沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ

沐浴

 

産院では看護士さんが

お世話してくれていた沐浴。

 

退院して自宅や実家に戻ると、

いよいよ自分たちで沐浴させなければ

なりません。

 

まだ生まれたての赤ちゃんは柔らかく、

壊れそうで緊張しますが、途中であたふた

しないためにも手順はしっかり把握して

おきたいところです。

 

また沐浴のタイミングや期間はいつまでか、

洗面台での沐浴は可能か、ベビーバスを

用意しないといけないのかなど、

気になることはたくさんあります。

 

今回、沐浴の期間やタイミング、

沐浴を行う場所についてまとめました。

スポンサーリンク

 

沐浴の期間はいつからいつまで?

沐浴とは、体を水やお湯で洗って

清めることです。

 

生まれて間もない赤ちゃんは、

抵抗力が弱く細菌に感染する危険があり、

大人と同じお風呂には入れないので

ベビーバスなどで沐浴をします。

 

小さくてふにゃふにゃの赤ちゃんを

沐浴させることは、育児初心者の

パパママならだれでも怖いと

感じると思います。

 

溺れさせるようなことがあったら…

石鹸が目に入ったら…お湯を飲んで

しまったら…など心配は尽きませんよね。

 

しかし、毎日沐浴させていくうちに

徐々に慣れてきますので

安心してください。

 

赤ちゃんの沐浴は生後一ヶ月くらい

までが一般的で、一ヶ月を過ぎると

大人と同じお風呂に入れて

あげることが可能です。

 

一ヶ月健診の際に先生から

お風呂OKの診断が出れば、

その日からお風呂デビューで

沐浴は卒業となります。

 

 

沐浴のタイミングは?

一日のうち、沐浴させるには

どのタイミングがベストなのでしょうか。

 

  • 夏は暑い時間を避け、冬は寒い時間を避ける
  • 毎日同じ時間に入れる

 

このようなことを聞いたことがあると

思いますが、あまり神経質に

なる必要はありません。

 

避けるべきタイミングは、

 

  • 満腹時(授乳後30分以内)
  • 空腹時
  • 眠いとき

 

この三つくらいなので、あとはパパママの

タイミングで入れてあげるとよいでしょう。

スポンサーリンク

 

沐浴の手順について

両親学級や産院でも教えてもらえますが、

沐浴の手順をおさらいしておきましょう。

 

準備するもの

  • ベビーバス(洗面台やキッチンのシンクでもOK)
  • 洗面器
  • ベビー石鹸
  • ガーゼハンカチ
  • 沐浴布(大き目のガーゼでもOK)
  • バスタオル
  • 着替え
  • オムツ
  • お手入れセット(臍の消毒、綿棒、保湿剤など)

 

手順

1、着替えは袖を通してすぐに

着られるようにセットしておく

 

2、ベビーバスや洗面台はきちんと洗って

きれいにし、38~40度のお湯をはる

 

3、赤ちゃんのお腹に沐浴布をかけて

安心させてあげ、首を支えて

足の方からゆっくりとお湯につける

 

4、ガーゼハンカチを濡らして

やさしく顔を拭く

 

※目は左右でガーゼを使う面を変え、

鼻や口周りも同様に拭く。

こすりすぎないように注意。

 

5、手に石鹸をつけて泡立て、頭を洗う

 

※赤ちゃんの頭は皮脂の分泌が多いので、

優しくかつ念入りに洗う。

すすぎの時は顔にお湯が

かからないように注意する。

 

6、体を洗う

まずあおむけの状態で首、脇の下、

お腹、手、股、足と洗っていく。

すすぎ後、赤ちゃんの脇を支え、

腕に胸が乗る状態にひっくり返して

背中、お尻を洗う。

 

※曲げ伸ばし部分や、しわになっている

部位は汚れが溜まりやすいので念入りに。

 

7、全部を洗い終えたら

かかり湯をして終了

 

※赤ちゃんが疲れてしまうので、

この工程までを5分ほどで済ませましょう。

 

8、バスタオルでくるんで着替えがある

場所へ移動し、服を着せる

 

※身体をしっかり拭いてから、

オムツをつけて服を着せる。

 

9、各お手入れ、水分補給をして完了

 

 

このように手順を紹介しましたが、

この通りにする必要はありません。

 

パパママのやりやすいやり方で

赤ちゃんの身体をきれいにして

あげることが大切です。

 

 

沐浴は洗面台?ベビーバス?

沐浴の期間が1ヶ月ほどなので、

わざわざベビーバスを購入するのは

どうかな?と思っている人も

少なくないでしょう。

 

また、洗面台が広めなので沐浴に

使用できるかどうかも気になりますよね。

 

 

ベビーバスのメリット

ベビーバスはけっこう大きいこともあり

場所を取って邪魔になるので

要らないという考え方もあります。

 

しかし、ベビーバスはわりと便利です。

 

沐浴の期間が終わったとしても、お風呂に

毎日入れるのは大変な時もあります。

 

そんな時は、まだ子供が小さいうちなら

ベビーバスを使っての沐浴で

済ませることができます。

 

また、水遊びができるようになったら

プールとして使用することもできます。

 

※関連記事

赤ちゃんの水遊びはいつから?服装や水温は?お風呂で代用可能?

 

場所を取るのが嫌なら、空気で膨らませる

タイプのものもありますよ。

 

 

洗面台で沐浴?

洗面台で沐浴させることに

違和感を抱く人も多いと思います。

 

手や顔を洗ったり、口をゆすいだり、

雑巾を洗ったりする場所ですもんね。

 

人によっては、そんな場所で

沐浴させるなんてと感じることも。

 

毎日きれいに洗って清潔にしていると

気にならない人もいます。

 

洗面台は広くてシャワーもついているので

沐浴に適していると言えます。

 

気になる人は洗面台にセットできるシートに

お湯を張る形にすると衛生的にも

安心でしょう。

 

 

最後に…

育児は各家庭で工夫して行うもの。

 

自分の家に合った沐浴の仕方を

模索して見つけましょう。

 

あっという間に終わってしまう

短い沐浴ライフを楽しんでくださいね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ