赤ちゃんの添い寝は良いこと?メリットとデメリットをまとめた

赤ちゃん 添い寝

 

日本では一般的な赤ちゃんとの添い寝。

 

添い寝には多くのメリットがある一方で、

デメリットの存在も指摘されています。

 

住宅事情などでベビーベッドを

置くことができない家庭は

たくさんあると思います。

 

むやみに心配しないためにも

メリットとデメリットを知って、

リスクを回避することは大切です。

 

今回、赤ちゃんとの添い寝のメリットと

デメリットについてまとめました。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんとの添い寝はいいこと?

赤ちゃんと別室にする外国とは違って、

日本では昔からママと赤ちゃんが

同じ布団で寝る「添い寝」の文化があります。

 

現在でも一般的ではありますが、

危険視する声もあります。

 

さっそく添い寝のメリット・デメリット

についてみていきましょう。

 

 

添い寝のメリット

赤ちゃんとの絆ができる

赤ちゃんはママの声や匂いを

お腹にいるときから感じています。

 

生まれてからもすぐそばで感じることで

安心感が得られます。

 

 

寝つきが良くなる

ママとくっついていることで

安心した赤ちゃんはリラックスして

よく眠れます。

 

眠りが浅い赤ちゃんは、ママのぬくもりを

肌で感じることで落ち着いて

眠りの世界に入ることができます。

 

 

ママも良く眠れる

赤ちゃんが安心してよく眠れるということは

泣いて起きることが少ないため、

ママもよく眠れます。

 

もぞもぞし始めるのも横にいるので

すぐ分かり、トントンしたり

声掛けするだけでまた眠ってくれるので、

わざわざ起きて抱っこしなくて済みます。

 

 

夜間の授乳が楽

母乳育児の人は、夜間の授乳が楽に

感じることもあります。

 

赤ちゃんがお腹を空かせて完全に

目が覚める前に授乳することができれば、

再び眠りの世界に入っていくのも

スムーズです。

 

添い寝しながらの授乳には、

わざわざ起き上がらなくても良いという

ママの負担軽減にも一役買っています。

 

 

赤ちゃんの動きや変化がすぐに分かる

離れて寝ていると細かな変化に

気が付きにくいですが、添い寝だと

すぐに対処できます。

 

ミルクや母乳の吐き戻しや布団を蹴るなど

動きや変化に瞬時に対応できます。

スポンサーリンク

 

添い寝のデメリット

SIDS(乳幼児突然死症候群)のリスク

生後3か月未満の赤ちゃんがひとりで

寝た場合に比べてSIDSのリスクが

5倍に上がります。

 

SIDSについてははっきりとしたことが

解明されていない為、詳しいことは

不明ですがリスクが高まることは

知っておきましょう。

 

 

窒息のリスク

通常は気を付けていても、慣れない

育児での疲れや睡眠不足で

深く眠ってしまった時など。

 

赤ちゃんの様子に気付けなかったり、

布団や毛布で鼻と口が

ふさがれてしまう危険があります。

 

また、添い寝しながらの授乳中に

眠ってしまって鼻や口を

ふさいでしまうことも。

 

 

転落の危険

ベッドでの添い寝の場合、赤ちゃんが

ベッドから落ちてしまうという事故も

あります。

 

暗い部屋で、夜中に目覚めた赤ちゃんが

動いたり寝返りをして落ちるケースが

報告されています。

 

 

まとめ

添い寝のメリットは捨てがたいもの

ばかりですが、デメリットに

目を向けることも大切です。

 

リスクを理解したうえで、

どう寝るかを決めるように

したいですね。

 

それでも添い寝を希望する人は、

こちらの記事を参考にしてみてください。

 

※関連記事

赤ちゃんとの添い寝のやり方!いつから可能?安心グッズを紹介!

 

添い寝をしない場合でも、

赤ちゃんとのスキンシップは

他の部分で補ってあげてくださいね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ