無痛分娩とは何?計画通りにいかないと痛いこともある?

無痛分娩

 

医療の発達により、昔とは違って

お産のスタイルは様々になり、ある程度

自分で選択できるようになっています。

 

出産の痛みについては、初産なら

想像できない恐ろしさがあり、

経産婦に至っては二度と経験したくない

というほど壮絶ですよね。

 

「無痛分娩」という言葉を

聞いたことがあるでしょうか?

 

お産スタイルの中でも、分娩時の痛みを

緩和する無痛分娩が気になります。

 

そこで今回、無痛分娩とはどういうものか

また計画通りにいかない場合は痛いのか

ということについてもまとめました。

スポンサーリンク

無痛分娩とはどういうもの?

無痛分娩は麻酔を使って

陣痛の痛みを緩和させながら行うお産です。

 

欧米ではポピュラーな分娩方法ですが、

日本ではそれほど知られておらず、

高度な技術が要求されることもあって

対応できる医療機関は少ないと

言われています。

 

また、日本では「お腹を痛めて」産むことが

自然なことだと過剰に思われがちな部分が

あるため、なかなか普及しないといった

要因もあるかもしれませんね。

 

陣痛は、初めのうちは下腹部から

腰のあたりに生理痛のような痛みを感じ、

子宮口が開いてくると痛みは急に強くなり

痛みの範囲も広くなります。

 

無痛分娩には、脊髄の近くに管を入れて

麻酔をかける硬膜外麻酔と、静脈から

点滴により麻酔薬を投入する点滴麻酔の

二つのやり方があります。

 

どちらも鎮痛作用はあるものの、

意識はしっかりしているのでいきむことが

でき、赤ちゃんが生まれる瞬間も

覚えています。

 

硬膜外麻酔の方は母体や赤ちゃんへの

影響がほとんどないと言われているため、

欧米などでは一般的です。

 

 

計画通りにいかないと痛い?

無痛分娩を選択しても

痛みを感じたという人も中にはいます。

 

”無痛”というだけに痛みが全くないと

思われがちですが、痛みが緩和される程度で

我慢できる痛みと感じる人が多いようです。

 

無痛分娩を安全に行うためには

人手が必要で、計画的に麻酔を行う

計画無痛分娩を原則としている

病院がほとんどです。

 

しかし、計画分娩の日程前に陣痛が

始まってしまった場合などは、無痛分娩の

対応ができないこともあると言います。

 

また、麻酔投薬のタイミングによっては

痛みを感じてしまうこともあります。

 

痛みは人によって感じ方が違うため、

「無痛なのにかなり痛かった」

「全く痛みを感じなかった」など両極端な

感想が存在することも考えられます。

スポンサーリンク

 

無痛分娩のメリット

無痛分娩にはどんなメリットがあるのか

下記にまとめました。

 

  • 痛みが少ない(ない)
  • 疲労感が少ないため回復も早い
  • 落ち着いて出産に臨める
  • 出産で体力を消耗しないため赤ちゃんのお世話がスムーズに進められる

 

 

無痛分娩のリスクは?

メリットとは逆にリスクもあります。

 

麻酔のせいでいきむタイミングが

分からないので助産師の指示でいきみますが

分娩に時間がかかってしまうことも。

 

また、陣痛が弱まって吸引分娩をすることに

なると赤ちゃんに負担がかかります。

 

さらに、麻酔の量が通常よりも多い場合は

生まれた赤ちゃんが音や光に反応しにくいと

いう報告もあるようですが、これについては

問題ではないと考えられています。

 

 

まとめ

無痛分娩を行っている病院は、現在のところ

あまり多くはないようです。

 

また、費用は病院によって違いますが

通常より5~20万近く高くなるので

そのあたりも事前にしっかりと

確認しておく必要があります。

 

痛みに対して恐怖心がある人や、

上の子や家族の関係で相応しいと思う人、

安心して出産に臨みたいという人などは

無痛分娩を考えてみてはいかがでしょうか?

 

その際は、担当医に詳しく説明してもらい

メリットやリスクをしっかり把握したうえで

選択してくださいね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ