計画分娩は何週で出産になるの?経産婦の場合や費用をチェック

計画分娩

 

出産を控えている人は色々と心配事が

多いと思います。

 

出産予定日というものが一応あるものの、

いつどこで破水や陣痛が始まるか

分からないのは正直不安ですよね。

 

出産の方法に計画分娩というのがあり、

あらかじめ医師と相談し出産日を

決めてその日に出産するというものです。

 

何週で出産になるのか、費用や流れ、

経産婦の場合は早めなのかも気になります。

 

そこで今回、計画分娩の時期や

費用などについてまとめました。

スポンサーリンク

計画出産はどんな時に適用される?

おしるしや破水、陣痛がきて自然にお産を

行うことを自然分娩と言います。

 

計画分娩は、あらかじめ医師と相談して

出産日を決めておくという分娩方法です。

 

前回帝王切開で出産をしている人や

多胎妊娠のほか、あらゆる事情で

急にお産が始まるのを避けたい人などが

計画分娩を行います。

 

 

計画分娩の種類は?

計画分娩には陣痛を誘発するもの、

帝王切開、無痛分娩などがあります。

 

 

陣痛誘発

陣痛誘発剤によって人工的に陣痛を

起こし、経膣分娩する方法です。

 

ママの体に対して赤ちゃんが

大きすぎるなど、早めに出産した方が

良いと判断された場合の方法です。

 

 

帝王切開

経膣分娩ではリスクが大きい場合、

母体と赤ちゃんの安全のため

帝王切開による分娩となります。

 

逆子や多胎妊娠、前置胎盤、

妊娠高血圧症候群、児頭骨盤不適合などの

場合に帝王切開での分娩が決められます。

 

 

無痛分娩

麻酔により痛みを和らげながら

出産する分娩方法。

 

通常の分娩時よりも麻酔科医など

人手が必要なこともあり、

計画分娩となります。

 

※関連記事

無痛分娩とは何?計画通りにいかないと痛いこともある?

 

 

計画分娩のメリット

出産日があらかじめ決められているという

計画分娩は、どんなメリットが

あるのでしょうか。

 

出産予定日というのは40週0日で

必ずしもこの日に生まれるわけでは

ありません。

 

当然早まることや遅れることもあり、

人それぞれですよね。

 

計画分娩にすることで、予定の見通しがつく

ことが最大のメリットではないでしょうか。

 

外出先での破水や陣痛におびえることもなく

立ち会い出産希望の旦那さんの

仕事の都合も付けやすいですよね。

 

いつ来るか分からないという漠然とした

不安を感じなくて済むのは大きいでしょう。

 

もちろん、出産日として決定した日よりも

早く産気づく可能性もありますが。

 

また自然の陣痛に任せる場合は、

お産が長引くことも少なくありません。

 

計画分娩なら比較的短時間で出産できるため

負担が少ないのもポイントです。

 

一方、デメリットとしては陣痛促進剤使用の

リスクがゼロではないということ。

 

赤ちゃんと母体の状態を細やかに

観察しつつ適量を投与する必要があるため、

しっかりと説明を聞き信頼できる病院で

あることを確認しましょう。

 

 

計画分娩は何週で出産になる?

出産日を決定するのは多くの場合、正産期に

入ってから医師と相談するようです。

 

正産期は妊娠37週0日から

41週6日までの時期をいいます。

 

赤ちゃんの大きさや母体の状態、

家族の予定などを考慮して決定されます。

 

元々の出産予定日よりも早めの日程を

設定し、大体38週前後が多いようです。

 

わが家の場合は、自然分娩だと

思い込んでいたのですが、予定日が

近づいたある妊婦健診の日。

 

赤ちゃん大きくなっちゃうと大変なので

予定日に入院して出産しましょう、と。

 

ええー!そんなこともあるの!と検索魔…

 

不安と楽しみを感じていたものの、

入院の二日前に陣痛がきての

自然分娩となったのでした。

 

実際、産んでしまうと赤ちゃんは

そんなに大きくもなかったので、

いいタイミングで陣痛来たんだな~と

思いました。

 

計画分娩未遂のおかげで、入院準備の

確認ができたし、それなりに

心の準備もできました。

 

本当にお産って人それぞれですね。

 

私は計画分娩しそびれましたが、

こういうこともあるということが

分かりました。

 

 

経産婦の場合は?

経産婦の場合、上の子の都合で

計画分娩にする人が多いですが、

お産の進みが早いと言われますよね。

 

出産日は37週~38週に決める人が

多いようです。

 

ただし、お腹の赤ちゃんの成長にもよるので

医師と相談するようにしましょうね。

スポンサーリンク

 

計画分娩の費用はどのくらい?

計画分娩にすると費用が高くつくイメージが

ありますが、これは病院によって様々です。

 

さらに陣痛促進剤をどのくらい使用するか、

バルーン使用の有無などによっても

費用は変わります。

 

普通分娩でも病院によって金額は

まちまちですが、それにプラス3~20数万円

かかるところもあるというので

計画分娩を考えている人は事前に病院に

確認しておきましょう。

 

 

計画分娩のおおまかな流れ

出産する日の前日か当日に入院し

診察の後、陣痛誘発剤を投与します。

 

現在2種類の陣痛誘発剤が

使われています。

 

 

オキシトシン

母乳の分泌や子宮収縮促進作用がある

女性ホルモンの一種。

 

点滴によって投与されます。

 

 

プロスタグランジン

子宮を収縮させる働きのある物質。

 

点滴投与と経口投与があります。

 

 

子宮口が開かない場合は、バルーンという

機器を入れて広げる処置をします。

 

先にバルーンで子宮口を

広げておく場合もあります。

 

バルーンはメトロイリンテルという

水風船のような医療器具です。

 

しぼんだ状態のメトロイリンテルを

子宮口に挿入して滅菌した水を

入れていくと、子宮口が内側からの

圧力で広げられます。

 

まったく子宮口が開いていない時は

ダイラパンや海藻でできたラミナリアなどの

スティック状の器具を挿入して子宮口を広げ、

その後にメトロイリンテルを使用する

場合もあります。

 

子宮口が開いたら分娩台に移動して出産。

 

大まかな流れはこのような形ですが、

状況によっては違う処置を行うことも

出てくるので事前に受けた説明通りではなく

イレギュラーなこともあると

覚えておきましょう。

 

また、経膣分娩のリスクがあると

判断された人は帝王切開になりますが、

予定よりも先に陣痛がきてしまった場合は

緊急帝王切開となります。

 

計画分娩予定で帝王切開の人は

このような状況の場合を想定して

事前に医師に確認しておくと

慌てなくて済むかもしれませんね。

 

  • 先に陣痛が来た場合
  • 先に破水した場合

 

上記の状態になったときの対応を

聞いておくといいでしょう。

 

 

まとめ

計画分娩を予定していても、それまでに

自然に陣痛が始まったり破水することも

もちろんあります。

 

メリットが多いようにみえる計画分娩ですが

デメリットの部分もきちんと把握して

安心してお産に臨めるようにしたいですね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ