妊娠悪阻の症状や原因!つわりとの違いや入院治療の方法は?

妊娠悪阻

 

妊娠といえば、つわりがイメージされるほど

ポピュラーな症状となっているため、

”妊娠悪阻(にんしんおそ)”というのは

なかなか聞きなれないかもしれません。

 

「単なるつわりでは?」と考えている人も

いると思うので、妊娠悪阻の原因や

症状を詳しく見ていきたいと思います。

 

またつわりとの違いや、入院治療と

なった場合にどのような処置を

するのかまとめました。

スポンサーリンク

”妊娠悪阻”とは?

つわりといえば妊娠初期に出る症状ですよね。

 

吐き気を催したり、実際に嘔吐したりと

それがきっかけで妊娠に気が付くことも

少なくないかもしれません。

 

症状は人それぞれで、つわりをまったく

経験することなく妊娠を終える人もいます。

 

逆に重症の妊婦さんもいます。

 

つわりがあまりにも悪化すると

妊娠悪阻(にんしんおそ)という病気だと

診断されます。

 

※関連記事

 

 

妊娠悪阻とつわりとの違い

つわりが重症化すると妊娠悪阻となりますが、

つわりと妊娠悪阻とは何が違うのでしょうか。

 

つわりは50~80%妊婦さんに

起こると言われています。

 

妊娠悪阻は1~5%と決して

よくある病気ではないことが分かります。

 

つわりの症状は一過性のものが多く

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 倦怠感
  • 眠気

などが上位を占めています。

 

一方妊娠悪阻の症状は

  • 嘔吐を繰り返す
  • 食事がほとんどできない

こういった状態が一日中続きます。

 

食事だけでなく、水分も受け付けなくなり

脱水症状になる危険があります。

 

つまり、つわりと妊娠悪阻の違いは

簡単に言えば水分、食事ができているか

否かで判断するものと言えます。

 

また尿中にケトン体が確認された場合は

脱水、栄養不足の状態なので妊娠悪阻の

可能性が高いでしょう。

 

ただし自己判断は危険なので、

必ずかかりつけ医に相談してくださいね。

 

 

考えられる症状は?

さきほども触れましたが、妊娠悪阻の症状は

食事はおろか水分すら摂取できない状態。

 

さらに段階的に悪化するものなので

早めの対処が望まれます。

 

 

第1期…軽症期、神経期

  • 常に嘔吐を繰り返す
  • 胃液や血液を吐く
  • 食べ物をほとんど食べられない
  • 口内や皮膚が渇く
  • 尿の量が減る
  • 便秘になる

 

 

第2期…重症、中毒期

  • 体重の減少が進む
  • 尿中のケトン体が増加
  • 血圧が下がる
  • 低たんぱく血症
  • 口臭が強くなる

 

 

第3期…重症期、脳症期

  • 頭痛、めまい
  • 視力障害
  • 昏睡
  • 幻覚

 

第3期にまで至ることは極稀ですが、

母体が危険と判断されると

中絶が考慮されることも。

 

ただ通常ではそこまで悪化する前に

受診すると思うので、第3期に至るまで

悪化することはまずありません。

 

症状に心当たりがあるなら、

つわりだから我慢するしかないと思わず

早めに受診して治療しましょう。

スポンサーリンク

 

妊娠悪阻の原因について

つわりの原因は明らかになっていません。

 

ただ妊娠初期の急激なホルモン環境や

代謝の変化によるストレスなどが

考えられています。

 

妊娠16週頃につわりが治まっていることが

多いため、ホルモンの変化が影響していると

いう説が有力です。

 

 

どんな人がなりやすいの?

原因がまだよく分かっていないため

一概には言えませんが、

なりやすい人の特徴はあります。

 

  • 経産婦よりも初産婦に多い
  • 多胎妊娠だと重くなりやすい
  • 絨毛性疾患がある
  • 前回の妊娠で妊娠悪阻があった

 

もちろん個人差があることなので

一人目は軽かったが二人目が重かった、

多胎妊娠でも軽く済んだ等、

人それぞれです。

 

むやみに心配しすぎるのはよくないので

おかしいと感じた時は医師に

相談してください。

 

 

受診の目安

脱水に注意しなければいけませんが、自分が

脱水状態だとはなかなか気づきません。

 

そこで受診する目安をまとめました。

 

  • 体重が急激に減少
  • 水分、食べ物ともに口にできない
  • 一日に5回以上嘔吐している
  • 尿の量が明らかに減少、出ない
  • 嘔吐物に胆汁や血液が混ざっている
  • めまいや頭痛があり、ふらふらする
  • 日常生活に支障がある

 

上記のうち、ひとつでも当てはまるなら

受診をおすすめします。

 

違っていれば安心できますし、

そうであれば早期に治療が開始できます。

 

 

入院治療の方法

妊娠悪阻は症状のレベルによって

治療法も変わってきます。

 

基本的に重度であれば

入院して治療を行います。

 

なにも口にできない人は点滴で栄養補給し

飢餓状態・脱水状態を改善させます。

 

これは尿中のケトン体が陰性になるまで

続けて行われるようです。

 

薬での治療もありますが、

あまり積極的に行われてはいません。

 

もし嘔吐がひどすぎるなら吐き気止めが

処方されますが、もちろんお腹の赤ちゃんに

影響のないものなので安心です。

 

脱水や嘔吐が落ち着いてくると

少しずつ食事を増やしていきます。

 

入院が必要になるケースは妊婦さんの

1%に満たないほど少ないと言われています。

 

 

まとめ

つわりは人によって様々ですが、

多くの妊婦に起こることから

妊娠悪阻が見過ごされがちです。

 

みんな耐えているんだから…

なんて考えずに辛い時は

遠慮せず受診しましょう。

 

胎児への影響は少ないですが

症状が悪化すると母体が危険に

さらされること、稀に赤ちゃんの

低体重が報告されることがあります。

 

体の中で人を育てているのですから、

それは大変なことです。

 

無理せず相談しましょうね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ