一時保育の利用理由は?準備するものや注意点についてまとめた

一時保育

 

一時保育の存在を子供を産んでから

初めて知ったという人は多いでしょう。

 

また、知っていてもどういった時に

利用すべきなのかと悩んでいる人も

いるでしょう。

 

子供を預けるにあたり、注意事項や

何を準備するべきなのかも気になります。

 

そこで今回、一時保育の利用理由や

準備するもの、注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

一時保育とは?

一時保育というのは、なんらかの親の理由で

子供を一時的に保育園などに

預けることを言います。

 

預け先は、一般的に保育園や

こども広場などとなります。

 

各地域によっていろいろあるので、

実施している場所を調べてみましょう。

 

料金に関しても地域により異なりますので

問い合わせをしたうえで申込みます。

 

利用できる対象者は以下の通りです。

 

 

年齢は受け入れ先によって異なる

1歳前からの受け入れが

可能なところもあります。

 

 

対象の地域に在住していること

多くの場合、他の地域に住んでいる人は

利用できません。

 

 

次に、一時保育は主に以下の

3種類があります。

 

1、非定型保育

親の就労や介護などで家庭での

保育が困難な場合

 

 

2、緊急保育

親の病気や出産、学校行事や冠婚葬祭など

急な理由で必要になった場合

 

 

3、リフレッシュ保育

親の育児疲れによる心理的、身体的な負担の

軽減、解消が目的の場合

スポンサーリンク

 

利用理由はどんなものがある?

利用理由が先程紹介した、

 

  1. 非定型保育
  2. 緊急保育
  3. リフレッシュ保育

 

この3つの中に書いた内容と一致すれば

概ね預けることは可能でしょう。

 

実際に利用している人の多くは、1と2の

理由がほとんどかもしれません。

 

  • 上の子の学校(幼稚園)行事
  • 体調不良
  • 通院
  • 不定期な仕事

 

このあたりが多いのでしょう。

 

多くのママが気になるのは

おそらく3つめのリフレッシュ保育では

ないでしょうか。

 

世間はなぜか母親に厳しいと感じますよね。

 

子供を産んで初めて母親になったというのに

仕事をしていないなら子供のそばにいて

当然といった風潮があります。

 

驚いたことに、こういった考えを

持っているのは子育てを経験していない

人だけではありません。

 

実際に子育てを経験した、

もしくは育児中の人でさえ

このように思っているのです。

 

こんな世の中では、育児に疲れたママが

一向に減ることはありません。

 

それどころか悪化してしまいますよね。

 

実際に利用したとしても、溜まった

家事などの処理でリフレッシュすることは

難しいかもしれません。

 

それでもひとりの時間を持つことが

必要な人もいるのです。

 

ひとりになりたいと感じているママは、

遠慮なく一時保育を利用しましょう。

 

 

準備するもの

子供を預けるときは必要なものが

たくさんありますよね。

 

一体どんなものがあるのか考えてみました。

 

  • 着替えやオムツ
  • エプロンやスタイ
  • ミルクに必要な物(必要な場合)

※関連記事

外出先へのミルクの持ち物は?お出かけに便利なグッズも紹介!

 

  • お弁当(必要な場合)
  • タオルなど
  • お気に入りのおもちゃ

 

この他、指定されたものを持たせます。

 

持参するものにはすべて

記名するのも忘れないでくださいね。

 

 

注意点は?

離乳食、幼児食のアレルギーについて

きちんと伝えることが大切です。

 

お弁当持参ではなく、給食の場合もあるので

しっかりと対応してもらいましょう。

 

また、子供同士が集まるため

怪我はつきものです。

 

どのような対応をされるのか

確認しておきましょう。

 

決められた時間内に預けて

お迎えをするのが原則です。

 

今後も利用するためにも

きちんと守りましょう。

 

 

最後に…

子供はなんといってもママと離れるのが

一番のストレスだと思います。

 

たとえ数時間でも一時保育を利用した日は

たくさん甘えさせてあげましょう。

 

子供も刺激を受けられ、ママも

リフレッシュできるので迷っている人は

是非利用してみてくださいね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ