基礎体温と排卵日の関係!妊娠後の変化は?体温を上げる方法も紹介

基礎体温

 

妊娠するために基礎体温を計ることは

とても大切だと言われています。

 

それだけでなく、月経周期や排卵の有無を

知るためにも基礎体温は重要です。

 

タイミングをうかがっている場合、

基礎体温から排卵日を知るには

どうすればいいのか気になっている人は

多いでしょう。

 

妊娠した時の体温の状態も

知っておきたいですよね。

 

そこで今回、基礎体温と排卵日の関係や

妊娠した時にどうなるのかまとめました。

 

また体温を上げる方法も紹介します。

スポンサーリンク

基礎体温とは?

妊活の第一歩として基礎体温を測ること

というのは一般的ですよね。

 

でも基礎体温って普通の体温とは

違うのかよく分かりません。

 

基礎体温とは、朝起きて体を動かす前の

一番安静にしている時のことを言います。

 

そのタイミングで婦人体温計を使用して

体温を測り、毎日記録していくことで

色々なことが予想できます。

 

  • 低温期
  • 排卵期
  • 高温期
  • 月経周期

 

これらのことから妊娠しやすい時期や

月経時期を事前に把握しやすくなります。

 

 

基礎体温と排卵日

排卵とは、成熟したひとつの卵子が

卵巣から出てくることを言います。

 

この出てきた卵子が精子と出会い、

受精すると妊娠へとつながります。

 

このことから妊娠するためには排卵日を

把握しておくことが重要だと言えます。

 

基礎体温から排卵日を割り出すことは

可能なのでしょうか。

 

一般的な基礎体温グラフでは、

生理開始から低温期に入り、

高温期に入る前の体温がガクッと下がる日が

排卵日と言われています。

 

しかし、排卵日=最も妊娠しやすい時期と

いうのは少し違うようです。

 

排卵日を含む6日間が

妊娠の可能性のある時期。

 

その中でも排卵日の前々日と前日が

最も妊娠しやすい時期と言われています。

 

ですが、そもそも

「体温がガクッと下がる日」を

排卵日と特定することはできません。

 

基礎体温では、排卵しているのは

このあたりというおおまかな時期しか

分からないのです。

スポンサーリンク

 

妊娠時の基礎体温はどうなる?

生理開始から続く低温期から排卵日前後で

高温期になっていきますが、通常なら

高温期は14日ほど続きます。

 

妊娠していると受精卵を育てる

黄体ホルモンであるプロゲステロンが

出続けるため、高温期が続きます。

 

14日以上高温期が続くと妊娠の可能性が

あると言えますが、普段から高温期が

2週間以上あるという人も

中にはいるでしょう。

 

そんな人は3週間以上続いたとしたら

妊娠の可能性がかなり高いと言えます。

 

妊娠検査薬で調べてみましょう。

 

※関連記事

妊娠検査薬はいつから反応する?薄い反応の時はどう判断するの?

 

 

基礎体温を上げるには?

「冷え」は妊娠しづらいだけでなく、

女性の身体にとって良くないことばかり。

 

基礎体温を上げて、妊娠しやすい体、

健康的な体を目指しましょう。

 

  • 冷たい飲み物や食べ物を控える
  • 極端に薄着しすぎない
  • 適度な運動
  • 季節に関係なく日中は靴下を履く
  • 深呼吸でリラックスし血流を良くする
  • お風呂にゆっくり入る

 

体温が上がると痩せにくかった体質が

痩せやすく変化するとも言われているので、

これは是非実践してみたいですね。

 

 

まとめ

基礎体温を測るのは、生理周期や

排卵の有無が分かるだけでも

十分に意味のあることです。

 

自分の身体のことを知るためにも

毎日測るようにしましょう。

 

排卵日を特定するには、排卵検査薬の利用や

おりものの状態によって予測するといった

方法があります。

 

より確実に妊娠の可能性を上げたい場合は

産婦人科など医師に相談するのが

ベストと言えるでしょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ