは

遠慮した方がいいかもしれません。

 

出産後は想像以上の痛みに

おそわれているため、気を遣わせては

申し訳ないですよね。

 

さらにお祝いを持って行った際、赤ちゃんに

触れる前には必ず手洗いをしましょう。

 

当然ですが、風邪などで体調が

すぐれない時は予定を

キャンセルすることも大切。

 

産後のお母さんと新生児に

何かあっては大変です。

 

そういったことも気遣いとして

大切にしたいですね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ