絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介

絵本 読み聞かせ

 

出産祝いやプレゼントに絵本をもらったり、

自分が子供のころ好きだった絵本が

ある人なんかは、子供に読み聞かせを

するのが楽しみでしょう。

 

しかし、生まれたばかりの赤ちゃんは

まだ目が見えないし、見えるようになっても

お話が理解できるとは思えないので、

いつから読み聞かせを始めるか悩みます。

 

また絵本は種類が多く、読み聞かせに

最適な一冊をどう探していいか

分からないという人もいるかと思うので、

おすすめをランキング形式で紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

絵本の読み聞かせはなぜ必要?

子供が生まれたら、寝る前に毎日一冊

絵本を読んであげようと考えている人も

多いのではないでしょうか。

 

なんとなく絵本の読み聞かせが

子供にとっていいようなイメージがあると思います。

 

その理由は、

 

  • 想像力や感情が豊かになる
  • 将来読解力がある子になる
  • 知能や好奇心の向上

 

といったことがあげられます。

 

また、単純に子供がお母さんの声を

聞くことで安心するといった効果もあります。

 

きっと、お腹にいるときから聞いていた

声なので一番なじみがあって安堵するのですね。

 

 

絵本の読み聞かせはいつから始める?

お母さんと子供の絆を強めるためにも

是非読んであげたいものです。

 

しかし、赤ちゃんに読んであげても

分かるのだろうか?という不安があります。

 

いったいいつからスタートするのが

最適なのでしょうか?

 

これについては、個人差があるので

「このときじゃないとダメ」という

決まりはありません。

 

ママの声で安心するという効果から、

妊娠中0歳から読み始めるのも良いと思います。

 

また、生後どれくらいかによって

読み聞かせのポイントがありますので

併せて紹介しておきます。

 

 

生後1~2ヶ月

目も良く見えていないですが、ママの声が

大好きなのでお母さんが読みたいと

思った時に読んであげてください。

 

この時期のおすすめ絵本

『しましまぐるぐる(柏原晃夫)』

 

赤ちゃんが興味を持つしましまや

ぐるぐるが満載の絵本。

 

我が家では同シリーズの

『あかあかくろくろ』を

見せていました。

 

赤ちゃんが認識できるとされる

黒、白、赤が使われていて、

とてもかわいい絵本。

 

未発達時期の視力でも、

赤ちゃんはしっかりと

絵本に注目していましたよ。

 

 

生後3~5か月

寝返りをしたりズリバイが始まる時期。

 

一緒にゴロンと腹ばいになって読んで

あげると、赤ちゃんもママと同じ体勢で

楽しいかもしれませんね。

 

絵柄を指して「○○だねー」と

話しかけるだけでもいいと思います。

 

この時期のおすすめ絵本

『けろけろみどり(柏原晃夫)』

 

『しましまぐるぐる』などと同じシリーズの

『けろけろみどり』は、黒、白に

緑がプラスされて色を判別できる時期にピッタリ!

 

我が家では、あとで紹介しますが

『いないいないばあ(松谷みよ子)』

よく読んでいました。

 

 

生後6ヶ月~1歳

指さしをしたり、仕掛け絵本の仕掛けを

自分で触ったりもするので

どんどん読んであげましょう。

 

少しずつ言葉を発し始める時期なので、

擬音語がたくさん載っている絵本

楽しめるでしょう。

 

この時期におすすめの絵本

『がたん ごとん がたん ごとん(安西水丸)』

 

赤ちゃんの身近にある哺乳瓶やコップが

汽車に乗り込んで終着駅を目指すというもの。

 

乗り物に興味を持ち始める時期の子、

離乳食が始まった子などにピッタリな一冊。

 

我が家では、『おうちへかえろ(三浦太郎)』

『バスがきました(三浦太郎』を読みました。

 

「わたし」を子どもの名前にして読むんだり

動物の鳴き声などをプラスしてアレンジすると

子どもがマネするのでかわいかったですよ。

 

 

1歳~

色々なものが分かるようになってくるので、

食べ物や乗り物などの身の回りの物

歯磨きやトイレなど生活習慣の絵本なんかが

面白いでしょう。

 

この時期におすすめの絵本

『はみがきあそび(きむらゆういち)』

 

歯磨きの習慣をきちんとつけたいけれど

嫌がって磨かせてもらえず

悩んでいる人は多いと思います。

 

こちらは楽しいしかけ絵本になっているので

子どもが「歯磨き」に興味をもってくれる

きっかけになるかもしれません。

 

我が家では、『ノンタン はみがみはーみー

(キヨノサチコ)』を取り入れました。

 

自分もやる!と興味を持ってくれましたが

ほんの少し磨かせてくれたのみ。

 

しかし、絵本自体はお気に入りで読むたびに

「はみがき はーみー♪」と歌っていました。

 

ほかには、『しろくまちゃんのほっとけーき

(わかやまけん)』は、大好きで今でも

読んでほしいとせがまれるくらいです。

 

私も暗記するくらい読みました(笑)

 

 

時期別のおすすめ絵本を紹介していますが

時期を過ぎたらおしまい、ではありません。

 

赤ちゃんのころの絵本を2歳で読み出したり

まったく興味をもたなかった絵本が

今やお気に入りになるということもあります。

 

子どもによってはまる、はまらないは

時期にもよるものなのかな、なんて思います。

 

また、成長すると違う視点でみられるように

なることもありますし、意味を

理解し始めることもあります。

 

「だめだった、終わり」ではなく、

是非今後のためにとっておいて

ほしいと思います。

スポンサーリンク

 

我が家の絵本タイム

我が家では、絵本タイムは寝る前

というのが習慣となっています。

 

子どもも寝室に行くときに

読んでほしい本を持って行きます。

 

それ以外では、自分で絵本を見たり

赤ちゃんのころは口に入れたり破ったりして

遊んでいました。(ヤメテ…)

 

毎日読むと決めていたわけではないので

遅くなった時や私がしんどい時は

免除してもらっていました。

 

読み聞かせはいいことづくめですが

子供が嫌がっている時は無理に

読む必要はありません。

 

読み聞かせは義務にするとお互いが

しんどくなるので、リラックスした時間に

ゆったりと読むのが良いでしょう。

 

 

おすすめ絵本ランキング

絵本を買うのが初めてという方に、

ネットの口コミなどを参考に、おすすめの

絵本について紹介しておきます。

 

 

第一位 いないいないばあ(松谷みよ子)

「いない いない」の次のページをめくると

「ばあ」なので、赤ちゃんも一緒に言ってくれます。

 

笑ってくれるという口コミも多いので

「いないいないばあ」というのは本当に

魔法の呪文だと感じますね。

 

第二位 じゃあじゃあびりびり(まついのりこ)

音のリズムが楽しく、はっきりした

色の絵柄で眺めているだけでも満足する絵本です。

 

実際に手を洗う時に「じゃあじゃあじゃあ」

お散歩途中の踏切で「かんかんかんかん」

などシチュエーションに合わせて

実用できるのもポイントです。

 

またミニサイズなので持ち運びに

便利なのも人気の理由です。

 

第三位 だるまさんが(かがくいひろし)

「だるまさんが」の後に続く擬音語が

面白い絵本です。

 

同じシリーズの「だるまさんの

だるまさんと」も人気です。

 

「どてっ」と動作も一緒にすると、

さらに盛り上がって楽しいですよ。

 

ただ我が家ではシリーズ揃っているので

3冊とも読んで!と持ってきます。

 

第四位 きんぎょがにげた(五味太郎)

にげたピンクのきんぎょを探す絵本で、

じーっと探すことで集中力が養われます。

 

対象年齢2歳~となっていますが

絵がとてもかわいく目を引く

仕上がりなので、小さい子も

興味を持ってくれるかもしれません。

 

第五位 くっついた(三浦太郎)

「くっついた!」という言葉で赤ちゃんが

嬉しそうに笑ってくれるかもしれません。

 

いろんなところがくっついてママやパパも

最終的にくっついてほっこり気分になります。

 

 

まとめ

読み聞かせは、一歳を過ぎていても

二歳を過ぎていても焦る必要はなく、

いつから始めても良いのです。

 

さっそく図書館に行って子供が興味を示す

絵本を物色してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ