赤ちゃんのしゃっくりが多い理由!効果的な止め方はあるの?

赤ちゃん しゃっくり

 

赤ちゃんを観察していると

いつも思うのですが、意外としゃっくりが

多くないですか?

 

赤ちゃんがしゃっくりをしている姿は、

ちょっと苦しそうに見えて

「大丈夫かな」と心配になります。

 

なぜ赤ちゃんはしゃっくりが多いのでしょう?

 

また、泣いていたり吐くほどだと

どうにかして止めたいもの。

 

そこで今回、赤ちゃんのしゃっくりの原因と

効果的な止め方についてまとめました。

スポンサーリンク

しゃっくりの原因は?

しゃっくりは横隔膜など、筋肉のけいれんが

原因で起こると考えられています。

 

大人の場合は、

  • 食べ過ぎ
  • 早食い
  • お酒を飲んだ時
  • 辛い物を食べた時

などに横隔膜が刺激されることによって

しゃっくりが発生します。

 

赤ちゃんももしかして母乳やミルクの

飲みすぎでしゃっくりが多いのでしょうか?

 

赤ちゃんの場合、大人とは

少し違う理由もあるようです。

 

 

赤ちゃんにしゃっくりが多いのはなぜ?

赤ちゃんはお腹にいる時から

頻繁にしゃっくりをしていますよね。

 

お腹の中でのしゃっくりの役割は、

現段階でははっきりと分かっていません。

 

呼吸の練習や羊水を吐き出すためとも

言われていますが、謎のままです。

 

生まれてからは、自然と呼吸をしますし

羊水を飲み込み吐き出すこともありません。

 

そのため、赤ちゃんのしゃっくりには

別の理由があります。

 

 

空気を飲み込むため

母乳やミルクを飲むときに、空気も一緒に

飲み込んでしまうことがしゃっくりを

引き起こす原因のひとつと言われています。

 

 

たくさん飲んだことによるもの

母乳やミルクをたくさん飲んで膨らんだ胃が、

横隔膜を圧迫することでしゃっくりが出ます。

 

 

冷えによるもの

オムツが濡れていると体が冷えます。

 

また赤ちゃんに飲ませるミルクが冷たいと

体を冷やす原因になります。

 

体温の変化が赤ちゃんにとって刺激となり、

しゃっくりを引き起こす原因になります。

 

 

その他、刺激によるもの

赤ちゃんの横隔膜は生後半年頃までは

未熟なので、少しの刺激でも

しゃっくりが起こります。

 

 

しゃっくりは止めるべき?

しゃっくりをよくする人でも、

そうでない人でも長引くとしんどいですよね。

 

少しでも早く止めようと色々な方法を

試す人も多いでしょう。

 

大人の場合、

  • 驚かせる
  • 息を止める
  • 水を飲む

などの方法をよく耳にします。

 

これらは効果が表れることもあれば、

しゃっくりは相変わらず

止まらないこともありますよね。

 

では、赤ちゃんの場合に効果的な

止め方はあるのでしょうか?

 

実は、意外なことに赤ちゃんは

しゃっくりをしていても大人が思うほど

苦しさやしんどさを感じていません。

 

そのため、無理に止めようとする

必要はありません。

 

「また何か横隔膜が刺激されたな」と

軽く考えてスルーしていればいいもの。

 

それでも、早く止めてあげたいと思うなら

以下の方法を試してみましょう。

スポンサーリンク

 

効果的なしゃっくりの止め方

大人のように、びっくりさせることや

ましてや息を止めさせる…なんてことは

絶対にしないでください。

 

赤ちゃんには、以下の方法で

しゃっくりの原因を取り除いて

止めてあげましょう。

 

 

オムツを替える

冷えによるものだとすれば、オムツが

濡れているかもしれません。

 

すぐにチェックして濡れていたら

交換しましょう。

 

 

体を温める

オムツが濡れていない、または替えたけど

しゃっくりが止まらないなら、

体を温めてあげましょう。

 

 

飲み物を飲ませる

母乳やミルク、白湯などを飲ませると

しゃっくりが止まる赤ちゃんもいます。

 

大人で言う”水を飲む”と同じ効果が

得られるのかもしれないですね。

 

 

ゲップをさせる

授乳の後はゲップをさせるのが

赤ちゃんの食事ではセットですが、

ゲップできちんと空気を

出せていないのかもしれません。

 

縦抱きで背中をトントンしてあげると

大きなゲップが出やすいですよ。

 

 

上記の中で一番効果的なのは

飲み物を飲ませる方法です。

 

あまりたくさんの量を飲ませる必要はないので、

様子を見ながら少しずつ飲ませてみてください。

 

 

気をつけるべきしゃっくりは?

赤ちゃんのしゃっくりは心配ないとは言っても、

中には病気やアレルギーが関係しているものも

稀なケースとは言え、あります。

 

  • 何時間も長く続く
  • 頻繁で元気がない
  • しゃっくりと併せて他の症状がある

 

このような場合、小児科を受診しましょう。

 

 

吐いても大丈夫?

しゃっくりの後に吐いてしまうことも

少なくないと思います。

 

「吐く」という行為は大人にとって

一大事なので心配になるのも無理ないですが、

赤ちゃんの場合はあまり心配いりません。

 

ただし、吐いたものが食道や気管に

逆流してしまうと危険なので、様子を

うかがいつつ、体を横向きにしてあげるなど

気を付けるようにしましょう。

 

 

泣いている時はどうする?

赤ちゃんがしゃっくりしながら泣いていると

苦しいのかな?と思ってしまいますよね。

 

実は、自分のしゃっくりにびっくりして

泣いているという可能性もあります。

 

なんてかわいい生き物なんでしょうか。

 

そんな時は、大丈夫!と安心させるために

抱っこしてあげてくださいね。

 

 

まとめ

赤ちゃんがよくしゃっくりをするのは

横隔膜の未熟さや冷えなどが

原因だと分かりました。

 

しゃっくりをする姿は苦しそうにも見え

早く止めてあげたいと思いがちですが、

自然な現象なので無理に止めなくても大丈夫です。

 

それでも止めてあげたい時は、

驚かしたりせずに今回紹介した止め方を

実践してくださいね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ