妊娠中の歯医者はいつまでに行くべき?麻酔やレントゲンは大丈夫?

妊娠中 歯医者

 

歯医者が苦手な人は多いかもしれません。

 

しかし妊娠中は虫歯ができやすく、

また虫歯や歯周病を放っておくと悪化し

お腹の赤ちゃんにも悪影響です。

 

妊娠中であっても歯医者で適切な治療を

するべきですが、いつまでに行けば

いいのでしょうか?

 

また、気になるのは麻酔やレントゲンの

赤ちゃんへの影響ですよね。

 

そこで今回、妊娠中の歯医者はいつまでに

行くべきか、麻酔やレントゲンの影響に

ついてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中は虫歯になりやすい?

妊娠すると赤ちゃんに栄養が摂られるため、

ママの歯が弱くなってしまうなどと

言われますよね。

 

妊娠前は虫歯がなかったのに、妊娠してから

虫歯になったという人もいるかと思います。

 

妊娠後の虫歯は偶然ということも

ありますが、妊娠中は

虫歯になりやすい理由があります。

 

 

つわりの影響

妊娠初期には、つわりに

悩まされる人は多いです。

 

つわりのせいで歯磨きが満足に

できないため、磨き方が不十分で

虫歯になるケースがあります。

 

また、胃酸が逆流することで口内が

酸性に傾き、歯の表面を溶かして

虫歯になってしまいます。

 

 

食べている時間が多い

食べづわりで食べている時間が

長くなることってありますよね。

 

また一度にたくさんの量を食べられない

妊娠後期になってくると小分けにして

数回に分けて食べるようになります。

 

すると常に食べ物が

口内にある状態になります。

 

こうなると口内環境が悪くなり、

虫歯になりやすくなります。

 

 

妊娠中の麻酔やレントゲンの影響は?

妊娠中に歯医者に行く場合、

かなりの人が少なからず

不安に感じていることでしょう。

 

それは、歯の治療に麻酔やレントゲンを

使用することがあるからですよね。

 

妊娠中にそれらの治療を受けて、

赤ちゃんに影響がないのか気になります。

 

まずは麻酔についてですが、歯医者で

使用するのは局所麻酔で歯茎に打ちます。

 

母体はもちろん、お腹の赤ちゃんにも

影響はないと考えてよいでしょう。

 

続いてレントゲンですが、歯の部分を

撮影するので、お腹にX線が

当たることはありません。

 

また、防護エプロンは必ず着用することに

なっているので、お腹の赤ちゃんが

被ばくすることはないと考えられます。

 

しかし、治療方針のこともあるので、

妊娠中であるということは必ず

歯科医に伝えるようにしてくださいね。

スポンサーリンク

 

妊娠中の歯医者はいつまで?

最後に歯医者に行くのに適した時期に

ついてみていきましょう。

 

妊娠初期は体調が良くない人も多く、

流産しやすい時期でもあります。

 

急を要する場合以外は

避けた方が無難でしょう。

 

妊娠後期は大きくなったお腹で、

あおむけの姿勢がとりにくくなります。

 

また、破水や陣痛の可能性がないとも

限らないのでこの時期もできるだけ

避けましょう。

 

最適なのは妊娠5ヶ月から7ヶ月ごろの

妊娠中期です。

 

安定期に入り、体調も落ち着いてくるので

治療におすすめの時期と言えるでしょう。

 

 

最後に…

妊娠中はお腹の赤ちゃんが心配で、なかなか

歯医者に行く勇気が出ないこともあります。

 

しかし、虫歯は早期治療であるほど痛みや

通院期間が少なくて済みます。

 

怖がらずに勇気を出して行きましょう。

 

母子手帳を持参すると妊娠の経緯などが

把握しやすいのでおすすめです。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ