胃腸炎の子供の食事はいつからOK?バナナやうどんは大丈夫?

胃腸炎 子供

 

子どもが胃腸炎になると大変なのは

汚物処理や二次感染予防ですが、

さらに心配なのが「食べること」ですよね。

 

胃腸の機能が弱っているため、食べたり

飲んだりすることでまた嘔吐や下痢を

繰り返すのではないかと不安になります。

 

子どもが胃腸炎になった時、食事は

いつから食べさせると良いのでしょうか?

 

また、バナナやうどんは子どもが好物で

食べやすそうですが、胃腸炎の時に食べても

大丈夫なのか気になります。

 

そこで今回、子どもが胃腸炎の時の

食事についてまとめました。

スポンサーリンク

胃腸炎の症状

胃腸炎には色々な原因が考えられますが

大体下記の症状が組み合わさって出ます。

 

  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 下痢
  • 発熱

 

※関連記事

子供の胃腸炎はうつる病気?潜伏期間や治るまで何日かかる?

 

嘔吐や下痢を繰り返すため、水分補給には

より一層注意をしなければなりませんが、

食事に関してはいつから、どんなものを

食べさせればいいのでしょうか。

 

まず、水分補給の仕方からみてみましょう。

 

 

胃腸炎の水分補給のポイント

脱水症状が心配だからと吐いた直後に

水分を与えるのはNGです。

 

嘔吐直後は何を口に入れても吐いてしまい

飲んだ分以上の水分が失われてしまうので

良くないのです。

 

胃腸の状態が落ち着くまでの30分から

1時間ほどは何も飲ませないようにします。

 

嘔吐による口内の不快さが気になる時は

口を軽く濯ぐといいのですが、小さな子供は

飲み込んでしまうため、我慢が必要です。

 

 

何を飲ませる?

水分補給というと、普段飲んでいる水や

お茶を飲ませることが多いかもしれません。

 

しかし、嘔吐や下痢の繰り返しによって

体内からは水分だけでなく、塩分なども

どんどんなくなっていきます。

 

子ども用のイオン飲料や経口補水液などが

おすすめです。

 

経口補水液は自宅で簡単に作ることもでき、

安心・安全な飲み物です。

 

 

経口補水液の作り方は?

経口補水液は、水1リットルと砂糖40g、

塩3gを混ぜるだけととっても簡単です。

 

 

飲ませ方

胃腸が落ち着いたら少しずつ

水分を与えていきます。

 

はじめは10ml程度で様子をみて、

30分経っても吐き気がなければ20ml、

さらに30分後大丈夫なら30mlと少しずつ

量を増やしていきましょう。

 

もし吐き気が出てきたら、1時間程度

なにも飲まないようにして様子をみます。

スポンサーリンク

 

食事はいつからOK?

先ほどの方法で、水分がしっかりと

摂れるようになったら次は食事です。

 

やはりいきなりたくさんの量を食べたり

消化に悪いものや刺激物を摂ると

お腹にとっては負担です。

 

水分と同じように、軟らかいものから

少しずつが基本です。

 

 

バナナやうどんは大丈夫?

軟らかくてお腹にやさしいものといえば

おかゆやうどんなんかが浮かびますよね。

 

まずは軟らかく煮こんだおかゆが最適。

 

といっても、子どもはおかゆを食べるのを

嫌がるかもしれません。

 

そんな時はすりおろしたりんごなんかが

食べやすいうえにお腹にも優しいので

子どもにおすすめです。

 

それらが食べられるようになったら

やわらかく煮こんだ温かいうどんが

いいでしょう。

 

具を入れないで素うどんで食べさせるのが

お腹にやさしいですよ。

 

また子どもが大好きなバナナは消化が良く

軟らかいので食べさせやすいです。

 

いくら軟らかいといってもしっかり噛んで

ゆっくり食べるように言ってあげましょう。

 

食事も少しずつ固形物にするようにして

様子を見ながら進めましょう。

 

 

まとめ

離乳食初期からしばらくは、おかゆを

パクパク食べていたのに、我が子は

だんだん食べなくなりました。

 

胃腸炎になって、おかゆを食べてくれず

どうしようと思っていましたが、

かかりつけ医からうどんでもOKと言われ

非常に助かりました。

 

良くなってくると、美味しいものや

大好物を与えたくなりますが、

胃腸に負担をかけないようゆっくりと

進めるのが大切です。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ