仕上げ磨きはいつまで必要なの?電動歯ブラシがおすすめ?

仕上げ磨き 画像

 

育児で大変なことのひとつに

歯磨きがあります。

 

赤ちゃんからイヤイヤ期くらいまでは

嫌がって口も開けてくれない…

なんてこと良くありますよね。

 

それでも歯磨きを適当に済ませて

子供を虫歯にさせるわけにはいかないので、

必死で仕上げ磨きに取り組んでいる

ママ・パパは多いと思います。

 

虫歯防止のためずっと磨いてあげたいですが

そもそも仕上げ磨きっていつまで

必要なのでしょうか?

 

また電動歯ブラシの方が良いという声を

良く聞きますが本当でしょうか?

 

仕上げ磨き用のおすすめ歯ブラシについても

調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

仕上げ磨きとは

多くの人は赤ちゃんの歯が生え始めた時から

歯磨きを開始していると思います。

 

子どもが自分で歯ブラシを持って磨くように

なってからは、磨き残しのないよう

仕上げ磨きをしていますよね。

 

仕上げ磨きとは、子どもが自分で歯磨きを

した後にパパやママが磨いてあげる

作業のことを言います。

 

パパやママが毎日子どもの口の中を

チェックすることで、歯の状態や異変などに

気づきやすくなります。

 

※関連記事

赤ちゃんの歯磨きは生え始めから?歯磨き粉は使ってもいいの?

 

 

仕上げ磨きにコツってある?

子どもは歯磨きを嫌がる子が多いと思います。

 

人に口の中を触られるんですから

当然といえば当然ですよね。

 

でも、子どもの歯磨きではまだうまく

磨けないため、たとえ嫌がられたとしても

仕上げ磨きをしないわけにはいきません。

 

なにかコツはあるのでしょうか?

 

こちらは過去記事、

子供が歯磨きを嫌がる時はどうする?グッズや動画が効果的なの?

で紹介しているので参考にしてください。

 

この他には、力の入れ具合も大切です。

 

嫌がられると力が入ってしまうものですが、

強く磨くと痛がり、余計にのけぞります。

 

仕上げ磨きの時は、ブラシが広がらない程度

の優しい力で磨きましょう。

 

 

仕上げ磨きっていつまで必要?

仕上げ磨きは4~5歳になってくると

嫌がらずに磨かせてくれる子が

増えてくるかもしれません。

 

しかし個人差があるため、子供が

4,5歳でも毎日嫌がられつつ仕上げ磨きを

こなしているパパ・ママは多いはず。

 

大変な仕上げ磨きから解放される日は

いつ来るのでしょうか?

 

仕上げ磨きをいつまでするのかは、特に

決まりがあるわけではありません。

 

子どもが自分一人できちんときれいに

磨けるようになるまでは、仕上げ磨きを

続けることをおすすめします。

 

3歳を過ぎてからは、歯磨きの練習を

始めていきましょう。

 

6歳くらいから乳歯が抜けはじめて

6~7年ほどかけて永久歯に

生え変わっていきます。

 

生え始めの歯は未熟なので

虫歯になりやすいと言われています。

 

そのため、できるだけ長く仕上げ磨きを

続ける方が子どもの歯のためと言えます。

 

小学校高学年でもきちんと磨けている子は

少ないと言われているので、毎日でなくても

できるだけ寝る前は仕上げ磨きをしましょう。

 

思い返せば私も子どもの頃、

歯磨きを適当に終わらせる日は多かったです。

 

虫歯の恐怖を知っていればきちんと

磨いたのに…と今さら後悔しても遅いですが。

スポンサーリンク

 

仕上げ磨きにおすすめの歯ブラシは?

子どもが自分で磨く用と、仕上げ磨き用の

歯ブラシは分けるようにしましょう。

 

これは子どもはすぐに歯ブラシを噛んで

毛先をダメにするからです。

 

ブラシを後ろから見て毛先が見えてしまうと

歯ブラシとしてはNG。

 

仕上げ磨き用は、このNG歯ブラシではなく

毛先がまっすぐのものを使います。

 

歯ブラシはどんなものでもいいですが、

ヘッドが小さい物の方が磨きやすいです。

 

あとはブラシ部分がギザギザの山切りカット

ではなくまっすぐなものがおすすめ。

 

毛が密集しているものを選べば、

汚れもとれやすいですよ。

 

 

電動歯ブラシってどうなの?

子どもが電動歯ブラシを使うイメージは

あまりないですが、実は子ども向けはおろか

赤ちゃんから使用できる電動歯ブラシが

販売されています。

 

今ではけっこうメジャーな電動歯ブラシ。

 

子どもの仕上げ磨き用に

おすすめできるものなのでしょうか?

 

 

腕を動かさずに磨ける

私は仕上げ磨きで小刻みに磨いていると

よく腕が怠くなります。

 

電動歯ブラシなら腕を動かさなくても

しっかり磨けます。

 

 

汚れが残りやすい部分に効果的

歯は磨きにくい部分が多いので磨き残し、

磨いていても汚れが残ってしまうことって

よくありますよね。

 

電動歯ブラシならそんな部分の汚れが

きちんと落ちるのでスッキリするとのこと。

 

 

音が気になる

電動なので当然音が出ます。

 

小さな子どもにとっては怖いかも

しれませんが、逆に独特な振動音を

面白がってじっとしている子も

いるようです。

 

 

こうしてみると電動歯ブラシって

かなりよくないですか?

 

ちょっと使ってみたくなりますよね。

 

実際に歯磨きが苦手な方が電動歯ブラシを

使用し、何年も虫歯なく過ごせているという

経験談もありました。

 

電動歯ブラシでの仕上げ磨きで

親の負担を少し減らせるかもしれませんね。

 

 

まとめ

子どもの仕上げ磨きは永久歯が生え揃う

小学校高学年くらいまでは、した方が良いと

分かりました。

 

生え揃う前にやめる場合でも、子どもが

歯磨きをした後は「お口の中チェック」の

時間を設けて、きちんと磨けているかを

見てあげるといいでしょう。

 

ちなみに歯の生え始めは虫歯になりやすいので、

その時期だけ仕上げ磨きを復活させるという

手もありますよ。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ