子供の歯医者はいつから?嫌がるときの対応と医療費について!

子供 歯医者

 

歯が生え始めたら歯磨きを始めますが、

きちんと磨けているのか心配ですよね。

 

歯磨きを嫌がる場合、うまく磨けないことで

虫歯が発生しかけていると困ります。

 

そういう時は歯医者へ行って診てもらうのが

一番ですが、子供の歯医者って

いつから行くものなのでしょうか?

 

また、歯磨きを嫌がるくらいなので、

歯医者も嫌がることは目に見えますよね。

 

さらに歯医者はわりと高額なので、

医療費についても事前に

知っておく方が安心です。

 

今回、子供の歯医者はいつから行くのか、

嫌がった時の対応や医療費について

まとめました。

スポンサーリンク

 

子供の歯医者はいつから?

歯磨きについてはコチラの記事を

参考にしていただけると幸いです。

 

 

子供の初めての歯医者っていつが

ベストタイミングなのでしょうか?

 

前歯が生えそろったら?

奥歯が生えてきたら?

 

実は、乳歯が生え始めたらできるだけ

早い方が良いです。

 

虫歯は乳歯が生え始めたらすでになりやすい

といえるため、早めの予防が大切です。

 

乳歯が生えてきたら、またすでに何本か

生えている子はできるだけ早めに

歯医者を受診しましょう。

 

 

嫌がる時の対応の仕方は?

ママの仕上げ磨きですら嫌がって

泣いてしまう子は、歯医者に行くと

どうなるのでしょう…

 

当然、歯磨きよりもさらに嫌がって

暴れたりするでしょう。

 

でも大切な治療や健診なので、

嫌ならやめておこう、

なんていうわけにはいきません。

 

子供が歯医者を嫌がる場合、

どうすれば良いのでしょうか?

 

 

歯医者を怖いものの対象にしない

悪いことをした時に、

「歯医者に連れて行くよ」などと

脅すような言い方はやめましょう。

 

子供に「歯医者=怖い場所」という

イメージを植え付けてはいけません。

 

 

嘘をつかない

「お口あーんってするだけ」「みるだけ」

「痛くない」など大人しくさせるための

安直な嘘はいけません。

 

歯医者でみるだけというのはありません。

 

一度嘘をついたことで、親の信頼が

失われることもあります。

 

次回の歯医者は、さらに嫌がること

間違いないでしょう。

 

 

日頃から口の中をみるようにする

歯磨きの時もそうですが、子供は

口の中を触られるのを嫌います。

 

歯磨き以外の時も「あーん」とさせて

口の中を見る回数を増やしましょう。

 

ママやパパ以外にも見せることに

慣れさせておけば、歯医者で口を

開けることにも抵抗がなくなってきます。

 

 

不意打ちで連れて行かない

歯医者に行くと事前に言うと嫌がるからと

言って、何も言わずに急に連れて行くのは

かわいそうです。

 

子供も子供なりの心の準備があるので、

必ず行く前に伝えてあげましょう。

 

 

治療後はしっかり褒める

泣いても暴れてもうまくできなくても

とにかく終わった後は褒めてあげてください。

 

「歯医者に行けた」

「うまくお口を開けられた」

内容は何でもかまいません。

 

しっかり褒めてあげることで、

次回も頑張れるでしょう。

 

また、次回の治療日が決まっている場合は

それもちゃんと伝えてあげましょう。

スポンサーリンク

 

医療費はどれくらいかかる?

歯医者は保険適用外の場合は

高額になるイメージがありますよね。

 

子供の場合は、乳幼児医療証がありますが

歯医者も対象になるのでしょうか?

 

結論から言うと、歯の治療にかかる費用は

すべて保険が適用となります。

 

しかしフッ素塗布などは歯医者によって

扱いが違うようです。

 

先輩ママの体験談からまとめると

フッ素塗布が有料になるのは治療ではなく

予防だからでは?というものです。

 

急な出費で焦るより、事前に

確認しておいた方が良さそうですね。

 

 

まとめ

大人でも歯医者は苦手という人は

多いですよね。

 

子供は敏感なので普段から

そういう雰囲気を出さないように

気を付けるべきかもしれません。

 

歯医者で痛い治療をしなくてもいいように

毎日の歯磨きを子供と一緒に

しっかり頑張りましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ