マタニティブルーは妊娠中でも起こる!症状や対策はある?

マタニティブルー

 

マタニティブルーは産後に起きるという

イメージがありますが、実は妊娠中にも

起こりえる症状です。

 

妊娠すると体の変化だけでなく、

気分が落ち込んだりイライラしたりと

気持ちの面でも変化が起こりやすいです。

 

気持ちの落ち込みが続く場合、

マタニティブルーの可能性があります。

 

そこで今回、マタニティブルーの症状や

対策などをまとめてみました。

スポンサーリンク

マタニティブルーは妊娠中にも起こる

マタニティブルーは産後うつと同様に

出産してから起こると思いがちですが、

実は妊娠中にも起こります。

 

妊娠中はとくに妊娠初期と妊娠後期に

起こる可能性が高いです。

 

妊娠中にマタニティブルーを経験した人は

出産後は改善されると思いがち。

 

しかし産後1ヶ月の間に起こることも

多いため油断は禁物です。

 

マタニティブルーはうつ病とまではいかない

一歩手前くらいの状態ですが、

甘く見ていると悪化し大変な事態に

発展することもあります。

 

※関連記事

マタニティブルーはいつまで続く?産後うつとの違いを比較した

 

 

マタニティブルーの症状は?

マタニティブルーの症状は、人によって違い

様々な症状があります。

 

  • 気分が落ち込む
  • マイナス思考になる
  • 不安や緊張を感じる
  • 訳もなく泣きたくなる
  • 涙もろくなる
  • 焦燥感に駆られる
  • 何もする気が起きない
  • 食欲がない/過食ぎみになる
  • 落ち着きがない
  • 集中できない
  • イライラする
  • 眠れない/寝過ぎる

 

このようにマタニティブルーになると

情緒が安定しません。

 

些細なことで怒ったり、イライラしたり

特別な理由もなく突然涙があふれることも。

 

なんでもマイナスに捉えることで不安や

落ち込むこともあります。

 

これらすべてに当てはまらなくても、

いくつか心当たりがあるとすれば

マタニティブルーの可能性が

高いと言えるでしょう。

 

 

マタニティブルーの原因

マタニティブルーの原因は

ホルモンバランスの変化と考えられています。

 

妊娠中は妊娠を継続させるためのホルモンや

骨盤を緩めるもの、母乳のためのものなど

様々なホルモンが大量に分泌されます。

 

ホルモンのほかに出産への不安や

経済的な不安、家事が思うようにできない、

周りからのプレッシャーを感じることも

原因のひとつ。

 

さらに妊娠したことで

  • 大好きなコーヒーや紅茶、お酒を我慢しなければならない
  • バランスのとれた和食中心の食事を心がける
  • 体重管理
  • 口にするものに気を遣う
  • スポーツの制限
  • お腹が大きくなるとできないことが増える

などの色々な行動を制限されるのも

ストレスが増える原因になります。

 

※関連記事

妊娠中カフェインを取りすぎるとどうなる?なぜ控えるべきなの?

 

また産後については、体力が回復しないまま

育児がスタートすることに加え、

  • 子どもをかわいいと思わなくてはならない
  • 母親だからできないはずがない
  • 母乳で育てなければならない

というような強迫観念におそわれて

うつの症状が悪化していくこともあります。

 

こういったこともマタニティブルーの

原因といえるのです。

スポンサーリンク

 

二人目妊娠中でも起こるの?

初めての妊娠、出産といえば不安のせいで

マタニティブルーになりやすいと分かります。

 

しかし、意外に多いのが

二人目妊娠中のマタニティブルー。

 

一度経験しているので不安はないのでは?と

思いがちですが、二人目ならではの原因が

考えられます。

 

 

上の子の相手ができない

激しいつわりに苦しんでいる場合や

お腹が出てきて抱っこが難しい場合など、

上の子の欲求を満たせないことに

罪悪感を抱いてしまいます。

 

上の子の年齢が低いとなおさら、

思いっきり相手をしてあげられない状況に

悲しくなります。

 

 

上の子の赤ちゃん返りやイヤイヤ期

上の子の年齢にもよりますが、イヤイヤ期や

赤ちゃん返りしてしまった時など妊娠中は

しんどいものです。

 

イライラしてしまっても仕方がないです。

 

※関連記事

 

 

育児、家事、仕事、妊娠の両立

兼業ママにとっては妊娠したことで

体の負担が増えたと感じることもあります。

 

妊娠中は体力も落ちるのでいつも通りに

こなせないことがストレスと感じることも。

 

 

加齢によるあれこれ

一人目妊娠時からいくつか年齢を

重ねているため、加齢による

しんどさがあります。

 

高齢出産と言われる年齢の人は様々な

リスクに対して不安を感じたり、

産後も体力が落ちているため、一人目の時と

同じように対応できるか心配になるでしょう。

 

※関連記事

高齢出産のリスクまとめ!経産婦でも同じ?発達障害の発症率は?

 

 

まだまだいろいろな原因はあると思いますが

二人目には二人目なりのマタニティブルーの

原因があるということですね。

 

 

マタニティブルー対策は?

マタニティブルーかも…と思ったら

その時点で対策することで悪化を防げます。

 

 

休息をとる

体が疲れている時は休みましょう。

 

もちろん仕事も大切ですが、

お腹の赤ちゃんのママはあなたしかいません。

 

無理をせずに代わって

もらえる部分は甘えましょう。

 

 

何でも話せる人に話す

旦那さんでも実母でも友達でもママ友でも

何でも話せる人がいるなら話してみましょう。

 

健診時に医師や助産師さんに

不安を打ち明けるのもいいでしょう。

 

 

ストレスは避ける

ストレスを感じることはできるだけ避けます。

 

 

自分がリラックスできる時間を持つ

旦那さんや家族の協力を得て、自分が一番

リラックスできる時間を作りましょう。

 

外に出掛けるのも家に引きこもるのも良し、

好きなことに没頭するのもいいでしょう。

 

 

マタニティブルーは我慢する必要は

まったくありません。

 

自分が窮屈だと感じているなら

それはストレスなので逃げちゃいましょう。

 

 

まとめ

妊娠中、産後にも起きるマタニティブルー。

 

ストレスや不安などできるだけ取り除き、

周りの人にどんどん相談して

ひとりで悩まないようにしましょう!

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ