ミルクを吐くのは飲みすぎのせい?血が混じったり噴水状は怖い?

ミルク飲み過ぎ

 

赤ちゃんって思ったよりも母乳や

ミルクを吐いてしまいますよね。

 

初めて見たママはびっくりすることも

あるかもしれません。

 

母乳やミルクを吐く原因は、

飲みすぎ以外にあるのでしょうか?

 

また、いつでも大丈夫と思わずに

しっかり確認して、危険なサインを

見逃さないようにしましょう。

 

今回、母乳やミルクの吐き戻しに

ついてまとめました。

スポンサーリンク

 

母乳やミルクを吐くのはなぜ?

大人にとって「吐く」という行為は

かなり体力を使うもので、

辛いときに吐くというイメージがあります。

 

そのイメージから、赤ちゃんが吐くと

心配になるのが普通です。

 

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんは

体が未熟な部分があり、胃の形が

とっくり型と言われるまっすぐな形を

しているので吐き戻ししやすいのです。

 

吐いてしまう原因について

チェックしてみましょう。

 

 

母乳、ミルクの飲みすぎ

胃の許容量をオーバーしてしまったら、

大人でも吐くことがありますよね。

 

ゲップが出ていない

ゲップを出してあげないと空気と

一緒に母乳やミルクが逆流し

吐いてしまいます。

 

しかし、ゲップと一緒に

吐いてしまうこともあります。

 

飲んだ後に体勢を動かす

飲んだ直後は姿勢が安定せずに

動かしすぎると吐くことがあります。

 

病気によるもの

怖いのは病気によるものですよね。

 

後ほど詳しく説明しますので、

最悪病気が原因の場合もあると

覚えておきましょう。

 

 

このように、赤ちゃんの月齢が低いほど

吐き戻しが多くなるので、

心配しすぎる必要はありません。

スポンサーリンク

 

噴水状に吐いてしまったら

赤ちゃんがよく吐くことは分かりましたが、

もし大量に噴水のように吐いてしまった

場合はどうすればいいのでしょうか?

 

考えられるのは

幽門狭窄症(ゆうもんきょうさくしょう)

という病気の可能性です。

 

胃から十二指腸に繋がる部分に

幽門があり、ここが狭くなっていると

母乳やミルクの通りが悪くなり、

噴水のように吐きます。

 

原因はまだ分かっていませんが、

早めに受診して適切なケアを

受けることで良くなります。

 

噴水状に吐いた場合は、できるだけ早く

小児科を受診しましょう。

 

 

血が混じっていたら?

幽門狭窄症がひどくなると

吐いた物に血が混じることもあります。

 

また、我が子が茶色い血混じりの

ミルクを吐いたときは器官のどこかが

傷ついたのでは、という診断でした。

 

毎回こんな吐しゃ物でなければ

心配いらないと言われました。

 

とにかく血が混じっていたら

ママならみんなびっくりしますよね。

 

そんな時は、自分で判断せずに

吐しゃ物を持って小児科に行きましょう。

 

何もないならないで安心することが

できるので、家で悶々と

悩まなくて済みますよ。

 

 

注意点

いくら「赤ちゃんは吐くもの」と言っても、

体重が増えていない場合は注意が必要です。

 

新生児のうちは1日25~30gの増加が

望ましいとされていますので、増えない

という人は相談してみるといいでしょう。

 

また、おしっこやウンチが出ていない

といった場合も病院へ行きましょう。

 

吐いた母乳やミルクで口元が荒れてしまう

ことがあるので、ガーゼを濡らして

優しく拭いてあげてくださいね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ