冬の赤ちゃんに湯たんぽは必要?お湯の温度や注意点まとめ

赤ちゃん 湯たんぽ

 

冬の時期は、小さい赤ちゃんが

寒さを感じているんじゃないかと

気が気じゃないですよね。

 

赤ちゃんにとってできるだけ心地良い温度を

保ってあげたいけど、暑くなりすぎるのも

心配なので悩みどころですよね。

 

暖房器具は室温を調節できますが、

寝床までは温めてはくれないため、

湯たんぽで温めようと考える人も

いるかもしれません。

 

自然な温かさを感じられる湯たんぽですが

果たして赤ちゃんに必要なのか、

またお湯はどのくらいの温度にすれば

いいのでしょうか。

 

今回、冬の赤ちゃんに湯たんぽは必要なのか

注意点などもまとめました。

スポンサーリンク

お布団が寒いと寝ない?

赤ちゃんは体温が高いと言われています。

 

では冬の寒さにも強い、と思いがちですが

冷えると低体温になってしまいます。

 

暑い、寒いと声に出して伝えられない

赤ちゃんだからこそ、しっかり観察して

調節してあげたいですよね。

 

抱っこで寝かして、布団に置いた途端

泣いてしまうという経験は多くの人が

していることと思います。

 

この通称「背中スイッチ」に関しては

色々な原因が考えられます。

 

※関連記事

赤ちゃんがすぐに起きてしまう…生後何ヶ月かで原因が違う?

 

そのひとつに、布団が冷たい

というのがあります。

 

抱っこしているとママやパパのぬくもりが

感じられるだけに、お布団の冷たさに

びっくりして起きてしまうということも。

 

特に冬は、お布団に入ると冷たくて

大人でも寒いと感じますよね。

 

お布団を温めておくには、誰かが直前まで

寝ていたらいいのですが、それはなかなか

難しいですよね。

 

そこでおすすめなのが湯たんぽです。

 

 

赤ちゃんに湯たんぽは必要?

赤ちゃんに湯たんぽは必要かそうでないか。

 

絶対必要ではないけれど、

あれば便利なグッズでしょうね。

 

先ほど述べたとおり、お布団を温かくして

おくと赤ちゃんも眠りやすいと思います。

 

ただし、使い方には注意が必要。

 

大人が使う分には危険なことはなさそうな

湯たんぽでも、赤ちゃんにしてみれば

色々と注意しなければならないでしょう。

 

そこで注意点をまとめてみました。

スポンサーリンク

 

低温やけど

電気カーペットやカイロ、そして湯たんぽが

引き起こす危険といえば、低温やけど。

 

低温やけどは、通常のやけどよりも

発覚しにくいけれど重症化しやすいと言う

厄介なものです。

 

大人でもそういうものなので、

皮膚の薄い赤ちゃんに起きてしまったら…と

想像するだけでも怖いです。

 

湯たんぽは赤ちゃんを布団に寝かせる時には

必ず取り出しておき、赤ちゃんが触れない

場所に置くようにします。

 

 

お湯の温度

湯たんぽに入れるお湯の温度、

気にしたことありますか?

 

70度くらいが適温だと言われていますが、

赤ちゃんの寝床に使う場合は60度以下の

お湯を使用するようにしましょう。

 

布団があまり熱くなりすぎると赤ちゃんも

暑く汗をたくさんかいてしまうので、

ほんのり温かい程度を目指しましょう。

 

 

湯たんぽカバー

今販売されている湯たんぽの多くは

カバーがついているものがほとんどです。

 

ただ、昔ながらのものをお持ちの場合は

専用カバーはないかもしれません。

 

湯たんぽにはカバーをつけるか、

ない場合は毛布などでくるみ、触ったときに

熱すぎないようにしましょう。

 

 

また、言うまでもありませんが、

湯たんぽ本体からお湯がこぼれないように

チェックしてから使用してください。

 

 

赤ちゃんの布団の温め方

  1. 湯たんぽに60度以下のお湯を入れる
  2. 専用のカバーや毛布でくるむ
  3. 布団の足元に入れておく
  4. 赤ちゃんを寝かせる前に移動させる

 

足元を温めておくと体の部分はほんのり

やさしく温まるので、赤ちゃんも

熱すぎないでしょう。

 

念のため、寝かせる前に

どのくらいの温かさになっているか

確認しておいてくださいね。

 

 

まとめ

冬の寒い時期に、赤ちゃんの布団を

温めるのに湯たんぽは効果的です。

 

注意事項を守り安全に使用して、

赤ちゃんを気持ち良く寝かせて

あげましょう。

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ