お年玉の相場と袋への入れ方!いつまでにあげる?新札の入手法は?

お年玉 相場

 

年が明けてから子どもたちにとって

楽しみなのがお年玉。

 

大人にとってはけっこう嫌な時期ですが、

笑顔で受け取る子どもたちにお年玉を

配る作業は幸せな気持ちになるもの。

 

しかし、毎年悩むのがお年玉の

金額の相場ではありませんか?

 

また袋に入れるとき、決まりがあるとしたら

きちんとしたいですよね。

 

さらに、お年玉はいつまであげれば

いいのか、時期や年齢についても

気になります。

 

今回、お年玉についてのあれこれを

新札の入手方法と併せてまとめました。

スポンサーリンク

お年玉の意味や由来ってなに?

お正月に親戚が集まると大人から子どもへ

お年玉が振る舞われます。

 

日本では当たり前の風習となっていますが

どんな意味があるのでしょうか?

 

お正月行事で「歳神」という神様を迎える

ために供えた鏡餅を、お下がりとして

子どもたちに食べさせていたのが

由来だと言われています。

 

このお下がりのお餅のことを

「御歳魂(おとしだま)」と呼んだことから

お年玉になったという説があります。

 

また「年の初めの賜物」から

「年賜(としだま)」となり変化したという

説もあります。

 

 

お年玉はいつまでにあげる?

お年玉をあげたいけれど、お正月に

会うことができない時もありますよね。

 

お年玉をあげる時期は一般的に

いつまでなのでしょうか?

 

お年玉は「松の内」までにあげる

というのが一般的。

 

松の内というのは関東地方では7日まで、

関西地方では15日までを指します。

 

 

お年玉の金額の相場

お年玉の金額は、しっかり決めておいた方が

後々ラクですし、面倒がありません。

 

年齢と共に金額が増えていくので、最初の

設定が大切ですよね。

 

とはいうものの、世間でのお年玉の

相場が気になるので調べてみました。

 

  • 赤ちゃん…500~1,000円
  • 小学生以下…1,000円
  • 小学生…2,000~3,000円
  • 中学生…3,000~5,000円
  • 高校生…5,000~10,000円
  • 大学・専門学校…10,000円

 

参考にしていただければと思います。

 

また、赤ちゃんのお年玉の使い道については

こちらの記事を参考に♪

 

※関連記事

赤ちゃんのお年玉は貯金するのが普通?ベストな使い道を伝授!

スポンサーリンク

 

お年玉は何歳まであげる?

さきほどの金額の相場で大学生までを

紹介しましたが、大学生となればもうすでに

立派な大人…なのかもしれません。

 

しかし、まだ学生の身であることを考慮して

お年玉をあげてもいいかと思います。

 

大学生ともなれば、アルバイトしている人が

多いでしょうし、お金のありがたみもよく

分かっているので、きっと大切に

使ってくれるでしょう。

 

社会人になればもう必要ないです。

 

社会人になった彼らは、

今度はあげる側になることでしょう。

 

 

新札の入手方法

年末の忙しい時期ですが、だからこそ

お年玉に使う新札は早めに準備して

おかなければなりません。

 

年末年始は銀行が休業となるからです。

 

そこで、新札はどのように入手すればいいか

方法を紹介します。

 

 

1、 銀行で両替

銀行では両替ができるので、新札でと

伝えると新札で両替してくれます。

 

主要な銀行はどこも12/31から1/3ごろまで

お休みとなっているので注意しましょう。

 

 

2、 郵便局のサービス両替

一部の郵便局ではサービスとして

両替できるところがあるようです。

 

あくまでもサービスで通常業務ではないため

断られても怒らないでください。

 

また、店舗によっても異なりますので

お近くの郵便局に問い合わせてください。

 

 

3、 コンビニATM

コンビニに設置されているATMには

新札が使われているところが多いです。

 

預金を引き出すという形で一か八か

新札が出てくるか試してみるのも

ひとつの方法です。

 

 

ベストな方法としては、

やはり銀行での両替でしょう。

 

慌てることのないよう、早めに銀行へ行って

新札を入手しましょう。

 

 

お年玉袋への入れ方は?

子どもはあまり気にしないと思いますが

せっかくあげるなら、正しい入れ方で

お年玉をあげたいですよね。

 

まずお札の折り方から。

 

  1. 肖像画のある面を内側になるように折ります。
  2. 肖像画と反対の方から真ん中に折り、次に肖像画の側を真ん中に折ります。
  3. その折った状態で表を上にした袋に入れましょう。

 

ちなみに、お札を複数枚入れるときは

重ねてから上記のやり方で折りましょう。

 

 

まとめ

子どもが相手のお年玉ですが、年の初めの

縁起物なので正しく準備してあげましょう。

 

何かと忙しい12月だけに、早め早めに

動くことが肝ですよね。

 

うっかり新札がなかった!なんてことに

ならないよう事前に準備しましょうね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ