妊娠中はうつになりやすい?気になる症状は?治療は必要なの?

妊娠中 うつ 画像

 

妊娠は、赤ちゃんを望んでいた

人にとっては喜ばしいことで幸せに

満ち溢れていることでしょう。

 

しかし、世の中には待ち望んだ妊娠で

あっても気分が落ち込むことが

多いという女性もいます。

 

女性は男性に比べてうつになりやすく、

妊娠中や出産後は特に起こりやすいと

言われています。

 

なぜ妊娠中にうつになりやすいのか、

またどんな症状が起こるのかも気になります。

 

そこで今回、妊娠中のうつの症状や

治療は必要なのか調べてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠中はうつになりやすい?

女性は男性の2倍うつになりやすいと

言われています。

 

特に、妊娠中はうつを経験する人が多く

おめでたいことなのにネガティブな

気持ちになってしまいます。

 

妊娠中のうつは妊娠初期に

多く見られる傾向があります。

 

これは、ほとんどが女性ホルモンの

影響であると言えるでしょう。

 

妊娠によってホルモンのバランスが変わり、

体が赤ちゃんを宿すために変化し、

また心も母性本能が目覚めることで

変化します。

 

このような心身の大がかりな変化や、

 

  • 出産に対する不安
  • 母になることへの不安
  • つわりなどのトラブル
  • 食生活をはじめ様々な制限によるストレス
  • 周囲の反応
  • 職場に対する気遣い
  • 流産経験による不安

 

上記のような、気持ちが妊娠うつを引き起こします。

 

また「妊娠は幸せなこと」という

イメージが先行しすぎて、現実との

ギャップに苦しむ人が多い

言っても過言ではありません。

 

妊娠は病気ではないですが、

病気の人並みに辛い症状の人もいますから、

周囲の理解を得られないとしんどいですね。

 

 

妊娠中のうつの症状

妊娠うつの症状は様々です。

 

  • イライラする
  • 涙もろくなる
  • 気持ちが落ち込みやすくなる
  • 楽しめない
  • 無気力になる
  • 眠れない
  • 食欲がなくなる
  • 常に疲労感がある
  • 誰とも会いたくない

 

このような症状が2週間以上続く、

悪化しているなどの場合は、

医師に相談するのが適切です。

スポンサーリンク

 

治療は必要?

うつ病は放置していると

重症化する場合があります。

 

また治ったと思っても再発することも。

 

マタニティブルーだと甘く見ていないで

専門医に相談しましょう。

 

※関連記事

マタニティブルーはいつまで続く?産後うつとの違いを比較した

 

どこに相談したらいいか分からないときは

まずかかりつけの産科医に相談し、

紹介してもらうようにすると安心です。

 

 

予防対策はある?

妊娠うつにかかりやすい人は、普段から

ストレスが溜まりやすい、不安になりがち、

周囲への不信感が強いなどの傾向があります。

 

予防対策としては、すべてを一人で

抱え込まず、周りの人にサポートしてもらう

ことを恐れないことです。

 

また、旦那さんや友達、家族などに

気持ちを吐き出す機会を作りましょう。

 

辛い時は休んで、バランスの良い食生活と

適度な運動を心がけます。

 

 

まとめ

しんどいときにしんどいと言える人は

まず大丈夫と言えますが、自分が

辛い状態であることに

気付かない場合もあります。

 

旦那さんや信頼できる人とよく話す機会を

増やして、自分の中のSOSを

見逃さないようにしましょう。

 

妊娠出産は大きな変化がつきものです。

 

以前の自分や周りの人と比べることなく

マイペースなマタニティライフを

過ごしましょうね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ