妊娠中に濃くなったシミは元に戻る?改善法や予防法を調査!

妊娠中 しみ

 

妊娠中はホルモンの影響で

日焼けしやすいと言われています。

 

日焼けすると当然、シミやソバカスが

できてしまうので紫外線対策が必要。

 

でもこの増えたシミって出産後は

元に戻るわけではないの?と

楽観視したい気持ちも出てきます。

 

妊娠中に増えたシミ、濃くなったシミは

産後元に戻るのでしょうか?

 

またシミやそばかすを増やさないための

予防法、できてしまった場合の

改善法をまとめてみました。

スポンサーリンク

妊娠中が日焼けしやすいのはなぜ?

妊娠中といえば、つわりやむくみ、眠気など

色々なトラブルに悩まされるもの。

 

体型が変わりちょっとした動きが辛くなる、

運動したくてもなかなかできない…

 

体重制限に頭を抱えている人も

少なくないと思います。

 

※関連記事

妊娠中の体重制限のコツは?増え方の理想とストレス発散法

 

そんな、ただでさえ大変な妊娠中は

日焼けしやすくなるって

聞いたことありませんか?

 

そもそもシミはメラニンの発生が

原因だということはご存知と思います。

 

簡単に言うと紫外線によりメラノサイトが

刺激され、メラニン色素を過剰に作り出すことで

シミが発生します。

 

妊娠中にシミができやすい原因は

ホルモンにあると言われています。

 

妊娠すると黄体ホルモン「プロゲステロン」の

分泌が増え、これがメラノサイトを

刺激することでメラニン色素が大量に

作り出されてしまうのです。

 

それほど紫外線を浴びたわけでもないのに

日焼けしてしまうのは、この黄体ホルモンの

仕業というわけです。

 

生理中や妊娠中のホルモンに影響は

かなり不快なものも多いですが、

どうすることもできませんよね。

 

かといって黙ってシミを増やすのも

絶対に嫌です!!

 

どうすれば妊娠中のシミ増加を

防ぐことができるのでしょう。

スポンサーリンク

 

妊娠中のシミ予防法と改善法

妊娠中にシミソバカスを増やさないために

日々できる予防法があります。

 

 

1、紫外線を避ける

とにかく紫外線から身を隠しましょう。

 

外に全く出ないのはよくないので、

  • 帽子をかぶる
  • 日陰を歩く
  • 日傘を使う

など、なるべく紫外線が当たらないようにします。

 

 

2、日焼け止めクリーム使用

紫外線は夏だけではありません。

 

とくに多いとされるのが春ですが、秋冬も

もちろん紫外線は降り注がれています。

 

日焼け止め効果のあるUVクリームを

使用して出かけるようにしてください。

 

 

3、ビタミンCを積極的に摂取

美白といえばビタミンCですよね。

 

妊娠中なのでサプリメントでの摂取が

不安という人は食品で摂りましょう。

 

ビタミンCが多く含まれるのは

アセロラ、ケール、キウイ、赤ピーマンなど。

 

健康にも良い食品ばかりなので積極的に

食事に取り入れることをおすすめします。

 

 

4、美白化粧品を使用する

自分自身効果を感じたことがないので

気休めかもしれませんが、美白効果のある

化粧品を使っています。

 

プラス保湿をしっかりすること。

 

乾燥はシミだけでなく、しわを増やす原因にも

なりますので、しっかり潤しましょう。

 

 

5、 睡眠時間を確保

産後はなかなか難しいのですが、睡眠は

健康と美容には欠かせません。

 

旦那さんと協力して、お互いに寝不足に

ならないよう、しっかりと睡眠時間を

確保するように努めてください。

 

睡眠が十分に取れていると母乳がよく出る

という報告もあるので見過ごせませんよ。

 

 

このように妊娠中のシミを予防・改善するには

複数の方法を実行することが有力と言えそうです。

 

 

産後は元に戻る?

妊娠中にどれだけシミが増えても、

濃くなっても、産後元に戻るのであれば

さほど気にすることもないですよね。

 

ところが産後多少薄くなることはあっても

完全に元に戻ることはないようです。

 

それどころか産後シミが増えた、

濃くなったという経験談もあるのが

気になります。

 

産後にシミが増えたり濃くなったりするのは

  1. 授乳でビタミンCが大量消費される
  2. 肌のバリア機能の低下

が考えられます。

 

産後は産後でシミができやすい

原因があるのですね。

 

赤ちゃんが生まれると授乳しますが、

他の栄養と一緒にビタミンCも消費されます。

 

もちろん赤ちゃんへ送られているので、

赤ちゃんにとってはビタミンCが脳の発達を

促したり、たくさんの母乳を飲めるなど

メリットがあります。

 

ただ、お母さんの方でビタミンCが

不足してしまうと

 

  • 母乳が作られない
  • 鉄分が上手く吸収されず貧血になる
  • 体調不良
  • シミやそばかすが増える

 

などの弊害が出るので、産後も積極的に

ビタミンCの摂取は行うようにしましょう。

 

また産後はホルモンの影響で

肌のバリア機能が低下しがち。

 

バリア機能が低下すると外部からの刺激を

受けやすくなり、シミができてしまう

原因にもなります。

 

したがって産後も紫外線対策や

ビタミンCの摂取、保湿などのシミ対策を

する必要があるのです。

 

妊娠中に増えたシミを妊娠前に戻せるかは

自分の努力次第かもしれませんね。

 

ちなみに私はもともとシミソバカスの多い肌で

妊娠中に増えたものも産後は元に戻っていません…

 

体質なんかも関係しているのかもしれませんが、

今後もあきらめずにシミ対策をしていくつもりです!

 

 

まとめ

妊娠中はホルモンの影響でシミや

そばかすができやすくなります。

 

日焼け止めクリームや日傘、帽子を使用したり

ビタミンCの摂取を心がけましょう。

 

産後に多少戻る人もいるようですが、

日々の努力も必要なので、妊娠中同様

シミ対策を続けることが大切です。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ