ねんねトレーニング開始時期は?体験談を元にやり方をまとめてみた

ねんねトレーニング開始

 

寝かしつけがどんどん辛くなってきて、

精神的に限界が近づくと考え始める

ねんねトレーニング。

 

睡眠不足のせいでいろんなことにイライラ

してしまい、自己嫌悪に陥っている人も

多いのではないでしょうか?

 

そんな限界を感じている人は、

赤ちゃんの睡眠の質をあげるためにも

ねんねトレーニングを始めることも

視野に入れてみましょう。

 

そうは言っても、いつから始めるのが

ベストなのでしょうか。

 

ねんねトレーニングに関する多くの書籍が

ありますが、今回は体験談を元に

やり方をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

ねんねトレーニング開始の時期とは?

ねんねトレーニングは、赤ちゃんとママの

睡眠不足解消や赤ちゃんがひとりで

眠ることによって良い睡眠をとれるよう

トレーニングすることです。

 

※関連記事

ねんねトレーニングは赤ちゃんに必要?

メリットとデメリットまとめ

 

始める時期としては、多くの書籍や

経験談から生後6ヶ月以上であることが

推奨されています。

 

また離乳食が進んでいると、

夜間に授乳しなくても十分に

栄養が取れていると判断できます。

 

したがって、離乳食が進んでいる

生後6ヶ月が開始に最適な時期

考えられます。

 

他には、赤ちゃんやママの体調が良いとき、

連休などパパがいてくれるときが良いでしょう。

 

 

ねんねトレーニングの準備

開始するのにそろそろ良い時期かなと

思ったら、準備をしましょう。

 

急にトレーニングを始めることは危険です。

 

赤ちゃんもびっくりして成功する確率が

下がってしまいかねません。

 

まず、生活リズムを整えていくことから始めます。

 

  • 朝の起床時間
  • ご飯の時間
  • 授乳の時間
  • お昼寝の時間
  • お風呂の時間
  • 寝る時間

 

きっちりしていなくても大体で構いません。

 

夜寝る時間はその時間に

寝なくても、寝かしつけを始める時間と

とらえても結構です。

 

このリズムを整えてから

ねんねトレーニングを開始します。

スポンサーリンク

 

入眠儀式を考える

添い乳しながら寝かしつけを

している人は多いと思います。

 

それと同時に、おっぱいなしでは

寝られないという現状に悩んでいる人も

多いでしょう。

 

ねんねトレーニングをきっかけに

添い乳を卒業しましょう。

 

※関連記事

寝かしつけにおしゃぶりや授乳は

やめた方が良い?イライラの対処法

 

その代わりに、寝かせる前には

スキンシップをとり、毎日できる何かを考えます。

 

多くの人は「絵本の読み聞かせ

をしているようです。

 

※関連記事

絵本の読み聞かせはいつから始める?

おすすめをランキングで紹介

 

毎日、1冊の絵本を読んでから

寝るという流れを作り、入眠儀式とします。

 

泣かせるトレーニングか、

泣かせないトレーニングか。

 

ねんねトレーニングには大きく分けて

2種類の方法があります。

 

 

1、泣かせるネントレ

入眠儀式の後、部屋を暗くして「おやすみ」

と言ってママは赤ちゃんを残して部屋を出ます。

 

当然残された赤ちゃんは泣きますが、

数分間は我慢して泣かせ、時間がきたら

部屋へ行ってあやします。

 

この時、抱き上げたりおっぱいを

あげたりせず、やさしく語りかけながら

トントンしてあげます。

 

これも数分だけで時間がきたら

また部屋を出ます。

 

「部屋を出る、あやす」を間隔をあけながら

寝るまで繰り返します。

 

赤ちゃんの多くはかなり泣くようで、

相当強い覚悟がないママでないと

挫折してしまうとか。

 

泣かせっぱなしにすることに罪悪感を持ち、

サイレントベビーになってしまうのでは

ないかといった不安も出てきます。

 

※関連記事

サイレントベビーの特徴や自閉症との

関連は?成長するとどうなる?

 

サイレントベビーは極端ですが、

少しでも気持ちが揺らぐのならおすすめしません。

 

 

2、泣かせないネントレ

入眠儀式の後、部屋を暗くして添い寝します。

 

同じ部屋にいるので、そこまで激しく

泣くことはないですが、添い乳でないことに

赤ちゃんは困惑するかもしれません。

 

時には寝たふりなどで赤ちゃんに

「寝る時間」ということを分かってもらいます。

 

わが家はネントレしませんでしたが、

寝るときはこちらのスタイルです。

 

添い乳は元々していなかったのと、

抱っこで寝るのを嫌がるようになり、

自然とこのスタイルになりました。

 

 

体験した人は?

体験した人の多くは、先程紹介した

「泣かせるネントレ」で実践し、

成功した人がたくさんいます。

 

それでも、やはり泣かれ方が

激しすぎて挫折した人も多くいます。

 

泣かせる方は本当に苛酷なトレーニングかも

しれませんが、赤ちゃんとママ

双方にとって良い方向へ向かうことを

願ってやりきるしかありません。

 

本格的にやりたいと考える人は、ネントレの

本を読むことをおすすめしますが、

くれぐれも赤ちゃんの状態に

合わせた方法でやってあげてくださいね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ