マタニティブルーはいつまで続く?産後うつとの違いを比較した

マタニティーブルー

 

待ちに待った赤ちゃんが生まれて

幸せなはずなのに、なぜか気分が

沈んでしまう…

 

わけもなく涙が出たり漠然とした不安に

取りつかれたりと、このような経験を

した人や今現在もしている人がいると思います。

 

これはマタニティブルーと言って、

出産後の多くの人が経験するものです。

 

得体のしれない不安定な気持ちに、

いったいいつまで続くのかと

気になっている人も少なくないでしょう。

 

そこで今回、マタニティブルーが

いつまで続くのか、よく聞く「産後うつ」

との違いについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

 

マタニティブルーはいつまで続く?

10ヶ月もの間、会いたかった赤ちゃんと

やっと対面でき、出産という大仕事を

無事に終えてうれしい気持ちのはずなのに、

突然悲しい気持ちになったり涙が出たり。

 

出産したら授乳やおむつ替え、

夜泣きに悩まされることで、

眠れないつらさはあるだろうと

予想していた人は多いと思います。

 

もちろんそのつらさはあるのですが、

産後しばらくは原因不明の情緒不安定である

マタニティブルーに悩まされる人が少なくありません。

 

原因不明というのは本人にとって

だけであって、実際は以下のような

原因が考えられます。

 

ホルモンバランスの乱れ

出産をきっかけに女性ホルモンの

分泌が激減することでバランスが崩れます。

 

自律神経が乱れて感情に

影響すると考えられます。

 

 

出産による疲労

何時間も続く陣痛を乗り越え、

出産を果たした体は思っている以上に

疲労がたまっています。

 

妊娠中から幾度の体調の変化や、

赤ちゃんを守ることに神経を使ってきて、

ただでさえ気持ちが疲れていますよね。

 

さらに、睡眠不足や慣れない育児の疲れ

常に赤ちゃんの命を預かっているという

責任感、人によっては日中ひとりで

育児をしなければならない不安なども原因のひとつです。

 

 

このように、出産後に情緒不安定に

なるのは当然と言えば当然のことなのです。

 

あなただけではありませんし、

異常でも何でもありません。

 

私も産後2日目に急に心細い

気持ちになり、訳もなく涙が溢れました。

 

マタニティブルーは産後2~3日から

長くても10日ほどで元に戻ります。

 

本当に一時的なものなので、

必要以上に不安に感じることはありません。

 

とは言っても、どんどん落ち込んでしまって

育児ノイローゼにならないよう、

抱え込まないことが大切です。

 

出産したからといってすぐに母親に

なれるわけではなく、出産して初めて

母親としての一歩を踏み出すものですよね。

 

赤ちゃんのお世話なんてうまくできなくて

当たり前、もちろん赤ちゃんは十人十色

なので経産婦の方もプレッシャーに感じることはありません。

 

旦那さんや家族など周りの人に

協力してもらいましょう。

 

大人は自分の食事くらいどうにでも

なりますし、家事なんてしなくても

誰も死にはしないのです。

 

赤ちゃんのお世話は、どうしてもママしか

できない授乳以外は分担するようにしましょう。

 

特に旦那さんに理解してもらうことは

なかなか難しいことかもしれませんが、

ママが倒れてしまってからでは

遅いということを分かってもらいましょう。

スポンサーリンク

 

産後うつとの違いってなに?

マタニティブルーは一過性の生理的なもの

に対し、‟産後うつ”はれっきとした病気です。

 

症状に似ているところがある

この二つの状態を比較してみましょう。

 

 

始まり・期間・症状

・マタニティブルー

産後2~3日ごろから 始まり、

10日前後続く。症状は情緒不安定。

 

 

・産後うつ

産後2~3週間 ごろから始まり、

数ヶ月~数年続くことも。

 

症状は情緒不安定、頭痛、食欲不振など。

 

 

マタニティブルーが2週間経っても

改善しない場合は産後うつの

可能性があります。

 

産後うつは、責任感が強い人や

完璧主義者に多いという意見もありますが、

必ずしもそうではないと思います。

 

「自分は大丈夫」と過信することなく、

おかしいと思ったらすぐに

病院を受診してください。

 

できれば妊娠中から旦那さんや

家族の人に、産後うつについて

知っておいてもらう方がいいでしょう。

 

完璧な母親なんてこの世にいませんし、

母乳でもミルクでも赤ちゃんはしっかりと育ちます。

 

ママが笑顔でいることが最高の育児に

なるのかもしれませんね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ