外出先でのミルクの持ち物は?お出かけに便利なグッズも紹介!

ミルク 外出先

 

生後一ヶ月を過ぎると外出も可能になり、

徐々にお出かけする機会が増えてきます。

 

混合育児や完全ミルクの場合は、

お出かけ時の荷物が多くなるのが大変ですよね。

 

あまりお出かけしていない人は、

何が必要なのか分からないと思います。

 

そこで今回、外出時のミルクで

必要な持ち物と、必須ではないものの

持っていると便利なグッズも併せて

紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

外出先へのミルクの持ち物は?

ミルク育児の人は、お出かけの時に

完全母乳の人が羨ましくなりませんか?

 

ミルクというだけで荷物がかなり増えて

しまうのは大変ですよね。

 

まず、ミルク育児で外出する際に

最低限必要なものについて

リストアップしてみました。

 

 

・ミルク

外出している時間によって

持って行くミルクの量は異なります。

 

予定より1回~2回分多めに

持っていると安心です。

 

スティックタイプのものがコンパクトで

おすすめです。

 

 

・哺乳瓶

ミルク一回ならひとつで事足りますが、

それ以上なら2つ以上持参しましょう。

 

消毒が不要になった時期なら

洗剤とスポンジを持ち歩くと哺乳瓶はひとつで済みます。

 

 

・お湯

沸騰したお湯を魔法瓶に入れておくと

徐々に冷めていくので調乳に

最適な温度になります。

 

熱々でも湯冷ましで調節すればOKです。

 

満タンまで入れておくと冷めにくいのでおすすめ。

 

 

・湯冷まし

水筒に入れて行くか、赤ちゃん用の水が

ペットボトルで市販されているので

それなら手軽です。

 

我が家は和光堂の「赤ちゃんの純水」

アマゾンで安く買って、外出時に使っていました。

 

お湯で調乳して冷ますという方法なら、

冷めるまで時間はかかりますが、

湯冷ましは不要です。

 

 

ミルクに関する持ち物は以上です。

 

我が家は生後3ヶ月で哺乳瓶の消毒を

やめたので、洗える場所があるところへ

行くときは洗剤とスポンジを持参していました。

 

ミルクが一回のみの場合は、あらかじめ

哺乳瓶に熱湯を半分ほど入れて

ミルクを溶かしておき、飲ませる前に

持参したお湯で割ったこともありました。

※完全に自己流で、雑菌の問題もあるので、

試す方は自己責任でお願いします

 

哺乳瓶を入れる保温ケースも

一応購入しましたが、ほとんど

使用しませんでした。

 

お湯を入れた魔法瓶が重いので、お湯を

もらえる場所で、気にならない人はお湯も省きましょう。

スポンサーリンク

 

お出かけ便利グッズ紹介

少しでも荷物を減らすために

おすすめグッズを紹介します。

 

 

・ミルク小分け袋

必要量の粉ミルクを入れて

封をすれば、調乳時に簡単に使えます。

 

スティックタイプやキューブタイプでは

詳細な量の調節ができないという時に便利です。

 

また、夜間に調乳する際、寝ぼけて

何杯入れたっけ?となってしまう人にもおすすめ。

 

 

・ジップ付のビニール袋

濡れても大丈夫で、汚れたり破れたら

気軽に捨てられるので重宝します。

 

ミルク用品を入れておくのも良いですし、

おやつや離乳食、汚れた衣類や

おむつ入れにも最適です。

 

 

・使い捨て哺乳瓶

これがあれば便利でしょう。

 

清潔で簡単、しかも荷物が減ると

なれば使わない手はないですね。

 

ただ、お子さんに合うものが見つかると

いいですが、実際使用してみると

上手く吸えなかったり使いにくかったりと問題もありそうです。

 

 

以上、ミルクを外出先で飲ませる場合に

限っての便利グッズを紹介しました。

 

少しでも軽量化、時短化になるといいですね!

 

 

最後に…

赤ちゃんのお出かけで重要なのが時間です。

 

授乳時間は大体決まっていると思うので、

外出先での授乳がなるべく少なくなるように

出発時間や滞在時間を調節しましょう。

 

赤ちゃんも長時間のお出かけは

疲れてしまいますよね。

 

持ち物や時間を工夫して、ママも赤ちゃんも

快適なお出かけになるといいですね。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ