里帰り出産の準備まとめ!旦那と離れて寂しい時はどうする?

里帰り出産 準備

 

産後のサポートのためにも里帰り出産を

すると決めている人はしっかりと

準備をしておきたいですよね。

 

特に産前から里帰りをする人にとっては

入院の準備品など忘れたくないものも

たくさんあると思います。

 

手続き関係や費用面など、直前にバタバタ

しないためにも早めに確認しておくのが

おすすめです。

 

また、旦那さんと離れて寂しいという

気持ちはどうしても出てくるものです。

 

そこで今回、里帰り出産の準備について

まとめるとともに旦那さんと離れて寂しい

気持ちをどうするべきか考えてみました。

スポンサーリンク

里帰り出産に必要な持ち物

まずは持ち物ですが、

実家が遠く離れている場合は、

気軽に取りに戻ることができないので

忘れ物しないようにしたいですね。

 

 

必ず必要なもの

  • 母子手帳
  • 健康保険証
  • 病院の紹介状
  • 印鑑

これらは絶対に忘れないようにしましょう。

 

 

出産入院用の荷物

入院用にバッグをひとつ作りましょう。

 

陣痛がきたときにサッと持って行けるように

イメージしておきます。

 

中身はコチラの記事を参考に

してみてください。

 

※参考記事

荷造りはいつから?出産入院時にあってよかった準備品リスト

 

 

着替え

産前はマタニティ服が必要です。

 

予定日一ヶ月前頃から帰る人が多いと

思いますので、なかなかの量になります。

 

持って行くのは大変なので宅急便などで

送るのがおすすめです。

 

産後は体を休めるためにもパジャマや

部屋着のような楽な服装がいいです。

 

授乳対応の服を用意しておきましょう。

 

 

赤ちゃんの物

肌着など基本的な物だけでいいと思います。

 

あとは現地調達できるので

準備しすぎないようにしましょう。

 

ベッドやベビーバスなどは必要に応じて

揃えるといいものなので、事前に

用意しておくことはないでしょう。

 

 

費用

妊婦健診の費用、交通費、出産費用や

実家へのお礼のほか、自宅に残った

旦那さんの生活費も忘れずに。

 

※関連記事

里帰り出産にお礼は必要?金額の相場や基本的なマナーについて

 

 

里帰り中に必要な手続きは?

出産後の手続きと言えば出生届。

 

出生届を提出できるのは

  • 父母の本籍地
  • 父母の住所地
  • 出生地

この三つのいずれかの場所となります。

 

父母の住所地で手続きをする場合は、

旦那さんに母子手帳と印鑑を持って

行ってもらわないといけないので

しっかり連絡を取り合う必要があります。

 

出生地で手続きするにしても、ママの

体の状態や役所までの距離によっては

実家の家族に助けてもらうこともあるので

どうするのか話し合っておきましょう。

 

児童手当や乳幼児医療証発行は

父母の住所地での手続きになります。

 

出生届を出す時にやっておきたいですね。

 

また赤ちゃんの健康保険の加入も必要なので

国民健康保険なら役所で手続き、

社会保険などは会社での手続きとなります。

 

妊娠し、母子手帳をもらいに行くと

妊婦健診の費用助成チケットがもらえますが

里帰り先の病院では使えませんよね。

 

出産までは自費での健診となりますが、

自治体によっては申請することで

返金してくれることもあるので

事前に確認しておきましょう。

 

その場合、チケットを捨ててしまわないよう

気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

 

旦那さんと離れて寂しい?

里帰り出産をする人の中には、旦那さんと

長期間離れて過ごすのが寂しいと

感じる人が少なくありません。

 

特に自宅と実家の距離が離れているなら

頻繁に会うこともできないため、

不安になる気持ちもあるでしょう。

 

また、産前は時間があるので色々と

考えてしまうことも。

 

しかし、産後は体がしんどいことに加えて

赤ちゃんのお世話が大変すぎて

寂しいと感じている暇もないでしょう。

 

寂しいと感じる場合は、メールや電話での

コミュニケーションは必須です。

 

近況報告や、写真を送るなどこまめに

連絡を取り合いましょう。

 

また、旦那さん自身が出産について

しっかりと理解するため勉強も必要です。

 

妻の里帰り出産は自分が羽を伸ばす

ものではないことを分かってもらいましょう。

 

 

まとめ

実家との距離がある場合は特に、

準備はしっかりしておきたいです。

 

ただ、母子手帳などの必須アイテム以外は

現地でも調達可能ですし、旦那さんに

送ってもらうこともできるので

神経質になりすぎることもありません。

 

旦那さんとの心のすれ違いが心配な人は

こまめに連絡を取り合い、できる限り

会いに来てもらうようにしましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ