妊婦のインフルエンザ予防接種はいつがいい?何科で受ける?

妊婦 インフルエンザ

 

妊娠中にしてはいけないこと、すべきことは

色々ありすぎて分からなくなりますよね。

 

冬が近づくとそろそろインフルエンザが

流行する時期なので、予防接種について

気になっている人は多いかもしれません。

 

妊婦は体力が低下しやすく

感染症にかかりやすいので注意が必要です。

 

インフルエンザには予防接種がありますが

妊婦は受けてもいいのでしょうか?

 

また、受ける場合の最適な時期や

何科で受ければいいのかをまとめました。

スポンサーリンク

妊婦もインフルエンザ予防接種が受けられる?

実は妊娠中に受ける人が多い

インフルエンザの予防接種。

 

妊婦だから受けることで赤ちゃんに

影響があるのでは?と心配になりますが、

インフルエンザワクチンは

不活化ワクチンなので妊娠中でも

受けることができます。

 

不活化ワクチンは病原性がないため

母体、胎児ともに悪い影響はないと

報告されています。

 

逆に「生ワクチン」は妊娠中に受けることが

できないため、注意が必要。

 

生ワクチンではとくに注意したいのが風疹です。

 

※関連記事

妊婦さんが風疹に感染したらどうなる?予防接種と抗体について

 

風疹は妊娠する前に抗体チェックを行い

十分な抗体がない場合は予防接種を

受けましょうね。

 

インフルエンザの予防接種を受けられない人、

またはその可能性があるのは卵アレルギーや

鶏肉アレルギーのある人です。

 

そういった人は必ず医師に相談しましょう。

 

 

予防接種の最適な時期や科は?

インフルエンザワクチンは

妊娠週数にかかわらず、

いつでも接種できるとされています。

 

とはいうものの、とくに妊娠初期は

色々と気になるもの。

 

また使用されている防腐剤には

水銀を含むものがあるので心配ですよね。

 

かかりつけの医師に相談し、産婦人科で

受けることができるなら安心でしょう。

 

産婦人科以外の内科などで受ける場合も

妊娠していることを伝え、

安全性を確かめておきましょう。

 

授乳中のインフルエンザについては

こちらをご参照ください。

 

※関連記事

授乳中にインフルエンザに罹ったらどうなる?薬は飲んで大丈夫?

 

副作用はある?

ワクチンですから当然なんらかの

副作用は報告されています。

 

 

局所反応

摂取箇所が赤くなったり腫れたり、

痛むことがある。

 

 

全身反応

発熱、悪寒、頭痛、倦怠感、嘔吐など

 

 

この他、ごくまれに

  • ショック
  • アナフィラキシー様症状
  • 急性散在性脊椎炎
  • ギランバレー症候群

などの重大な副反応として報告があります。

 

とはいうものの、インフルエンザワクチンで

副作用が起きる可能性は極めて低い

と言われています。

 

副作用が出ても大抵は軽いもので済み、

症状は通常2~3日で消失します。

スポンサーリンク

 

妊婦がインフルエンザにかかると…

インフルエンザは普通の状態の時に

かかってもかなりしんどいもの。

 

妊娠中はただでさえ抵抗力が弱まり風邪や

感染症にかかりやすい状態と言えます。

 

そんな妊婦がインフルエンザにかかると

重症化するリスクが高くなり、最悪の場合

命を落とすケースもあると言われています。

 

インフルエンザの症状と言えば

  • 38度以上の高熱
  • 頭痛
  • 関節痛
  • 倦怠感

がありますが妊婦の場合、上記に肺炎などの

合併症を引き起こしやすいことが

分かっています。

 

 

また妊娠週数が進むにつれ、

より重症化しやすいと報告されており

WHOでは妊娠28週以降の妊婦は

とくに重症化の危険が高いとしています。

 

さらに「妊婦はそうでない一般集団より

集中治療室を必要とする確率が10倍高い」

といった声明も発表しています。

 

このことからも、妊婦はインフルエンザの

予防接種が推奨されているのです。

 

 

インフルエンザにかかった時は

インフルエンザかもしれないと思った時は

かかりつけの産婦人科ではなく、

一般の病院に連絡し、早急に受診しましょう。

 

産婦人科に行ってしまうとほかの妊婦さんを

感染させてしまう可能性があるのでNGです。

 

ただし出血がある、破水、陣痛などが

起こっている場合は産婦人科に連絡の上、

指示に従います。

 

いずれにしても、感染を拡大させないよう

マスクを着用して受診しましょう。

 

 

予防接種プラスの予防法は?

インフルエンザの予防接種を

受けたからと言って絶対にかからないという

わけではありません。

 

もしかかったとしても軽度で済むことが

多いと言われています。

 

予防接種のほかに感染を予防する方法として、

  • 手洗い
  • うがい
  • 人ごみを避ける
  • 休養、睡眠をしっかりとる
  • 栄養バランスのとれた食事

これら基本的な対策を心がけましょう。

 

日頃から手洗いやうがいなどを

実施しておけば、インフルエンザだけでなく

風邪やほかの感染症の予防にもなります。

 

またインフルエンザ疑惑がある時は

外出を自粛する、咳エチケットとして

マスク着用を徹底してください。

 

 

最後に…

妊娠中は思っているよりも抵抗力は弱まり

感染しやすい状態になっています。

 

インフルエンザに感染すると

重症化する可能性が高いため、

予防接種が推奨されています。

 

予防接種は副作用、赤ちゃんへの影響など

心配な面も多いのが実情ですが

しっかりと医師の説明を聞き、

納得して受けるようにしましょう。

 

また妊娠中にインフルエンザの予防接種を

受けておくと生まれた赤ちゃんにも

予防の効果があることが分かっています。

 

生後6ヶ月未満の赤ちゃんへは

インフルエンザ予防接種が

できないことから、この効果が本当なら

生まれてしばらくの間は安心ですね。

 

妊婦の方で予防接種を悩んでいる人は

一度医師に相談してみてください。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ