生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!

生後100日

 

赤ちゃんが誕生して3ヶ月と少し、

100日目はお食い初めといって

お祝いする習わしがあります。

 

正式には「御百日祝い」といい、赤ちゃんが

この先食べるものに困らないようにと

願いを込めて、お食事させる真似をします。

 

聞いたことはあっても、実際にやるとなると

どういったものなのか分かりませんよね。

 

そこで今回は100日の数え方や献立など、

お食い初めに関して疑問に思うことを

解決していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

生後100日の数え方

赤ちゃんの行事は、生まれた日を

1日目と数えることが多いです。

 

お食い初めも生まれた日を1日目と数え、

100日目がその日に当たります。

 

地域によっては110日目や120日目に

行うこともあり、当日は仏滅などを避けて

近い大安の日を選ぶこともあります。

 

おじいちゃんおばあちゃんが

参加する場合は日程の調整が

大変なので、当日にこだわりすぎる

必要はないでしょう。

 

100日目がいつになるのか分からなければ

ネットで検索すると計算してくれるサイトが

ヒットするのでやってみてくださいね♪

 

ちなみに、医療では生まれた日は0日と

数えるので、その場合お食い初めの日は

生後99日ということになります。

 

 

お食い初めってなに?

お食い初めとは、生後100~120日ごろ、

 

赤ちゃんに生まれて初めて母乳や

ミルク以外の食べ物を食べさせる真似を

することで、赤ちゃんが一生食べ物に

困らないようにと健やかな成長を願う

儀式のことです。

 

他にも地域によって様々な呼び名があります。

  • 「百日祝い(ももかいわい)」
  • 「箸初め」
  • 「真魚始め(まなはじめ)」
  • 「箸揃え」
  • 「百日(ももか)の祝い」
  • 「歯がため」

両家の祖父母を招いたり、両親のみで

行うこともあり、現代では自宅か

お店でお祝いします。

 

 

お食い初めの献立は?

地域によって異なるとは思いますが、

一般的に一汁三菜が基本となっています。

 

  • 赤飯
  • 尾頭付きの魚(鯛など)
  • ハマグリのお吸い物
  • 煮物
  • 香の物や酢の物(紅白なますなど)
  • 歯固めの石(神社で借りてくるなど)

 

これだけの献立を準備するのが

難しいというママも多いはず。

 

そういう時はおばあちゃんに頼るか、

お店にオーダーすることもできますので

無理はしなくて良いですよ。

 

食べさせ方は、一番長寿の人が

膝に赤ちゃんを乗せ、

 

ご飯→汁物→ご飯→魚→ご飯→汁物

 

という順番で3回食べさせる真似をします。

 

もちろん実際に食べられるのはまだ先なので

「真似」だけにとどめておいてくださいね!

 

男の子の場合は男性、女の子の場合は

女性が食べさせる役を務めるのが

正式なやり方とされています。

 

石は赤ちゃんの口に付けたり、

石に触れた箸を赤ちゃんの

口に触れさせて、歯が丈夫に

なりますようにと祈ります。

 

 

石の選び方

石のように丈夫な歯を願う

「歯がため」ですが、石はどうやって

選べばいいのでしょうか?

 

まずは入手先についてみてみましょう。

 

1、お宮参りの際に神社から授かる

お宮参りで祈祷した神社で歯がため用の

石を授かる場合があります。

 

いただいた場合は使用後も記念として

とっておきましょう。

 

2、近所にある神社の敷地から借りる

近所の神社は「氏神様」といって、

その地域に住んでいる人を

守ってくださっている神様。

 

その氏神様である神社の敷地から石を

拾って借りてくる方法もあります。

 

ただし、使用後は元の場所に

お返しすることを忘れないように

してください。

 

 

3、河原で拾う

河原が近所にあるなら、

石を拾ってくるのもいいでしょう。

 

使用前にきれいに洗うようにしましょうね。

 

 

4、ネット購入

ネットでも歯がため用として石が

販売されています。

 

500円くらいから1000円以上するものまで

色々ですが、拾った石を使用することに

抵抗のある人などは検索してみてください。

 

記念としてとっておけるようなケースが

セットになっているものもたくさんあります。

 

 

我が家では、お宮参りをした神社に

お食い初め直前にお借りしに行きました。

スポンサーリンク

 

石は何個必要?

とくに決まっていない地域では、

1~3個ほどあれば十分でしょう。

 

我が家では3個お借りしました。

 

 

どんな石を選ぶ?

正式には黒・白・赤のものと

言われていますが、これも

こだわらなくてもいいかと思います。

 

きれいでちょうどいい大きさの

石があれば、それを選べば

いいでしょう。

 

我が家はグレーっぽい

丸い石でした。

 

 

使用上の注意は?

お食い初めに使用する前には、

必ずきれいに洗浄し、

煮沸消毒するのがベスト。

 

また、まだ大丈夫とは思いますが、

赤ちゃんが勝手に口に入れないように

管理しておくことも大切ですよ。

 

そして、神社でお借りした石は

再度洗浄し、感謝を込めて

元の場所にお返しするのがマナーです。

 

間違っても取っておくことの

ないようにしましょうね。

 

 

食器はどうする?

お食い初めの専用の食器が

売られています。

 

正式なものとしては、男の子用と

女の子用で色が異なります。

 

男の子用

内側外側ともに朱塗りのもの

 

女の子用

内朱塗り、外黒塗りのもの

 

 

これは一般的な例で、地域によっては

まったく逆のこともあるので、正式に

行う場合は家族に確認するのが

いいでしょう。

 

ですが、一度きりのお食い初めなので

そのために購入するというよりは、

離乳食用の食器を早めに用意して

使用するという人が多いようですね。

 

また、正式にしたいけれど

購入はちょっと…と考える人は、

レンタルを検討してみましょう。

 

儀式は形も大切ですが、赤ちゃんへの

気持ちの方が大事ですから、

お金をかける・かけないは

あまりこだわらなくてもいいでしょう。

 

もちろん、一度きりのものだからこそ

揃えてあげるという家庭もあると思うので、

それはそれで素敵なことですよね。

 

 

赤ちゃんの服装は?

お食い初めは家族だけでひっそり

行う場合や、親族をたくさん集めて

行う場合がありますよね。

 

いずれにしても、記念や思い出に

残るものなので、赤ちゃんの

服装についても悩むところ。

 

実はお食い初めは赤ちゃんの

「色直し式」を兼ねています。

 

つまり、生まれてからずっと白い産着を

着ていた赤ちゃんが初めて色つきの小袖を

着るという日でもあるのです。

 

一般的には母方の実家から贈られると

されていますが自分たちで準備してもOKです。

 

最近では、ロンパース型のタキシードや

ドレス、袴のカバーオールが人気。

 

着せるのも脱がせるのもオムツ替えも

簡単で、やわらかい綿で

作られているため赤ちゃんも快適。

 

また、お食い初めだけでなく

初節句の際やお正月、お祝いごとにも

使えるのでとっても便利ですよ。

 

我が家では袴のカバーオールを購入し

初節句、お正月にも着せました。

 

着る機会もあり、しわにならず

洗濯機で洗えるので重宝しました。

 

中古でも気にならない人は

フリマアプリなどでたくさん出品

されているので、一度覗いてみては

いかがでしょうか?

 

 

お食い初め終了後は?

お食い初め膳を赤ちゃんに

食べさせるふりをし歯固めの

儀式をした後は、お食い初めは

終了となります。

 

せっかく作ったお食い初め料理は

どうするのでしょうか?

 

もちろん、捨てるのはもったいないので

大人たちで美味しくいただきましょう。

 

我が家では「生後100日おめでとう」

と書かれたケーキも用意して

大人たちで食べました。

 

お食い初め膳だけでは足りないと

お寿司も注文したような気もします。

 

お祝いの行事なので、ママやパパも

しっかり楽しんでいいと思います!

 

 

最後に…

お食い初めの儀式は、赤ちゃんが

健やかに育つことを祈ることが前提なので、

お料理の準備や食器の用意ばかりに

目を向ける必要はありません。

 

きちんとやってあげたい人は、

自分だけで抱え込まずに

周りに助けてもらいながらやりましょう。

 

まだ産後100日そこらなので、

本調子ではない人もいるでしょう。

 

赤ちゃんが元気いっぱい育つよう、

家族らしさがいっぱい詰まった

100日のお祝いをしてあげてくださいね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ