ミルクの調乳方法まとめ!作り置きってどれくらいもつの?

ミルク 調乳方法

 

ミルク育児をしている人は、赤ちゃんが

少しでも美味しいと感じるミルクを

作ってあげたいですよね。

 

ミルクの調乳方法はパッケージに

説明書きがありますが、多忙なママは

時短のために便利な方法があれば

習得しておきたいところです。

 

また、ミルクを作り置きする場合、

どれくらいもつのか気になります。

 

そこで今回、ミルクの調乳方法

についてまとめました。

 

完全母乳よりも手間がかかる

と思いがちなミルク育児、

少しでも楽したいという人は必見です!

スポンサーリンク

 

ミルクの調乳方法まとめ

混合育児の人は先に母乳をあげてから

ミルクを作って飲ませます。

 

哺乳瓶はしっかり洗浄し、

消毒したものを使用します。

 

哺乳瓶の洗浄方法については、

哺乳瓶の洗い方まとめ!消毒は

いつまで必要?レンジでもできる?

を参考にしてくださいね。

 

さっそくミルクの調乳の手順を

みていきましょう。

 

準備するもの

  • 消毒済み哺乳瓶
  • 粉ミルク
  • 70度以上のお湯
    (一度沸騰させたもの)

 

調乳方法

1、調乳するにあたり、手をきれいに洗い

清潔な場所で行うようにします

 

2、哺乳瓶に粉ミルクを入れます

 

3、缶の粉ミルクの場合、計量スプーンが

付いているので必要量のミルクをすり切り、哺乳瓶へ

 

4、一度沸騰させて70度以上に

保たれているお湯をでき上がり量の2/3くらいまで入れます

 

5、哺乳瓶に乳首とキャップを取り付け、

小刻みに振って溶かします

 

6、溶けたらでき上がり量までお湯を足し、

溶け残りがないようさらに振ります

 

7、哺乳瓶を流水にあてて

人肌温度まで冷まします

 

※この時、哺乳瓶は冷めていても

中のミルクはまだ熱いことが

あるため、温度は必ずミルクを手首に

垂らして確認するようにしましょう

スポンサーリンク

 

なぜお湯は70度以上なの?

以前は、40~50度のお湯と言われていました。

 

しかし、万が一菌が混入してしまっても

殺菌できるようにと、70℃以上の調乳の

ガイドラインが、WHO(世界保健機関)

により新しく作成されました。

 

 

 

時短のための調乳方法とは?

お腹を空かせて泣いている赤ちゃんを

待たせるのはかわいそうですよね。

 

特に夜中のミルクは、ママ自身が

寝ぼけていることも多く、長い手順では

余計に時間がかかってしまうことも。

 

どうにか時間の短縮ができないものか

考えてみました。

 

 

夜中分のミルクは、事前に計量し哺乳瓶に

夜中のミルクで一番多い悩みは、

スプーン何杯入れたか分からなくなる

というものです。

 

しっかり数えているつもりでも、

寝起きは頭が働かないので

あやふやになってしまいます。

 

ですので、寝る前に必要量をセットして

おくと間違いようがありませんね。

 

調乳ポットを利用する

赤ちゃんグッズコーナーなどに

売られている調乳ポットは、

沸騰したお湯を入れると70度に

保ってくれるという優れものです。

 

わざわざお湯を沸かしていたら

時間がもったいないですよね。

 

冷やす際に氷水を使用する

氷を入れた小さめのボウルを

冷凍庫に用意しておけば、哺乳瓶を

冷ますのに時間が短縮されます。

 

ボウルに水を入れて哺乳瓶を浸けると

流水で冷ますよりも早い時間で冷めるでしょう。

 

しかし、冷たくなりすぎる危険が

あるのでしっかり確認してくださいね。

 

 

以上のような工夫をすると

だいぶ時短になるのではないでしょうか。

 

ちなみに我が家の場合は、お湯と

湯冷ましを半分で割っていたので

かなり時間短縮になりました。

 

ただ、この方法はガイドラインから

外れたやり方なのでマネしないようにしてください。

 

 

作り置きミルクはどのくらいもつ?

どうせ飲ませるのだから、赤ちゃんが

泣いてから焦るよりも事前に作っておきたい…

 

そんな風に考える人は決して少なくないはずです。

 

私も、作っておいて飲ませる前に

湯煎すればよいのでは…と思っていました。

 

しかし、ミルクの作り置きは禁じられています。

 

なぜなら栄養豊富なミルクに雑菌が繁殖するからです。

 

雑菌にとって栄養がたくさんあって

温かいミルクは増殖するのに

ベストスポットなのです。

 

最長でも調乳後2時間を過ぎたものは、

もったいないと思うかもしれませんが捨てましょう。

 

菌に免疫がない赤ちゃんを守るためです。

 

さすがにズボラ育児の私でも、その話を

聞くと作り置きはできませんでした。

 

 

最後に…

赤ちゃんの健康のために、

清潔で素早く美味しいミルクが

できるように工夫しましょう。

 

やっていくうちに自分なりのスタイルが

見つかるはずです。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ