赤ちゃんの座薬の入れ方や効く時間について!副作用はある?

赤ちゃん 座薬

 

赤ちゃんが発熱した時に処方される座薬。

 

座薬は大人でもそうそう経験することが

少ないと言えるものだけに、いろいろと

疑問点がありますよね。

 

基本的な座薬の入れ方や効果が出るまでの

時間などが気になりますが、そもそも

使うタイミングも悩みどころ。

 

また、赤ちゃんの体に入るものなので、

副作用の有無についてはしっかりと

知っておきたいものです。

 

今回、赤ちゃんの座薬の入れ方や効く時間、

さらに副作用についてもまとめました。

スポンサーリンク

熱が出るのは戦っている証拠

赤ちゃんが発熱すると心配で

オロオロしてしまいがちですが、

発熱というのは侵入してきた細菌や

ウイルスと体の中で闘っている状態。

 

熱を上げてやっつけようとしているのです。

 

解熱剤の使用は、自力で治すということを

台無しにし、さらに悪化させてしまうことも

考えられます。

 

発熱は体の防御反応だと分かると、

むやみに熱を下げることはできませんよね。

 

しかし、しんどそうにしている赤ちゃんを

黙って見ているだけというのも辛いもの。

 

解熱剤である座薬はどのタイミングで

使用すればいいのでしょうか。

 

 

座薬を使うタイミング

赤ちゃんが風邪を引いて発熱した時など

小児科を受診すると解熱剤として

座薬を処方されます。

 

ただし、飲み薬などとは違って

「念のため」というニュアンスが強く

使わないに越したことはない薬。

 

そういわれると判断に迷うのですが、

いったいいつ使用すればいいのでしょうか?

 

  • 38.5度以上の発熱
  • 元気がない
  • ぐったりしている
  • 眠れない
  • 食欲がない
  • 水分が摂れない

 

まずは熱が38.5度以上であるかどうか。

 

38.5度以上だからといって必ずしも座薬を

使用する必要はありません。

 

熱があっても元気で食欲があるなら

様子見で問題ないでしょう。

 

元気がなく、水分が摂れないという状態なら

脱水症状を起こす危険があるので

座薬を使うタイミングと言えるでしょう。

 

また、熱がピークまで上がりきっていない

状態では座薬の効果は見られません。

 

赤ちゃんの手足が冷たいときは、

これから熱が上がると思われるので

まだ使用せず、様子を観ましょう。

 

あらかじめ、小児科を受診したうえで

医師の指示に従うようにしてください。

 

自宅に保管してある座薬を医師の指示なしに

使用することは絶対に辞めましょう。

 

 

赤ちゃんの座薬の入れ方

薬の量などは自己判断せずに

医師の指示を正しく守って使用します。

 

【準備しておくこと】

  • 赤ちゃんはウンチ済みがベター
  • 挿入する人は爪を短く切っておく
  • 手をきれいに洗っておく

 

手が冷たすぎると触れた時に赤ちゃんが

びっくりするのでお湯を使うと良いですよ。

 

 

【座薬の入れ方】

  1. 赤ちゃんをあおむけに寝かせる
  2. 両足を持ち上げる
  3. 座薬の太い方から肛門へ入れる
  4. 出てこないよう1~2分押さえておく

 

座薬は乾いていると入りにくいので

太い部分の先に水やオイルを塗っておくと

スムーズに入れることができます。

スポンサーリンク

 

座薬が出てきてしまったら?

座薬が上手く挿入されず、出てきて

しまった時はどうすれば良いのでしょうか?

 

 

座薬が溶けていない場合

成分が吸収されていないので、

もう一度挿入しましょう。

 

 

座薬が溶けている場合

いくらか体内に吸収されていると

思われるので、経過を観察しましょう。

 

2時間ほど経過しても解熱の傾向がなければ

もう一度挿入してください。

 

解熱すれば吸収されたと考えます。

 

 

効く時間は?

座薬を入れてから効果が出るまでは

1~2時間ほどと言われています。

 

また、再度熱が上がり座薬を使用する場合は

6時間以上あけるようにしましょう。

 

 

座薬が効かないときは…

座薬を挿入したのに解熱しないという時は

次のことが考えられます。

 

  1. 熱が上がりきっていない時に使用した
  2. 発熱の原因がなくなっていない
  3. 温かくし過ぎている

 

1の場合は、座薬を使用するタイミングが

間違っていただけなので、

熱が上がりきってから

使用するようにしましょう。

 

2は発熱して戦っている菌や

ウイルスが元気な状態で、また熱が

あがってくることもあります。

 

熱さましの座薬は原因を

治す薬ではなく対症療法です。

 

以下に当てはまらない場合は

様子を見ましょう。

 

  • 水分が取れていない
  • オシッコ、うんちが出ていない
  • 無表情で元気がない
  • ぐったりしている
  • 一日中寝ている(うとうとしている)
  • 生後3ヶ月未満の赤ちゃん

 

3は手足が冷たく震えている状態の時に

毛布や布団で温めますが、そのせいで

体温が上昇してしまったことが

考えられます。

 

熱が上がりきるとたくさん汗をかくので

蒸しタオルなどで汗を拭き、着替えさせて

快適に寝かせてあげるようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの座薬に副作用はあるの?

薬で気になるのは副作用ですよね。

 

どんな薬にも多少の副作用はありますが、

座薬にはどんな副作用があるのでしょうか。

 

赤ちゃんに処方される座薬は、

副作用の少ない安全なものです。

 

ただし、用法容量を守らず多量に用いると

下記のような症状が出ることがあります。

 

  • 発疹
  • 下痢
  • 吐き気
  • アナフィラキシーショック

 

これらは医師の指示通りに使用していれば

めったに出ることのない副作用です。

 

しかし処方される薬によっても異なるため

気になる方は処方時に医師や薬剤師に

確認するようにしましょう。

 

 

座薬の保管方法

座薬を処方されたからといって

すべてを使い切るわけではないので、

残った分や使わなかったときは

保管しておきます。

 

保管に最も適している場所は

冷蔵庫です。

 

なぜ冷蔵庫なのかというと、解熱剤として

処方される座薬は油脂性基剤が一般的。

 

これは、溶け出す温度が35度前後に

設定されているものが多いと言われています。

 

季節次第で常温保管でも問題ないですが、

夏場の暑い時期や場所によっては高温になる

可能性もあるので、常に冷蔵庫に

保管しておくのがベストといえるでしょう。

 

次に使用する時には、使用期限を確認し、

過ぎている座薬は使わないでくださいね。

 

 

まとめ

赤ちゃんへの解熱剤の使用は

ママやパパの判断にゆだねられるため、

タイミングが分かりにくいのが

困りますよね。

 

子供が成長するにつれて分かるように

なってくるとも言われますが、

赤ちゃんの時は色々なことが心配ですから、

信頼できる医師に相談するのが一番。

 

普段と様子が違うと思ったら

すぐに受診しましょうね。

 

また、「小児救急電話相談」は#8000に

ダイヤルすると電話で相談できるので、

活用してみるのもおすすめです。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ