高齢出産のリスクまとめ!経産婦でも同じ?発達障害の発症率は?

高齢出産 リスク

 

最近では晩婚化がすすみ、

それによって高齢での妊娠出産も

増えていますよね。

 

世間では高齢出産はリスクが伴うと

言われています。

 

おもに、ダウン症や発達障害の発症率が

高くなるのですが、他にも

気を付けるべきリスクが多々あるので

注意が必要です。

 

これから出産を控えている人、

妊娠を希望している人は特に、

リスクを知っておくべきでしょう。

 

また経産婦の場合も高齢出産の

リスクは同じなのか気になります。

 

今回、高齢出産のリスク

についてまとめました。

スポンサーリンク

 

高齢出産とは?

高齢出産は、女性が35歳以上で

出産することを言います。

 

近年、女性の社会的地位が確立されつつあり

妊娠、出産の年齢が上がってきています。

 

1993年より前は30歳以上が

高齢出産という定義でしたが、

35歳に引き上げられました。

 

有名人でも40代での出産が

目立つようになり、高齢出産の

リスクについて気になっている人も

多いでしょう。

 

 

高齢出産のリスク

流産、早産

卵子の劣化や染色体異常など

高齢によるものが原因としてあると

言われています。

 

 

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

むくみや血圧上昇などの症状が出ます。

 

血管の老化や卵巣の機能低下など、

高齢によって発症しやすくなると

考えられます。

 

 

先天性異常の発症率

ダウン症などの染色体異常は加齢が

影響すると言われています。

 

発生率は20代で0.1%未満、35歳以上では

0.3%、40歳以上で1%になります。

 

 

常位胎盤早期剥離

胎盤が剥がれてしまうことを言います。

 

妊娠高血圧症候群が要因の

ひとつでもあり、35歳以上は

発生率が上がります。

 

 

難産

高齢になると子宮口が開きにくいため

難産になりやすいと言われています。

 

 

これらのリスクに関しては、

35歳以上に限ったことではありません。

 

発症率の違いはありますが、

すべての妊婦さんにリスクは伴います。

スポンサーリンク

 

経産婦も同じ?

高齢出産は35歳以上の

「初産である女性」と言われています。

 

出産を経験している経産婦にとっては

高齢出産のリスクは軽減されるのでは?

といった疑問もあると思います。

 

しかし、多くのリスクについては

経産婦も同じです。

 

染色体異常に関しては、卵子の老化が

原因のひとつと言われています。

 

妊娠した時点で35歳なら卵子も35歳なので

初産、経産婦に違いはありません。

 

子宮口の開きやすさは経験していた分、

柔らかいですが、前回の出産から

3年以上経っているとあまり変わりません。

 

このように、経産婦でも高齢出産のリスクは

あるということを知っておきましょう。

 

 

発達障害の発症率は?

発達障害は生まれつき脳の一部の機能に

障害があるもので、その状態には

個人差があります。

 

高齢出産で先天性異常の発症率が

上がることは先ほど触れましたが、

発達障害もそのうちのひとつです。

 

最近では出生前診断で染色体を

調べることができる病院もあります。

 

結果によっては

選択が必要になる検査なので、

難しい問題ですね。

 

 

まとめ

年齢にかかわらず妊娠はリスクが伴います。

 

しかし、高齢出産には、精神的、

経済的なゆとりがあるというメリットが

存在するのも事実です。

 

高齢だからと不安になりすぎないで、

ポジティブに生活して欲しいと思います。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ