妊娠中の胸の痛みや張りは普通なの?ケアはいつから始める?

妊娠中 胸の痛み

 

妊娠中の体の変化はたくさんありますが、

胸に関しても不安に感じることがあります。

 

とくに胸の痛みは乳がん?

何かの病気では?と心配になりますよね。

 

妊娠中の胸の痛み、張りは

普通なのか調べてみました。

 

また産後母乳を与えたいと考えている人は

胸のケアをいつからすればいいのか

悩みどころ。

 

そこで、妊娠中の胸のケアは

いつから始めるといいのかもお伝えします。

スポンサーリンク

妊娠中、胸が痛い!

妊娠するとつわりに始まり、

色んなトラブルが発生し

辛い思いをしている人は多いでしょう。

 

安定期に入ったから落ち着くわけではなく

さらなるトラブルに見舞われている…

なんて人も多いと思います。

 

そんな妊娠中の症状、トラブルのひとつに

胸の痛みや張りがあります。

 

胸の病気といえば、乳がんや乳腺に

関するものがあるので心配になりますよね。

 

妊娠中に胸が痛いのは普通なのでしょうか?

 

「どんな痛み?」と問われても説明が

難しいですし、他人と分かち合えない

ものだからこそ、痛みの種類で

判別するのは困難ですよね。

 

乳がんの場合は初期症状のひとつに

「しこり」があげられます。

 

しこりがある場合は、痛みに関係なく

医師に相談しましょう。

 

自分で触ってもよく分からない場合、

妊婦健診の際に助産師や医師に

聞いてみましょう。

 

乳がんではない場合が多いですが、

胸の痛みは妊娠によるものがほとんどです。

 

産後の授乳のために、乳腺が発達して

母乳を分泌する準備をしているのです。

 

チクチク、ズキズキといった痛みが特徴です。

 

 

いつから痛くなる?

乳腺の発達による胸の痛みは、

人によって発生する時期が異なります。

 

早ければ妊娠初期からの人もいます。

 

一般的には妊娠中期~後期にかけて

痛みが出ることが多いと言われています。

 

張りに関しては全妊娠期間を通じて

感じる人も少なくないようです。

スポンサーリンク

 

胸が痛い時の対処法は?

産後の授乳のためとはいえ、個人差が大きい

痛みはなかなか辛いものです。

 

いくら周りが「今だけだよ」なんて言っても

辛いものは辛い…

どうにかできるなら対処したいですよね。

 

少しくらいであれば我慢する他ありませんが、

あまりにひどい時は、医師への相談も

視野に入れつつ以下のことを

試してみてください。

 

 

1、あたためすぎない

冬の妊婦さんにとっては難しい方法かも

しれませんが、温めて血行が良くなることで

胸の張りや痛みが強くなることが

考えられます。

 

お風呂の時は湯船に浸からず

シャワーで済ませる、着すぎない

といった対策をしましょう。

 

 

2、締め付けないようにする

妊娠前のブラジャーはつけていない人が

ほとんどだと思いますが、できるだけ

ブラジャーはつけないようにしましょう。

 

カップ入りのタンクトップやキャミソールを

着用するなど、胸を締め付けないような

工夫をしましょう。

 

家ではノーブラでいいくらいかもしれません。

 

 

3、脇を冷やす

熱を持っている胸は、脇の部分を冷やすことで

痛みが和らぐ場合があります。

 

ただし、冷やし過ぎるのは厳禁。

 

 

以上の方法を試しても我慢できないくらいの

痛みがあるなら、健診の際に助産師や

医師に相談しましょう。

 

なにかとっておきの策があるかもしれません。

 

 

ちなみに私が相談した時は、

「乳腺が発達している証拠!」

とだけ言われました。

 

我慢しろ、という意味だったのでしょうね…

 

 

胸のケアはいつから始める?

授乳の準備でもある胸のケアは出産後に

始めるものと思っていませんか?

 

実は妊娠中からのケアが推奨されています。

 

とはいうものの病院によって

考え方は様々なので、かかりつけの

助産師に相談しましょう。

 

妊娠中から胸のケアを推進している産院では、

妊娠24~28週ごろから始めることが

良いとされています。

 

しかし、以下の場合を除きます。

 

  • 逆子、多胎妊娠で入院している
  • 切迫早産で入院中、張り止め薬を服用中
  • 医師より安静指示が出ている

 

この他にも医師や助産師からケアをしないよう

注意されている人は行わないでください。

 

胸を刺激することで子宮が収縮し、

お腹の張りが発生することがあるので

無理なくやっていくことが大切です。

 

※関連記事

切迫早産!子宮頸管の回復方法があるってホント?手術って?

 

ケアのやり方は、かかりつけの産院の助産師から

学び、正しい方法で行いましょう。

 

私の場合、一人目のときにかかった産院では

妊娠中のケアはほとんど行わず、産後もあまり

母乳育児に積極的ではありませんでした。

 

二人目の産院は妊娠中からケアするよう言われ、

経産婦ということもあって初期のころから

胸の張りや痛みがありました。

 

このように病院によって考え方が色々なので

自分の理想の育児があるなら、

産院選びから重要だと言えますね。

 

 

まとめ

妊娠中の胸の痛みの多くは、乳腺の発達で

ホルモンの仕業だと分かりました。

 

ただし、しこりがある場合や我慢できないほどの

痛みがある場合は、医師に相談しましょう。

 

また胸のケアは産院にもよりますが

妊娠中からが効果的なので、気になる人は

かかりつけの医師や助産師に聞いてみましょう。

 

妊娠中の様々なトラブル、辛いですが

産後は産後でまたトラブルが付き物なので、

その都度対処法を探しながら頑張りたいですね!

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ