【妊娠中の食べ物】食べると良いものとダメなもの一覧!注意点は?

妊娠中 食べ物

 

妊娠中は行動だけでなく、食べ物にも

気を遣いますよね。

 

お腹の赤ちゃんの分も食べないといけない

こともありますが、単にボリュームアップ

すればいいというわけではありません。

 

あまり神経質になりすぎる必要は

ありませんが、食べた方がいいものや

ダメなものは知っておきたいですよね。

 

そこで今回、母体のため、赤ちゃんのために

積極的に食べた方が良いもの、避けた方が

良いものを一覧でまとめました。

スポンサーリンク

 

妊娠中の食事

妊娠中は毎日の食事の内容が

そのままお腹の赤ちゃんを成長させるので、

とても重要です。

 

よく「二人分食べないと」と言われますが、

食べる量をむやみに増やしていては

体重が増加して母体にとって

良くありません。

 

妊婦が気を付けるべき食べ物というのが

たくさんあり、場合によっては好物を制限

しなければいけないので大変です。

 

それでも赤ちゃんのためと思って、

出産まで頑張りましょう。

 

 

妊娠中に積極的に食べたいものは?

 

アボカド

赤ちゃんの脳や神経を形成すると言われる

葉酸」が豊富に含まれているので、

妊娠前からの摂取がおすすめです。

 

 

緑黄色野菜

特にほうれん草は葉酸が豊富で、

不足しがちなカルシウムも含まれています。

 

こむら返りに悩む人にもおすすめです。

 

※関連記事

妊娠中のこむら返りが辛い!原因や対処法はある?湿布は大丈夫?

 

 

未精製穀物

全粒粉パン玄米発芽米などの

未精製穀物はビタミンやミネラルが豊富で、

さらに食物繊維も含まれるため

便秘に効果的です。

 

 

大豆製品

低カロリーで高タンパク質な大豆製品は

ビタミン、ミネラルが豊富で赤ちゃんの

身体を作るために必要な栄養素です。

 

豆腐や納豆など積極的に食べましょう。

 

 

きのこ類

えのきやシメジ、マイタケなどのきのこ類は

低カロリーでたくさん食べられるので

体重を気にしないといけない人には

特におすすめ。

 

 

タンパク質やカルシウムを多く含む卵は

料理のアレンジもしやすいので

おすすめです。

 

ただしコレステロール値が高い人は

食べすぎに注意しましょう。

スポンサーリンク

 

妊娠中食べてはダメなものは?

 

生肉

生ハムやレアな焼き加減のお肉などは、

トキソプラゾマ」という感染症にかかる

恐れがあります。

 

妊娠中にかかるとお腹の赤ちゃんにも

感染することがあり流産や死産のリスクが

考えられます。

 

また生まれた赤ちゃんの脳や視力に

障害が起こる可能性もあります。

 

 

生卵

卵は積極的に摂取すべき食材ですが、

生のままだとサルモネラ菌が付着している

ことがあるので必ず加熱調理しましょう。

 

 

大型の魚

本マグロなどの大型魚は

水銀が含まれています。

 

お腹の赤ちゃんには水銀を排出することが

できず、脳などに障害を起こす

可能性があります。

 

しかし、たくさんの量を食べなければ

問題はないとされています。

 

 

生ハムや非加熱のチーズ

生ハムや非加熱のナチュラルチーズ、

スモークサーモンなどはリステリア菌による

食中毒の恐れがあり、流産や早産の

原因にもなります。

 

 

ビタミンAを多量に含むもの

レバーやウナギはビタミンA を

含んでいますが、多量に摂取すると

お腹の赤ちゃんの奇形を引き起こしてしまう

と言われています。

 

 

注意点は?

妊娠中に積極的に食べたいもの、

食べてはダメなものを紹介しましたが

注意点としては、

 

  • 神経質になりすぎないこと
  • 過剰摂取しないこと

 

があげられます。

 

何でも食べすぎると体には良くないのは

妊娠していなくても同じです。

 

また神経質になりすぎると極端な話、

何も食べられなくなったり、同じものばかり

食べてしまうことにもなりえます。

 

大切なのはバランスなので、あまり

ガチガチに考えすぎないように

ゆったりした気持ちでマタニティライフを

過ごしましょうね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ