稽留流産に兆候はある?手術やその後の妊娠はいつから可能?

稽留流産

 

妊娠するととても嬉しいものですが、

悲しいことに全ての命が順調に

育っていくとは限りません。

 

妊娠22週未満に何らかの原因で

お腹の赤ちゃんが亡くなってしまうことを

流産と言います。

 

いろいろな流産がありますが、中でも

最も多く見られるのが「稽留流産」。

 

妊娠初期に起こりやすいとされる稽留流産を

恐れている人は多いかもしれませんね。

 

兆候があるものなのか、手術が必要な場合や

その後はいつから妊娠可能なのかなど

今回、稽留流産についてまとめました。

スポンサーリンク

稽留流産とは?

お腹の赤ちゃんの心拍が停止した状態で

組織とともに母体内に留まっている状態を

稽留流産といいます。

 

妊娠初期である妊娠6週から9週頃に

多く見られる流産のひとつです。

 

 

兆候はある?

稽留流産は自覚症状がないことが特徴です。

 

腹痛や出血など、なにかしらの症状があれば

分かりやすいのですが、何もないという人が

圧倒的に多いのです。

 

中には、

  • つわりがひどかったが急になくなった
  • 胸が張って痛かったのがなくなった

などある日を境に急に妊娠症状が

消失したという人もいます。

 

兆候としては、妊娠6週~8週で

  • 胎児が確認できない
  • 心拍が確認できない

などの診断があると医師から

可能性が指摘されることが多いようです。

 

 

原因はなに?

妊娠のうち、15%は流産と言われていて

特に初期に起きることが多いものです。

 

妊娠初期の流産の原因は、ほとんどが

赤ちゃんの染色体異常だと言われています。

 

うまく成長できない、維持できない命は

自然に流れていくとされています。

 

流産という結果になると自分を

責めてしまいがちですが、タバコや飲酒の

習慣がないとすればママの方に

原因はありません。

 

気持ちの整理をつけるのは大変なことですが

自分を責めるのだけはやめましょうね。

スポンサーリンク

 

稽留流産に手術は必要?

稽留流産と診断されるとその後の流れは

2パターンに分かれます。

 

ひとつ目は自然流産

 

その字の通り、自然に出血することで

流産するのを待つというものです。

 

もうひとつは流産手術

 

現在の病院の多くは手術を行うことが

多いですが、状況によっては

選べることもあります。

 

手術は「子宮内容除去術」といって

子宮内に残っている赤ちゃんや

妊娠組織を取り出すものです。

 

全身麻酔を使う場合が多く、10分程度で

終了し日帰りで帰れることもあれば

1泊入院する場合もあります。

 

ただし、体はかなり負担を感じているので

1~2週間は安静に過ごしましょう。

 

費用は2~10万程度で病院によっても

施術内容によっても変わります。

 

 

稽留流産後はいつから妊娠可能?

なかなか気持ちの整理がつかないものですが

徐々に前向きになってきたころに

気になるのがいつから妊娠できるのか

ということ。

 

医師からは2ヶ月以内に生理がきて、

2~3回見送ったら妊娠可能だと

言われることが多いようです。

 

次の妊娠に向けて体を整えておく期間と

思って過ごしましょう。

 

 

まとめ

一度お腹にきてくれた赤ちゃんだけに

突然のお別れに戸惑い、

受け入れられない人は多いと思います。

 

いくら珍しくないこととは言っても

いざ自分の身に起きると、

ショックは計り知れないでしょう。

 

旦那さんとしっかり悲しんで

また戻ってきてくれることを願い、

体を大事にして前に進むようにしましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ