子供の水いぼは自然治癒が常識?うつることも?症状や対策を紹介

子供 水いぼ

 

子供に良く見られる水いぼですが、

医者にかかると自然治癒が望ましいと

言われることがあります。

 

うつることもあるだけに、自然に治るのを

待っているだけというのも心配ですよね。

 

またかゆみや痛みを伴うことも

ゼロではないため、親としては

早期治療をお願いしたいところ。

 

今回、水いぼは自然治癒が常識なのか、

また症状や対策法についても

まとめたいと思います。

 

うつることもあるため、感染経路の

詳細についても紹介します。

スポンサーリンク

水いぼの症状

水いぼとは、伝染性軟属腫と呼ばれ、

見た目は直径3ミリ以内の

白いポツポツした「いぼ」の一種です。

 

中が透けて白く見えるのが特徴で、

体中にバラバラに発生することもあれば、

集中してできることもあります。

 

主に胸や脇の下、ひじやひざにできやすく、

10歳未満の子供によく見られる症状です。

 

痛みやかゆみはほとんどないと

言われていますが、実際は痒みを

伴うことも多いようです。

 

掻いてしまうと症状が広範囲に

広がってしまうことがあるので

注意が必要です。

 

 

水いぼはうつることがある!

水いぼは伝染性といわれるように、

ウイルス性で感染することがあります。

 

感染経路は、皮膚の表面からウイルスが

侵入して発症します。

 

特に乾燥肌やアトピー性皮膚炎の子供が

かかりやすいと言われています。

 

よく言われるのが、夏のプールの時期に

ビート板を介してうつることがある

ということです。

 

プールの水やお風呂のお湯で伝染することは

ないようですが、ウイルスが付着した

ビート板やタオルなどを共有することは

やめておいた方が良いと言えます。

 

またかゆみを伴う水いぼの場合、

患部を掻き壊して潰れたいぼの液によって

いぼが増加するとも言われています。

 

 

自然治癒が一番良いの?

水いぼができて、小児科などを受診した人は

分かると思いますが、放っておくと

自然に治ると言われることがあります。

 

これは、1~2年放っておくと水いぼの

ウイルスの抗体ができて自然治癒するという

事実に基づいて発言されています。

 

しかし、いぼが広範囲に増加してしまったり

他人にうつってしまうことを考えると

2年も放置しておくわけにはいきません。

 

対策法はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

水いぼの対策法

水いぼの治療法は、以下のものがあります。

 

  • ピンセットで取る
  • ヨクイニンの服用
  • イソジン消毒液を塗る

 

ピンセットで取り除く方法は一般的ですが、

痛みを伴うものなので子供にとっては

かなり過酷な治療になりそうです。

 

ヨクイニンはハト麦の種子から採れる成分で

いぼの治癒に効果があると言われています。

 

ハトムギ自体がお肌に良いものと

されているので安心感があります。

 

うがい薬でおなじみのイソジンですが、

水いぼには消毒液タイプを使用します。

 

これをいぼに塗ると3日ほどで

ウイルスである白い芯の部分がういてきて

ピンセットで簡単に取れるようになります。

 

イソジンに含まれる成分にウイルスの

殺菌作用があるため、簡単に

治癒するというわけです。

 

症状が悪化している場合は、もちろん

医師に診てもらう必要がありますので

自己判断はやめましょう。

 

 

まとめ

夏に多く発症するという水いぼ。

 

抗体ができれば自然治癒もありですが、

広がってしまうのも他人に感染させるのも

避けたいもの。

 

今回紹介した対策法で治癒できると

助かりますよね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ