子供が喜ぶ公園での遊び方!最適な服装と帰りたがらない時の対処法

子供 公園

公園デビューはもう済んでいますか?

 

赤ちゃんのころからお散歩で公園にも

足を運んでいたという人は多いでしょう。

 

その頃はただベビーカーで

うろうろしたり、日向ぼっこしたりして

過ごしていたと思います。

 

しかし、歩くようになってからは

どんな遊びをさせたらいいのか

悩みませんか?

 

すぐに座り込んだり砂を触ったりするので、

どんな服装が最適なのか

よく分かりませんよね。

 

また、外で遊ぶのが楽しすぎて家に

帰りたくないとごねる子もいるでしょう。

 

そこで今回、公園での遊び方や服装、

帰りたがらない時の対処法について

まとめました。

スポンサーリンク

 

公園での遊び方は?

小学生になると友達と一緒にボールを

使った遊びをしたり、鬼ごっこなど

遊び方は豊富にあります。

 

でも幼児って、公園で

何して遊ぶのが楽しいのでしょう?

 

まず遊ぶ時間帯は午前中をおすすめします。

 

夕方になると、学校終わりの小学生たちが

走り回ったりボールで遊んだりするので、

幼児にとっては危険かもしれません。

 

バッティングしないようにするには、

平日の午前中がおすすめです。

 

ではさっそく遊び方をいくつか

紹介していきますね。

 

 

砂遊び

公園と言えば砂場ですよね。

 

子供は砂を触るのが大好きなので、

砂遊びセットを持参して

砂いじりをさせましょう。

 

ただし安全な砂場ばかりではなく、

ごみやタバコの吸い殻が捨てられている

こともあるので、ママやパパは

目を離さないようにしましょう。

 

 

ボール遊び

公園でのボール遊びは開放感があって、

家の中でするのとは一味違うものです。

 

少し大きめの、外遊び用のボールを用意して

転がしたり、キャッチボールをしましょう。

 

 

シャボン玉

まだ小さい子だと遊具で遊ぶのは危ないし、

砂場だと口に入れてしまいそうです。

 

ママやパパがシャボン玉を吹いてあげると

触ろうとしてあちこち動き回るでしょう。

 

 

遊具

公園の遊具は安全に設計されています。

 

しかしまだ小さい子には

危険なこともありますよね。

 

できればママやパパが一緒に登ったり

下りたりすると子供も安心して遊べます。

スポンサーリンク

 

公園遊びに最適な服装は?

外で遊ぶようになると、家の中で

遊んでいた時とは比較に

ならないくらい汚れます。

 

子供と公園に行って汚さないように

遊ぶのはおそらく不可能です。

 

なので、汚れてもいいような

服を選ぶことをおすすめします。

 

 

長ズボン

転ぶことも多く、座り込むので

長ズボンは必須でしょう。

 

 

靴下+履きなれた靴

靴はスニーカーで

履きなれたものがベストです。

 

靴下は必ず履かせましょう。

 

※関連記事

ファーストシューズはいつ買う?選び方や人気ブランドを紹介!

 

 

アウターは薄手

寒い時期はアウターを着せますが、

分厚いものは動きにくいので

薄手のものがおすすめ。

 

動き回ることで体が温まるので、

あまり厚着は必要ありません。

 

 

帰りたくない子供の対処法

よほど公園遊びが楽しいのでしょう、

帰りたくないとぐずる子は多いですよね。

 

それでも、ずっと公園にいるわけにはいかず

いつかは帰らなくてはいけません。

 

ママは家事などの段取りもあるので

焦りますよね。

 

そこで帰りたがらない子供への

対処法について考えてみました。

 

 

遊ぶ前に帰る時間を決めておく

子供に言ってもまだ分からないと

決めつけずにきちんと話をすることが大切。

 

 

帰ってからの「楽しいこと」

帰り道でも家に着いてからでも

かまいません。

 

子供が興味を持つことや楽しめることを

何か用意しておいて、「帰ったらしようね」

など声掛けをします。

 

 

最後に何をする?

帰る時間が近づいてきたら、

「そろそろ時間だね、最後に何をする?」

と尋ね、公園での遊びが

終わりであることを分からせます。

 

自分のしたいことを最後にすることで

子供なりの踏ん切りがつきます。

 

 

以上が、公園から帰りたがらない

子供への対処法ですが、これらをしたから

と言って、すぐに帰ると言わない

子供もいます。

 

毎日の積み重ねが大切なので、面倒でも

イライラしても頑張って続けましょう。

 

 

最後に…

単なる公園遊びでも、子供にとっては

社会性を養う大切な場所です。

 

コミュニケーション能力も

こういった場で伸びることもあります。

 

※関連記事

子供はいつから言葉を話す?遅いのは何が原因?教え方のコツを紹介

 

ママやパパは大変ですが、

是非子供と公園へ出かけて

一緒に遊んでほしいと思います。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ