妊婦がりんご病にかかると危険?症状や予防法をまとめてみた!

妊婦 りんご病

 

子供のころによく聞いていたりんご病。

 

頬がりんごのように真っ赤になることから

「りんご病」と言われています。

 

子供がかかるイメージですが、

大人がかかることもあります。

 

妊娠中の女性がかかると赤ちゃんに

どのような影響があるのでしょうか。

 

また妊娠中、妊娠を希望している人は、

症状や予防法についても知っておく必要が

あるでしょう。

 

今回、妊婦がりんご病にかかった時の

赤ちゃんへの影響や症状、

予防法についてまとめました。

スポンサーリンク

りんご病はこんな病気

親しみやすい名称で知られている

りんご病ですが、正式名称は

伝染性紅斑と言います。

 

感染ウイルスはパルボウイルスB19で

比較的感染力は弱いと言われています。

 

しかし、感染経路は飛沫感染なので

保育園や幼稚園で感染者が出ると

集団感染になることは防げません。

 

りんご病は乳幼児~小学生に多く、

大人になるまでに発症する人が

大半を占めます。

 

成人のおよそ50%以上の人が

免疫を持っています。

 

 

りんご病の症状

りんご病は10~20日の潜伏期間を経て

発症します。

 

発症すると以下のような症状が出ます。

 

  • 発熱(微熱程度)
  • 全身倦怠感
  • 関節痛
  • せき
  • 鼻づまり
  • 紅斑

 

紅斑はりんご病の代表的な症状で、

両頬、腕、お腹、太もも、お尻などに

多くみられます。

 

10日ほどで消失しますが、

この症状が出る前が最も感染力が

強いと言われています。

 

頬の赤みに気付いたころには周囲の人が

すでに感染してしまっている可能性も。

 

また、大人にはこの症状が

出ないこともあります。

 

風邪のような症状から始まり、

1週間から10日後に紅斑が出るため、

大人は紅斑が出なければただの風邪だと

思ってしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

 

妊婦がかかると危険?

母子感染はこれまでたくさん報告されて

いますが、りんご病もそのひとつ。

 

特に上の子が保育園や幼稚園に

通っているという二人目以降の妊婦さんは

注意が必要です。

 

普通の大人がかかると風邪程度で済む

りんご病も、妊婦がかかると

お腹の赤ちゃんへの影響が気になります。

 

妊婦が感染すると赤芽球前駆細胞という

赤血球の元になる細胞に感染します。

 

感染した後、増殖しさらに細胞を

壊してしまい、赤血球ができず

血液供給が上手くいかなくなります。

 

また胎盤を通して赤ちゃんに感染すると

赤血球が減少し、胎児貧血に陥ります。

 

重症化すると胎児水腫(むくみ)が

ひどくなり命の危機にさらされることも

あるのです。

 

厚生労働省の調査では、感染した胎児の

7割が死産または流産しているということが

分かっています。

 

妊婦にとって非常に恐ろしいりんご病。

 

感染を予防するには

どうすれば良いのでしょうか。

 

 

りんご病の予防法

風疹には有効なワクチンがあり、予防接種を

受けることで防ぐことができます。

 

※関連記事

妊婦さんが風疹に感染したらどうなる?予防接種と抗体について

 

しかし、りんご病には有効なワクチンが

現在のところありません。

 

感染を事前に防ぐためには、人ごみを避け、

マスクを着用し、手洗いやうがいを

心がけるほかありません。

 

 

まとめ

普通の状態なら何でもない症状のりんご病。

 

妊娠中はたくさんの脅威から

身を守らなければなりません。

 

ワクチンがあれば安心ですが、ない場合は

手洗いうがいが重要になってきます。

 

妊娠前でも妊娠中でも関係なしに

手洗いうがいは習慣にしていくことが

大切ですね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ