ノロウイルスの症状と流行の時期は?吐物処理法と予防法まとめ

ノロウイルス

 

子供を持つ親としては流行の病気には

特に敏感になりますよね。

 

冬場は色々なウイルスの脅威がありますが、

中でもノロウイルスはうつってほしくない

病気のひとつ。

 

吐物処理が大変なので、慌てないためにも

方法を知っておきたいですよね。

 

またどんな症状が出るのかも気になります。

 

流行の時期を把握してしっかりと

予防に努めたいですよね。

 

今回、ノロウイルスの症状・流行の時期に

加え、吐物処理法や予防法についても

まとめています。

スポンサーリンク

ノロウイルスの流行の時期は?

毎年、冬の時期になるとインフルエンザと

並んでノロウイルスが流行しますよね。

 

しかし、実は10月~11月に発生し

12月~3月ごろにピークを迎えるのです。

 

なぜ秋から冬に流行するのでしょうか?

 

それは感染経路に関係があります。

 

 

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスは人の小腸粘膜で増殖する

感染力の強いウイルスです。

 

感染経路で最も有力なのがカキ。

 

ノロウイルスは吐物や便として下水を経由し

海へ流れて海水を汚染します。

 

この汚染された海水をカキなどの二枚貝が

体内に取り込んでしまうことが

原因と考えられています。

 

しかし、貝の体内ではウイルスは増殖できず

体内に蓄積します。

 

それを十分に加熱処理されないまま

人が食べることで発症します。

 

カキは冬場の旬ですから、ノロウイルスの

流行と関係があるのですね。

 

また、感染者の吐物や便を

適切に処理しなければ

人の手を介して体内に入ってしまいます。

 

吐物や便が飛び散ってしまう飛沫感染、

ウイルスが空気中に舞い上がってしまう

空気感染なども考えられます。

 

 

ノロウイルスの症状

ノロウイルスにかかったら

どんな症状が出るのでしょうか。

 

ノロウイルスが体内に入ってから

症状が出るまでの潜伏期間は、1~2日。

 

もちろんこの期間もウイルスを

保有していることに変わりはないので、

人に感染させてしまう可能性があります。

 

初期症状は、嘔吐、下痢、腹痛で

微熱を伴うこともあります。

 

微熱のみで始まる人もいるため、風邪だと

勘違いしてしまうこともあります。

 

発症後は、下痢と嘔吐を繰り返しますが

軽症の場合は気持ち悪い程度~軽い嘔吐で

済むこともあります。

 

重症化すると少量の水分補給でも

嘔吐してしまう人もいます。

スポンサーリンク

 

発症したらどうする?

ノロウイルスには有効な薬はありません。

 

ウイルスを体内から排出するしかないので

下痢止めは服用しないようにしましょう。

 

下痢と嘔吐によって脱水症状を引き起こす

ため、水分補給や栄養補給は必須です。

 

また、安静に過ごすようにしましょう。

 

赤ちゃんや小さい子供は吐物がのどに

詰まることもあるので注意してください。

 

子供が感染すると親も危険です。

 

二次感染を予防するためには、

適切な処理が必要になります。

 

 

吐物処理の方法

【準備するもの】

  • キッチンハイターなどの塩素系漂白剤
  • 500mlのペットボトル2本
  • ペーパータオル
  • ゴミ袋2枚

 

【処理する人の準備】

※すべて使い捨てのもの

  • 手袋を二枚重ねにする
  • 使い捨てマスク装着
  • ひざ下までの撥水エプロン
  • 足カバー

 

  1. 床用消毒液はペットボトルのキャップ半分のハイターと、水を500mlペットボトルいっぱいまで入れて作る
  2. 吐物用消毒液はペットボトルのキャップ2杯分のハイターと、水を500mlペットボトルいっぱいまで入れて作る
  3. 処理する人のみ残り、ほかの人は退室する
  4. 窓を開けて換気する
  5. 吐物の上にペーパータオルをかぶせる
  6. ビニール袋の口を開けて準備し、吐物を周りからゆっくり集めて入れ吐物用消毒液を振り入れる
  7. 吐物があった床と周囲にペーパータオルを敷き、床用消毒剤を浸み込ませ10分放置
  8. 10分経ったら7を6のビニール袋に入れて床を水拭きする
  9. マスク、手袋などの着衣はすべて6のビニール袋に入れ、吐物用消毒を浸るくらい入れ、口を縛る。
  10. 9をもう一枚のビニール袋にいれ二重にして廃棄する
  11. 石鹸で手洗いを2回、うがい、洗顔をして終了

 

このやり方以外にも色々と方法はあるので、

自分に合った処理法を探してみてください。

 

 

ノロウイルスの予防法

感染してしまうとかなり処理が大変なので、

まずはノロウイルスに感染しないよう、

予防を徹底することが肝心です。

 

基本はしっかりと手洗いすること。

 

ノロウイルスは非常に小さいので手のしわや

爪のあいだに入り込んでいます。

 

ただ洗うだけでなく、ブラシなどを使って

入念に洗い流すことが予防になります。

 

帰宅した際や、オムツ替えのあとは

とくに念入りに2回洗いをしましょう。

 

残念ながら感染してしまった場合は、

汚物、吐物の正しい処理をして

二次感染を防止することに努めてください。

 

 

まとめ

ノロウイルスの流行時期には

キッチンハイターを常備しておくことを

おすすめします。

 

症状が出ても慌てず確実に処理することで

二次感染を予防することができます。

 

保育園や幼稚園での集団感染を防ぐのは

難しいですが、手洗いや加熱調理など

できる予防はしておきましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ