子供の映画デビューはいつからOK?料金は大人より安いの?

子供 映画

 

小さな子どもがいると、映画館で

映画を楽しむのはなかなか難しいもの…

 

誰かに子どもを任せて映画館へ行けるなら

そうしたいですが、それもなかなか

できない時ってありますよね。

 

子どもと一緒に行くとすれば、子どもの

映画館デビューはいつからOKなのでしょうか?

 

また、映画の料金は子どもと大人とで

変わるのでしょうか?

 

今回、子どもの映画館デビューの

年齢や料金についてまとめました。

スポンサーリンク

映画デビューはいつから?

3歳くらいになると思っているよりも

自宅でのDVD鑑賞は大人しく、夢中になって

観られる子も多いのではないでしょうか?

 

ただ2時間以上も映画を観るとなると、

途中で集中力が切れてしまうかもしれません。

 

子ども向け映画の場合、わりと短時間

(1時間~1時間半ほど)の作品が多いので、

映画館でも観られるのでは…と思いますよね。

 

子どもの映画館デビューは

いったいいつからが適切なのでしょう?

 

 

赤ちゃんからOK!?

実は、「赤ちゃん連れOK」の映画デーを

設けている劇場があります。

 

有名なのはTOHOシネマズの

ママズクラブシアター」ですよね。

 

こちらは、映画館で映画を楽しみたいけれど

赤ちゃんがいてなかなか実現できないママや

パパへのサービスです。

 

毎月1~2回実施されていて、

 

  • 赤ちゃんを連れて鑑賞できる
  • 赤ちゃんが泣きだしても大丈夫
  • チャイルドシートあり
  • 通常よりも明るい場内

 

というふうに、赤ちゃん連ればかりの

お客さんを呼び込むことで、赤ちゃん連れに

やさしい環境となっています。

 

このサービスならば、0歳からOKですね。

 

しかし、対象の作品は限られているため

自分が見たい映画を観られるとは限りません。

 

観たい作品がマッチしているなら是非

映画館に出かけてほしいと思います♪

 

ほかには、MOVIXの「ほっとママシネマ」も

よく知られていると思います。

 

こちらはオムツ替えスペースや簡易の

授乳スペースが設置されているので

安心して映画を楽しめます。

 

どちらのサービスも実施されている劇場は

限られているため、事前に確認してから

映画館へ向かいましょう。

 

 

映画デビューは3~4歳から!

世間一般では3~4歳での

映画デビューが多いようです。

 

このくらいの年齢になると、1時間くらいは

集中していられるのかもしれません。

 

また、多くの映画館で3歳から料金が

設定されていることを考えると、

3歳以上が適切だと思われます。

 

作品によっては2歳から料金が発生するので

2歳でデビューもありでしょう。

 

4歳以上になると、親の言うことも聞けて

集中力が継続する時間も長くなるので

わりと最後まで観られる子が多いようです。

スポンサーリンク

 

料金は大人より安い?

子どもの映画デビューで

気になることの一つに”料金”があります。

 

大人と子ども二人で行くとしても、

1800円×2=3600円かかるのは少し

家計に厳しい…と感じる人も多いでしょう。

 

子ども料金があるなら助かりますが、

どうなっているのでしょうか?

 

TOHOシネマズやイオンシネマでは

3歳以上の幼児から料金が発生します。

 

料金は劇場によってさまざまですが、

900円~1000円程度になります。

 

先ほども触れましたが、2歳から料金が

発生する場合もあり、それは一部の作品に

おいて決定されています。

 

たとえば、

  • アンパンマン
  • しまじろう

といった幼児向けの作品になります。

 

幼児向けの作品なら、おのずと周りも

幼児連れとなるので、デビューするには

ベターなタイミングですね。

 

※関連記事

こどもちゃれんじの口コミ!しまじろうパペット紛失時の対処法は?

 

 

子ども同士ではいつからOK?

親が同伴しないで子どもだけで映画館で

鑑賞するのは、いつからOKでしょうか?

 

はっきりと何歳からOKと言うのは

難しいのですが、TOHOシネマズでは

小学生以上の子どもがいれば親の同伴は

なくてもOKと決められています。

 

これを判断の基準とするのもいいでしょう。

 

ただし、周りの迷惑になる行動はしないよう

映画館でのマナーはきちんと教えましょう。

 

 

キッズ映画以外の作品は?

大人が観たい作品と子どもが観たい作品は

もちろん違いますよね。

 

一般的な大人向けの作品は

子どもが観ると退屈すること間違いなしです。

 

大人が観る一般の映画に子どもを連れて行くのは、

何歳からOKなのでしょうか。

 

まず泣いてしまったり、ウロウロ

歩き回ったりする幼児期は難しいでしょう。

 

周りのお客さんに気を使って、

きっと楽しめないのも目に見えます。

 

小学生以上ならば、騒いだりしなさそうですが

これも個人差があるでしょうね。

 

そのあたりはママやパパの判断になるので、

集中して静かに観られるようになったら

OKとしましょう。

 

 

まとめ

子どもと一緒に映画を楽しむのは

0歳からOKのサービスがあります。

 

幼児向け映画なら2~3歳から

デビューするのが一般的と

いうことが分かりました。

 

幼児向け映画は対象の子どもが退屈しないよう

引きつけるように作られているので、

静かに最後まで観られる子も多そうです。

 

ただし、そこは子どもなので

大声で叫んだり手をたたいたりといった

行動をとることもあるでしょう。

 

しかしほかのお客さんも幼児連れなので

お互い様という部分があって、最後まで

鑑賞できるのだと思います。

 

まだの方は、是非子どもに映画デビュー

させてあげてくださいね!

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ