【赤ちゃんのアトピー】ステロイドの塗り方と危険性について

アトピー ステロイド

 

赤ちゃんがアトピーでお肌を

痒そうにしていると睡眠を妨げることも

あるためかわいそうなものですよね。

 

そんな時、ステロイドを塗ると

炎症が治まって痒みも引いてきますが、

どのように使用したらいいか

悩んでいる人も多いでしょう。

 

またステロイドと聞くと副作用の

危険性についても気になるところです。

 

そこで今回、赤ちゃんのアトピーに

効果的なステロイドの塗り方や

ステロイドの危険性についてまとめました。

スポンサーリンク

ステロイドってどんなもの?

人の体には副腎皮質という臓器があり、

毎日ホルモンが分泌されています。

 

このホルモンは炎症を抑え、体の

免疫バランスを保つ働きがあります。

 

ステロイドは副腎皮質ホルモンを

人工的に作った薬です。

 

ステロイド薬には、塗り薬だけでなく

注射や内服薬、点鼻薬、点眼薬など

多くの種類があります。

 

ステロイドは体に悪影響だと思われますが、

医師の指示に従い、長期間使用しなければ

炎症を抑える働きをしっかりしてくれるので

情報に惑わされないようにしましょう。

 

 

赤ちゃんにもステロイドは使える?

大人よりもお肌がデリケートな赤ちゃんに

ステロイドを使っていいのか悩む人は

多いでしょう。

 

アトピーだけでなく乳児湿疹がひどい時にも

ステロイドが処方されることがあります。

 

※関連記事

赤ちゃんのアトピーはいつから症状が出る?考えられる原因について

 

赤ちゃんに使用するのは心配と思う人も

いますが、赤ちゃん用に処方されたものは

成分が弱めのものなので心配はいりません。

 

 

危険性はある?

ステロイドは、副作用が重視されていて

毛嫌いする人も多い薬です。

 

主な副作用には、以下のものがあります。

 

  • 皮膚が薄くなる
  • ニキビができやすくなる
  • 顔が丸くなる(ムーンフェイス)
  • 骨がもろくなる

 

このような副作用がありますが、どれも

強い成分のステロイドを長期間、大量に

使用した場合のことなので正しい使い方を

しているのであれば問題ありません。

 

どんな薬にも副作用はつきものです。

 

副作用を恐れて使用しないということは

患部を悪化させることになってしまいます。

スポンサーリンク

 

ステロイドの塗り方は?

赤ちゃんのお肌は状態にかかわらず、

いつも清潔に保つよう心がけましょう。

 

ステロイド薬の塗り方については、

医師の指示に従うことが原則です。

 

多くの場合、入浴後など患部が清潔な状態の

時に使用することが推奨されています。

 

ステロイド薬の前に保湿剤を使って

しっかりと保湿してあげましょう。

 

十分保湿ができたら、少量のステロイド薬を

患部に薄く伸ばすように塗ります。

 

塗る量について心配な人は、医師や薬剤師に

きちんと詳しく教えてもらいましょう。

 

アトピーが良くなったら塗るのを

やめるといことを医師から言われますが、

「良くなった状態」の判断が難しい場合も

ありますよね。

 

まだ塗る必要があるのにやめてしまうことで

アトピーが悪化したように感じることも

少なくありません。

 

そういったことを防ぐためには受診して

患部の状態を診てもらうことが大切です。

 

ステロイドを塗り始めて数日~一週間ほどで

一旦診てもらうようにすると安心です。

 

 

まとめ

アトピーに限らず、赤ちゃんに薬を使う時は

色々と気を揉んでしまうものです。

 

不安なままステロイド薬を使用するよりも、

しっかり説明を受け、納得したうえで

使いたいですね。

 

残念ながらろくに診察せずにステロイド薬を

処方するという医師も多いようなので、

そんな時は安心、信頼できる病院を探して

乗り換えることも必要かもしれません。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ