後追いする意味とは?かわいいのにイライラ!対処法はあるの?

赤ちゃん 後追い

 

ママが移動すると泣きながら

追いかけてくる赤ちゃん。

 

とてもかわいいのですが、キッチンにまで

来られると調理ができず家事が

進まずにイライラしてしまうことも。

 

かわいいけれど、続くと辛い

後追いに意味はあるのでしょうか?

 

また、イライラすると罪悪感を持って

しまったり育児疲れの原因にもなるので、

対処法があるなら知りたいですよね。

 

そこで今回、後追いの意味と対処法は

あるのかどうかについてまとめました。

スポンサーリンク

 

後追いの時期

トイレに立っただけで大泣きしながら

追いかけてくる、ごみを捨てに

部屋を出ただけで泣く。

 

このような後追いの様子は、

早ければ生後7~8ヵ月ごろから

見られます。

 

時期がくれば落ち着くのですが、

その時期もまたまちまちで、

1歳半ごろというのが多いようです。

 

 

赤ちゃんが後追いする意味とは?

後追いは、ママとそうでない人を

区別するという成長のひとつです。

 

後追いするのにはどんな理由が

あると思いますか?

 

赤ちゃんにとってママは特別な存在で、

そばにいてほしい、ずっとそばにいたい

と強く思っています。

 

それだけに、離れてしまうと不安を感じ

泣いて追いかけてしまうのです。

 

これは、「ママ」と「それ以外の人」を

認識できるようになったという

しるしなので成長を喜びましょう。

 

ママがトイレの後すぐに戻ってくる

なんてことは、赤ちゃんには当然

分からないですよね。

 

ママが好きだからこその行動なので、

それを聞くと後追いもそう悪くない

ものだと思いませんか?

 

しかし、いくらかわいくても家事が

捗らないとイライラするときもあるし、

何より困りますよね。

 

イライラして笑顔がなくなってしまったら

赤ちゃんにとっても悲しいので、

後追いの対処法を考えましょう。

 

 

後追いの対処法はある?

まずは赤ちゃんへの声掛けです。

 

「トイレに行くけどすぐに戻るよ」

など声をかけるようにすると、

だんだんわかってくることもあります。

 

泣いてしまって仕方ないときは

トイレの前にいすを置き、

ママはドアを開けて顔が見えるように

してあげましょう。

 

そうすることで赤ちゃんは

安心できるので大丈夫です。

 

料理中はおんぶしてあげることで

ママはある程度料理に

集中できるし、赤ちゃんもママと

密着できているので安心です。

 

洗濯は室内で干し終えてからベランダに

出すとスムーズですし、赤ちゃんも

ママと離れる時間が最小限に

抑えられるので歓迎でしょう。

 

また、家事の手抜きというのは

育児中にはとても大切なことです。

 

子育ては何があるか分からないので、

いつでも100%完璧にこなすのは無理です。

 

パパにも後追いについて説明し、

家事が思うようにできないことを

相談してみましょう。

 

 

後追いしないこともあるの?

1歳前に後追いして大変という話を聞くものの

うちは全然…なんてお家もあると思います。

 

後追いしないって、愛情不足なのでは?

はたまた発達に障がいでもあるんじゃ…

なんて心配する人もいるでしょう。

 

実際に後追いしない子もけっこういます。

 

ひとりで遊ぶのが上手な子やほかの家族と

過ごしているのも楽しく感じる子など、

ママに執着していないためか後追いせずに

成長していく子も少なくないようです。

 

自閉症などを気にするかもしれませんが、

ほかに気になることがない限りは

その子の個性、性格なので

心配ないことがほとんどです。

 

自閉症の疑いを抱く点がいくつもある時は

小児科で相談してみましょうね。

 

そうでないなら、「楽でラッキー」くらいの

おおらかな気持ちでいるといいでしょう。

スポンサーリンク

 

イライラで放置…ダメ?

後追いもいつかは終わるとは分かっていても

拘束される時間が長い、食事はおろか

トイレにも行けないなんて状態が毎日続くと

大抵の人はイライラします。

 

それは当たり前のことです。

 

「成長を喜びましょう」

「いつかは親離れしてしまうのだから今を大切に」

なんて耳タコですよね。

 

痛いくらい分かっているけれど、

いつか終わる、その「いつか」が

明確でないのはしんどいもの。

 

後追いに疲れて放置してしまう自分を

責めているママも少なくないかも

しれません。

 

個人的には少しくらい

泣かせてもいいと思います。

 

もちろん、何があるか分からないので

安全な場所で短時間ですが。

 

あとは、やはりパパや家族に頼って

ひとりの時間を作ることですね。

 

一時保育などを利用してもいいでしょう。

 

※関連記事

一時保育の利用理由は?準備するものや注意点についてまとめた

 

ママと離れて泣きますが、離れることを

体験するのも成長につながると思うのです。

 

もちろんケースバイケースですが、

ママが倒れてしまうことのないように

周りの人に相談して母子分離の時間を

作ることは有効だと思います。

 

それが難しい場合は、公園や児童館など

家の中から外に出て過ごす時間を

増やしてみるのはいかがでしょうか?

 

環境が変わることでなんらかの変化が

あることも可能性としては

ゼロではないですよ。

 

ちなみに、我が家での後追いは

今ではもう思い出せないくらいに

なっています。

 

きっとその時期は大変だったに

違いないのですが、自分の性格上

どんどん忘れていって現在が

上書きされています。

 

これからもいろんなことがあるので、

ひとりで抱え込まないようにしてくださいね。

 

 

パパにも後追いすることがある?

後追いといえばママにすることが一般的。

 

ですが、パパにも後追いなんてことも

めずらしくないんだとか。

 

後追いのタイプはこんな感じでしょうか。

  • ママだけに後追い
  • ママとパパに後追い
  • パパだけに後追い
  • 後追いしない

 

パパにも後追いするとなれば、

これは普段一緒にいる時間が少ないパパなら

嬉しいことではないでしょうか。

 

とくにママにも後追いがあるなら、

パパがいる時間は半減されるので

ママとしても助かりますよね。

 

パパだけに後追いとなると、ママは少し

寂しいような気がしますよね。

 

「懐いてくれていないのでは?」なんて

不安に感じることはありません。

 

これは、ママはいつもそばにいてくれるという

安心感があり、パパはあまり家にいないので

レアキャラの意味があるのだと思いましょう。

 

そして「後追いがなくてラク!」と

パパに同情しておけばいいと思います。

 

ママは楽でパパは嬉しい、ウィンウィンですね!

 

 

後追い中の保育園

後追い真っ只中で保育園に入園することが

決まっているとなれば心配ですよね。

 

お迎えの時間までずっと泣いているんじゃないか

なんて入園を躊躇してしまうかもしれません。

 

保育園に入ると最初は泣くでしょう。

 

後追い時期でもそうでなくても、

慣れない場所とママがいないことで

泣くのが普通です。

 

もちろん泣かない子も中にはいます。

 

この世の終わりのように泣き叫んだとしても

保育士である先生たちは慣れっこ。

 

ニコニコしてママに「いってらっしゃい」と

声をかけて子どもを抱っこしてくれます。

 

そして徐々に慣れてきて泣く回数が減ります。

 

泣かなくなったと思っても、

週明け登園で泣いてしまう子もいれば、

考えられる理由がなく泣いている子もいます。

 

保育園に入ったことで

後追いがなくなった子もいれば

継続中の子もいるようですね。

 

ただ、ママと離れて保育園にいる時間の分

家に帰ると甘えてしまうかもしれません。

 

大人でもそうですが、慣れない場所で

頑張っている証拠なので、そこはしっかり

受け止めてあげてほしいと思います。

 

その分、家事を手抜きしましょうね。

 

 

まとめ

繰り返される後追いにイライラして

しまうのは仕方がないことです。

 

でも、まずは紹介したような

対処法を試してみてください。

 

そして赤ちゃんが泣いていたら

ぎゅっと抱きしめて、不安を取り除いて

あげることが大切です。

 

後追いは赤ちゃんにとって大事な成長の

ひとつなので、できるだけ温かく

見守っていてあげましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ