妊娠中に濃くなったシミは元に戻る?改善法や予防法を調査!

 

妊娠中はホルモンの影響で

日焼けしやすいと言われています。

 

日焼けすると当然、シミやソバカスが

できてしまうので紫外線対策が必要。

 

でもこの増えたシミって出産後は

元に戻るわけではないの?と

楽観視したい気持ちも出てきます。

 

妊娠中に増えたシミ、濃くなったシミは

産後元に戻るのでしょうか?

 

またシミやそばかすを増やさないための

予防法、できてしまった場合の

改善法をまとめてみました。

妊娠中が日焼けしやすいのはなぜ?

妊娠中といえば、つわりやむくみ、眠気など

色々なトラブルに悩まされるもの。

 

体型が変わりちょっとした動きが辛くなる、

運動したくてもなかなかできない…

 

体重制限に頭を抱えている人も

少なくないと思います。

 

※関連記事

妊娠中の体重制限のコツは?増え方の理想とストレス発散法

 

そんな、ただでさえ大変な妊娠中は

日焼けしやすくなるって

聞いたことありませんか?

 

そもそもシミはメラニンの発生が

原因だということはご存知と思います。

 

簡単に言うと紫外線によりメラノサイトが

刺激され、メラニン色素を過剰に作り出すことで

シミが発生します。

 

妊娠中にシミができやすい原因は

ホルモンにあると言われています。

 

妊娠すると黄体ホルモン「プロゲステロン」の

分泌が増え、これがメラノサイトを

刺激することでメラニン色素が大量に

作り出されてしまうのです。

 

それほど紫外線を浴びたわけでもないのに

日焼けしてしまうのは、この黄体ホルモンの

仕業というわけです。

 

生理中や妊娠中のホルモンに影響は

かなり不快なものも多いですが、

どうすることもできませんよね。

 

かといって黙ってシミを増やすのも

絶対に嫌です!!

 

どうすれば妊娠中のシミ増加を

防ぐことができるのでしょう。

 

1 2 3



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

1 / 11
サブコンテンツ