妊娠初期の出血は流産の可能性が高い?長く続く場合の原因は?

妊娠初期 出血

 

妊娠すると色々なことが気になり、

お腹の赤ちゃんが元気に育っているのか

とても心配になるもの。

 

妊娠初期は流産しやすいということもあり

少しの変化も気になってしまいます。

 

中でも出血したとなれば、流産の可能性が

高くなるのでは…と怖くなります。

 

出血したり、それが続く場合、原因は

どんなことが考えられるのでしょうか?

 

今回、妊娠初期の出血と流産の可能性や

原因についてまとめました。

スポンサーリンク

妊娠初期の出血

妊娠初期とは、妊娠4週から15週

(妊娠2ヶ月~4ヶ月)の時期を指します。

 

この時期の出血は、流産ではないかと

とても心配になりますが、

原因は流産以外にも色々と考えられます。

 

ここでは原因についてみていきますが

くれぐれも自己判断せず、かかりつけ医を

受診するようにしてください。

 

受診にあたり、確認しておくべき

ポイントをあげてみましょう。

 

  • いつから出血しているか
  • 出血量はどのくらいか
  • 色(鮮血、ピンク、茶色など)
  • におい
  • 固形物が混ざっていないか
  • 腹部に痛みはあるか
  • 腹部が張っているか
  • 吐き気、貧血などの症状はないか

 

これらをチェックしておき、受診の際

かかりつけ医に申告してください。

 

 

出血は流産の可能性が高い?

妊娠中はどの時期に関しても出血しやすい

状態となっているため、出血したからと言って

必要以上に慌てたり不安になることはありません。

 

ただし先ほども申しあげたとおり、

自己判断するのは危険なので、とりあえず

電話でも構わないので、必ず医師に

相談してくださいね。

 

妊娠初期には、流産の可能性がある

出血もあります。

 

切迫流産による出血の場合、下腹部に鈍痛が

認められ、流産の危険があります。

 

出血量は少量から中等量まであるので、

少量だから大丈夫と高をくくったりせずに

受診しましょう。

 

安静指示や入院管理、子宮収縮抑制薬の

投与などの処置が行われます。

 

また進行流産が原因で出血していることも

ありますが、この場合は出血量が多く、

腹痛を伴うことが多いと言われています。

 

すでに流産が進行しているため、

妊娠の継続は諦めるほかありません。

 

胎盤や組織がすべて排出されたかどうかを

超音波などで検査し、残っている場合は

手術によって除去することになります。

 

※関連記事

稽留流産に兆候はある?手術やその後の妊娠はいつから?

スポンサーリンク

 

妊娠継続が不可能な原因

そのほかの出血原因にも、妊娠継続を

諦めなければならないケースがあります。

 

 

異所性妊娠(子宮外妊娠)

かつては子宮外妊娠と呼ばれていた

子宮膣以外に受精卵が着床することを、現在では

「異所性妊娠(いしょせいにんしん)」

と呼んでいます。

 

子宮膣以外で胎児が成長していくのは

無理なので妊娠継続は諦めるほかありません。

 

出血のほか、下腹部痛の症状があります。

 

妊娠5~6週で胎嚢が確認されるまでは

可能性はゼロではありません。

 

 

胞状奇胎(ほうじょうきたい)

受精卵が着床する時に絨毛細胞だけが

異常増殖を起こした状態で、放置すると

絨毛ガンに移行することもあるため、

ほとんどの場合妊娠継続できません。

 

出血、重すぎるつわりやむくみ、蛋白尿、

高血圧といった妊娠高血圧症候群のような

症状が出ることがあります。

 

最近では、超音波検査でもわかるように

なってきたようです。

 

 

また、子宮頸がんも出血することがあるため

原因として考えられます。

 

がんの進行具合によって

治療方針が決められます。

 

その場合は、十分な説明を受けたうえで

かかりつけ医とよく話し合いましょう。

 

 

心配のない出血もある?

妊娠している場合でも、生理開始予定日ごろに

出血することがあります。

 

これは妊娠月経と言われるもので

心配ありませんが、切迫流産の可能性もあるため、

やはり受診が必要です。

 

また、生理開始予定日の数日から

一週間前の時期での出血は着床出血である

可能性が高いです。

 

着床した時に子宮内膜を傷つけることで

出血がおこりますが、心配のないものです。

 

出血量や色、出血期間は人によって様々。

 

妊娠の可能性がある人は、生理開始予定日の

一週間後に妊娠検査薬でチェックしましょう。

 

※関連記事

 

 

出血が長く続くと危険?

出血が長く続いているからと言って

危険とは限りません。

 

妊娠初期に出血が続き不安な思いで

過ごしていたものの、無事に出産した人も

たくさんいます。

 

まずはかかりつけ医を受診することが

大切で、先述した出血のポイントを確認し、

医師の診断を待ちましょう。

 

診察後の出血状況もきちんとチェックし

気になることがあればすぐに電話でもいいので

病院に連絡してくださいね。

 

心配していることがストレスになることも

あるので、医師の「大丈夫」という言葉を

もらって安心しましょう。

 

 

まとめ

出血が多い妊娠中ですが、とくに初期は

流産など不安なことを考えてしまう時期。

 

不安を取り除くためにネットで検索して

色々と考えてしまう気持ちは分かりますが、

その後はきちんと受診し、信頼できる医師に

「自分の赤ちゃん」を診てもらってください。

 

貴重なマタニティライフを心配しながら

過ごしてばかりということにならないよう、

医師に相談して指示に従いましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ