赤ちゃんの洗濯物が別なのはいつまで?柔軟剤は使ってもいいの?

赤ちゃん 洗濯物

 

出産前の準備として、肌着の水通しを

したときから赤ちゃん用の洗剤を

使っている人が多数だと思います。

 

洗濯物を大人と子供で分けるのは、

もはや習慣になっていることでしょう。

 

しかし毎日の洗濯だけに、2回が1回で

済むのはかなりの時短で助かりますよね。

 

そこで今回、赤ちゃんの洗濯物を

別にするのはいつまでなのかまとめました。

 

また、いい香りの柔軟剤も使いたいので、

赤ちゃんの衣類に使用可能か調べました。

スポンサーリンク

 

赤ちゃんの洗濯物を別にするのはなぜ?

乳児湿疹で悩むママにとっては

よく分かると思いますが、赤ちゃんのお肌は

とてもデリケートですよね。

 

少しの刺激でも湿疹が出るため、

洗剤の添加物での影響が心配です。

 

そのため、赤ちゃん用の無添加洗剤を

使用して大人のものとは別に洗濯します。

 

しかし、赤ちゃん用は安心な反面、

値段が高いということもあり、

大人の洗濯物と一緒に洗える日は

いつになるのか気になるところです。

 

 

洗濯を分けるのはいつまで?

いつまで分けて洗うのかはけっこう

たくさんの人が気になっている問題です。

 

結論から言うと、特に決まりはありません。

 

気にするかしないかというだけで、

ママが「もういいかな」と思えば

一緒に洗ってしまってもOKです。

 

目安としては1歳を迎えてから

考えるのがいいようです。

 

ただし、お肌が普通よりも弱い

赤ちゃんということであれば話は別です。

 

洗剤で刺激を受けてしまわないよう、

そのまま別で洗うか、大人も赤ちゃん用や

無添加の人に優しい洗剤を使用すれば

一緒に洗濯できます。

 

後は、抱っこなどで大人の衣類に

赤ちゃんが密着する時もあるので

一緒に洗う場合でも、やはり洗剤には

気を遣った方がいいでしょう。

 

ちなみに、パパの仕事着で汚れの激しい

作業着などがある場合は

分けておいた方が無難かと思います。

スポンサーリンク

 

柔軟剤は使ってもいいの?

最近は柔軟剤が非常に充実しており、

衣類にほんのり香りを付けるのが

流行っていますよね。

 

もちろんそれだけでなく、柔軟剤は

衣類を柔らかく仕上げる効果があり、

ゴワゴワを防いでくれます。

 

大人の洗濯では当然、柔軟剤を

使用しているという人でも、

赤ちゃんに使ってもいいものなのか

悩むところです。

 

これについてもやはり賛否両論あります。

 

刺激の強い成分が入っている柔軟剤は

赤ちゃんの洗濯には使うべきではないという

意見はもちろんですが、衣類のゴワゴワが

逆に肌を傷めるといった指摘もあります。

 

したがって、柔軟剤は赤ちゃんが使っても

安心なものをチョイスするのが

正解のようです。

 

 

メーカー別柔軟剤の使用感は?

赤ちゃんに安心の成分が使用されている

柔軟剤はたくさんあります。

 

その中の一部を使用感なども含めて

紹介したいと思います。

 

 

チュチュベビー柔軟剤

ベビー用品でもおなじみのチュチュベビー。

 

無香料なので、強い香りが苦手な人にも

おすすめの商品です。

 

少量なのでお得感はありませんが、

一度の使用量も少しで済むため

コスパは悪くはないでしょう。

 

ニオイもなく、ふんわり仕上がって

満足するという人が多数でした。

 

 

ミューラグジャス

見た目がスタイリッシュなオシャレ容器の

ミューラグジャスは、値段が高めですが

植物性成分のみを使用しているため

肌への刺激が少なく良い香りが人気です。

 

洗い上がりの柔らかさや

高級感のある香りで全柔軟剤の中でも

トップクラスの使用感です。

 

 

さらさ

赤ちゃんや肌の弱い人におすすめなのが

着色料無添加でノンオイリータッチ処方が

特徴のさらさ。

 

ノンオイリータッチ処方は、繊維を

油分で覆わないため吸水性が低下しません。

 

洗い上がりはふんわりしていて肌触りも

優しいうえに、きちんと吸水してくれる

嬉しい柔軟剤です。

 

エコベール

あまり目にしたことがないかも

しれませんが、エコベールは

ベルギーで生まれた植物とミネラルで

作られた柔軟剤。

 

着色料、香料ともに無添加で、

英国アレルギー協会に認定されている

安心の柔軟剤です。

 

無駄なニオイもなく、柔らかく仕上がるので

赤ちゃんにもおすすめできます。

 

 

まとめ

お腹の中では羊水に守られていた赤ちゃん。

 

急に添加物に対応するのは難しいですよね。

 

赤ちゃんの肌の状態をよく観察しつつ、

徐々に移行していくのがベターです。

 

これを機に大人の洗剤を見直すのも

いいかもしれませんね。

 

また、ゴワゴワの洗い上がりが苦手な人は

今回紹介した赤ちゃんにやさしい柔軟剤の

使用も検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



当記事と一緒に読みたい!おすすめ記事


★特集1★ 育児初心者さん必見!Q&A



■ その1 ■
首がすわるのはいつ?うつぶせの練習はすべき?確認の方法は?



■ その2 ■
ハンドリガードはいつごろ始まるの?利き手が分かるってホント?



■ その3 ■
沐浴の期間はいつからいつまで?タイミングと手順についてまとめ



■ その4 ■
寝言泣きと夜泣きの違いと見分け方について!対処法はあるの?



■ その5 ■
誤飲と誤嚥の違いとは?症状や応急処置について!危険な物は?



■ その6 ■
生後100日をお祝いしよう!数え方やお食い初めのやり方を紹介!



■ その7 ■
新生児の期間はいつまで?一日の過ごし方と生活リズムの見本は?



■ その8 ■
離乳食中期のおすすめ食材まとめ!野菜やうどんの量の目安は?



■ その9 ■
離乳食後期の献立や量について!手づかみメニューも取り入れる?



★特集2★ 育児用品のQ&A



■ その1 ■
バンボいつからいつまで使える?危険性や抜け出し防止法について



■ その2 ■
バウンサーはいつからいつまで使う?乗せすぎは脳への影響がある?



■ その3 ■
肌着やロンパースっていつまで着るもの?種類も一覧で紹介!



■ その4 ■
寝かしつけにおしゃぶりや授乳はやめた方が良い?イライラの対処法



■ その5 ■
おしゃぶりはいつからいつまで?歯並びに影響はあるのか調査!



■ その6 ■
絵本の読み聞かせはいつから始める?おすすめ本ランキングも紹介



★特集3★ 妊娠~出産までに知っておこう!



■ その1 ■
男女産み分けの方法!中国式やタイが有名?排卵日が分かれば可能?



■ その2 ■
母乳はいつから出ていつまであげるの?うまく吸えない時の対処法



■ その3 ■
妊婦健診で腹部エコーやノンストレステストはいつから?費用は?



■ その4 ■
バースプランの内容とは?書き方例を紹介!帝王切開でも可能?



■ その5 ■
妊娠初期に腹痛や下痢が続くときの原因は?出血を伴うと危険?



■ その6 ■
妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?海外旅行は危険?リスクまとめ



■ その7 ■
会陰切開の痛みはいつまで続くの?裂傷との違いと便秘の恐れは?



コメントを残す

認証コード (数字を入力)

1 / 11
サブコンテンツ