乳歯の生え変わり時期が遅いのは問題?順番は歯並びに影響する?

乳歯 生え変わり

 

乳歯が生えそろったら、次は生え変わりが

気になる…というママやパパは多いでしょう。

 

乳歯が永久歯に生え変わる時期は

いつ頃なのか、生え変わる時期が遅いと

何か問題があるのかも気になります。

 

また生え変わる順番によって、歯並びに

影響することはあるのでしょうか?

 

今回、乳歯の生え変わりについて

まとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

乳歯が生えそろう時期

乳歯は生後6ヶ月から9ヶ月頃に

生え始め、3歳頃には生えそろいます。

 

歯の数は全部で20本。

 

※関連記事

赤ちゃんの歯磨きは生え始めから?歯磨き粉は使ってもいいの?

 

生え始めの頃から歯磨きを頑張っている

家庭では、永久歯についても

気になるところでしょう。

 

 

乳歯の生え変わり時期はいつ?

まずは乳歯と永久歯の違いについて

みていきましょう。

 

乳歯も永久歯も仕組みはほぼ同じで

歯髄と呼ばれる神経の部分と象牙質、

エナメル質などでできています。

 

色は乳歯が白っぽく、永久歯は

黄色っぽいのが特徴です。

 

実は乳歯の生え始め時期というのは

まだまだ完成された状態でなく、口内で

時間をかけて熟成されていきます。

 

乳歯のエナメル質や象牙質の厚みは永久歯の

半分ほどしかないことが分かっています。

 

生えたての歯は唾液に含まれる

あらゆるミネラルを取り込むことで

どんどん丈夫になっていくのですが、

永久歯は一生使うため乳歯よりも

丈夫にできています。

 

また乳歯が20本だったのが

永久歯に生え変わると28本(親知らずを

含めると32本)に増えます。

 

乳歯の生え変わりの時期は6歳頃が

一般的だと言われています。

 

その後6~7年ほどの年月をかけて

全部の乳歯が生え変わるのです。

 

 

生え変わりが遅いのは問題?

一般的に6歳頃から13~14歳までに

生え変わるといいましたが、

当然個人差はあります。

 

1~2年の早い、遅いは何ら問題ありません。

 

  • 乳歯が抜けたのに永久歯が生えてこない
  • 乳歯の奥に永久歯が生えてきて二重になっている など…

 

気になることがあれば、かかりつけの歯科医に

相談するのが手っ取り早いでしょう。

スポンサーリンク

 

生え変わりの順番って?

一般的に一番早く抜けるとされている歯は

2本の下前歯で、乳中切歯(にゅうちゅうせつし)

と呼ばれています。

 

その後に上の前歯が抜けることが多いです。

 

生えてくるのは六歳臼歯(ろくさいきゅうし)

と呼ばれる奥歯で、親知らずを除いた

一番奥の歯(第2臼歯)は11~13歳頃に

生えてきます。

 

しかし、これも個人差があるものなので

一般的な順番通りに生え変わらないからと言って

気にすることはありません。

 

もちろん生え変わる順番によって

歯並びに影響はありません。

 

ただし、注意したいのが生え変わり時期の虫歯。

 

永久歯と言えども生え始めの歯は弱いため、

虫歯のリスクが高まります。

 

また最初に生えてくる六歳臼歯は

およそ1年をかけて完全に生えてきます。

 

生えている間は手前のほかの歯よりも低いため

歯ブラシが届かずじゅうぶんに磨けません。

 

子どもが自分で歯磨きするようになっても、

このような細かい部分は仕上げ磨きが必要と

なってくるので注意しましょう。

 

※関連記事

仕上げ磨きはいつまで必要なの?電動歯ブラシがおすすめ?

 

 

そのほかに注意したいこと

歯周病といえば大人だけのものかと

思いきや、子どもにもあります。

 

そのほとんどが歯肉炎だといいます。

 

歯肉炎は歯槽膿漏の前触れで、

歯と歯肉の間に歯垢が溜まることが原因。

 

歯と歯肉の間に歯ブラシをあてて丁寧に

磨いていくことが大切です。

 

  • 歯磨きで出血する場合
  • 歯肉が赤くはれている場合

これらは歯肉炎の可能性があるため、

歯科医にチェックしてもらいましょう。

 

さらに萌出性歯肉炎(ほうしゅつせい しにくえん)

という、生え変わりの時期に

起こりやすい歯肉炎も心配です。

 

これは歯が生える時に歯にかぶさった歯茎が

炎症を起こしている状態。

 

歯垢が溜まることによって炎症が

起こりやすくなるため、この場合も

歯と歯茎の境目を丁寧に磨くようにしましょう。

 

 

乳歯の虫歯は放置でもいいの?

どうせ永久歯に生え変わるからと

乳歯の虫歯を放置してはいませんか?

 

実は乳歯が生えてくる頃には、

その奥で永久歯も育ち始めています。

 

虫歯を放置していると虫歯菌が乳歯の

神経の部分に棲みつき、永久歯にまで

悪影響を及ばしてしまいます。

 

また乳歯が虫歯で早く抜けることにより

周りの永久歯が傾いてしまい、

歯並びや噛み合わせが悪くなる

ということも出てきます。

 

どうせそのうち生え変わるから、といって

乳歯の虫歯予防、対策を怠ってはいけません。

 

 

まとめ

乳歯の生え変わりの時期は一般的には

6歳ごろからと分かりました。

 

これより1~2年早い場合も遅い場合も

ありますが、個人差によるものなので

気にしなくて問題ないでしょう。

 

ただし、なにか気になることがあれば

かかりつけの歯科医に相談し、不安材料を

取り除くようにしましょう。

 

生え変わりの歯は弱く、虫歯や

歯肉炎になりやすいため、仕上げ磨きは

丁寧に行うのがベターでしょう。

 

永久歯に引き継がれるので乳歯の時期から

虫歯予防はしっかりしたいですね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ